2017年2月22日 (水)

『ビッグ・フィッシュ』 @ 日生劇場

ティムバートン監督の傑作映画『ビッグ・フィッシュ』をもとにした、
ミュージカル『ビック・フィッシュ』を観て来た。

Bigfish

そも映画は、
小説『ビッグフィッシュ―父と息子のものがたり』が原作。
それを「ジョン オーガスト」氏が映画へと脚色したが、
この舞台の脚本もオーガスト氏が書いている。

オーガスト氏はティムパートン監督の名相棒で、
他にも『チャーリーとチョコレート工場』や、
『コープスブライド』といった作品もオーガスト氏の脚本。

舞台版がブロードウェイで上演されたのは2013年。
そのオリジナル舞台の演出は、「あの」スーザンストローマン。
『クレイジー・フォー・ユー』や『コンタクト』でもみられるように、
カラフルで、大胆で、温かく希望に満ちた作品になっている。

日本での演出は、もうすっかり「演出家」の白井晃氏。
白井氏は『アダムス・ファミリー』でも演出を務めていたが、
どちらの作品も「アンドリュー リッパ」って人の曲。

曲は、往年の名作ミュージカルの匂いがするもの。
『オクラホマ』や『回転木馬』、『掠奪された7人の花嫁』のようだったり、
『塔の上のラプンツェル』の楽しい曲『I've Got A Dream』のようで、
「いかにもミュージカル」という楽曲たちがなんとも楽しい。

ついでに書いておくと、
この陽気で軽快な温かい音楽を奏でるオーケストラの音が綺麗!
まるで録音されたかのように整えられている。

海底のような日生劇場の雰囲気も相俟って、
とても満足度の高い舞台に仕上がっていた。

続きを読む "『ビッグ・フィッシュ』 @ 日生劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

『キャバレー』 @ EXシアター

大好きなブロドウェイ・ミュージカル『キャバーレー』の初日を観て来た。

Cabaret

長澤まさみ嬢の「ミュージカルに初挑戦!」もあってか、
東京公演のチケットは初日前に完売し、
早々に追加公演が発表された。
その後の横浜、大阪、愛知も追加公演があって、大盛況。

もちろん長澤嬢への期待ばかりではなく、そもそも、
松尾スズキ演出で2007年に上演されたものが好評だったそうで、
その10年ぶりのリピーターが期待を寄せているのもあるだろう。

みかん星人も、ミネリ&フォッシー監督の映画が好きで、
93年には「シアターアプル」で市村くんのMCで観たし、
02年にはブロードウェイの「スタジオ54」でも観ていて、
好きなミュージカルの筆頭に挙げたい作品の一つ。

で、今回は、長澤嬢に対しては興味本位。
いちばんのお目当ては、石丸幹二くんのMCだ。

続きを読む "『キャバレー』 @ EXシアター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

『フランケンシュタイン』 @ 日生劇場

韓国で生まれたミュージカル『フランケンシュタイン』を観て来た。

詳しくは公式ページで。

韓国で生まれたと言えば『シャーロック・ホームズ』が面白かったが、
この『フランケンシュタイン』も実によくできた物語だ。

原作も(あまり読まれてないと思うが)有名だし、
映画も(最近は作られてないが)有名だし、
なんといっても「怪物くん」のお供「フランケン」としても有名なので、
タイトルを憶えたり、漠然と印象を抱くのは難しくない。

ただ、ほんとうの「フランケンシュタイン」は、
そうした印象とはかなり異なっているはずだ。

なにしろ、「フランケンシュタイン」というのは、
あのおどろおどろしい怪物の名前ではなくて、
その怪物を作った天才科学者の名前なのだ。

この舞台では、その天才科学者「ビクター フランケンシュタイン」を
中川晃教くんと柿澤勇人くんがWキャストで演じる。
彼が生んだ怪物は、加藤和樹くんと小西遼生くんのWキャスト。
それぞれが組み合わさるので、4通りの物語が生まれる。
(実は特別な日があるので6通りなんだけどね)

001_2

初日の夜に観たのは、柿澤くんと小西くんのペア。
柿澤くんは『ラディアント・ベイビー』のあの一件以来の舞台だが、
実に見事だった。
最後の歌は、かなり難しい印象だったけど、
見事なテクニックで魅せてくれた。

小西くんも、うつけBARのママだった過去などどこへやら(笑)
怪物の怖ろしさをその全身で表現して、見事だった。

もちろん濱田さんも、壮麻さんも、ケイさんもお見事だけど、
この夜のリトル・ビクター、石橋陽彩くんが素晴らしかった。

続きの中では、物語『フランケンシュタイン』に関して。。。

続きを読む "『フランケンシュタイン』 @ 日生劇場"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

The Best of Musical Concert ポピュラーミュージカル編

またまた大手町へ。。。

Img_3239

元某劇団四季にいた方たちのコンサートへ行ってきた。

4人の方が劇団時代の持ち歌を披露。
途中、退団後の作品もありましたが、、、要はソンダンですね。

とにかく、
イントロ聴いただけで、曲がわかったし、
この曲の次はこれだろう、と構成もわかっちゃった。

続きを読む "The Best of Musical Concert ポピュラーミュージカル編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

紫吹淳コンサート「Le histoire~その歴史30・そして未来へ~」

なぞの聖地巡りで大手町へ。。。

Pb264902

ご贔屓さん出演の舞台でけっこう共演している女優(?)さん
 (「モトヅカ」というカテゴリがあるように思います)
のコンサートに行ってきた。

コンサートはその女優さんの30年の活動をふりかえるもので、
 (タイトルの「Le histoire イストワール」は仏語で歴史の事
代表作を次々と披露。

もちろん、ワラワはご贔屓さんが出演するから観に行ったので、
披露された作品のほとんどは観てなくて、知らない曲もいっぱい。
 (みかん星人は『ガイズ&ドールズ』などは解りました(笑))

Pb264910

続きを読む "紫吹淳コンサート「Le histoire~その歴史30・そして未来へ~」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

音楽劇『夜のピクニック』@水戸芸術館ACM劇場

第2回の「本屋大賞」で大賞を受賞した小説『夜のピクニック』が、
その舞台地である茨城県水戸市で音楽劇舞台になった。

小説では「北高」の伝統行事「80キロ」の「北高鍛錬歩行会」とあり、
具体的に何処の町の学校なのかは書かれていない。
が、
これは「茨城県立水戸第一高校」の伝統行事がモデルで、
行事の名称も「歩く会」、その歩行距離は70キロだ。
地元での舞台化に際して、設定は現実のものへと戻されている。

こうして、小説のモデルとなったその街で、
地元では有名な行事そのものを舞台とするこの作品は、
さまざまな要素が相俟って、とても愛おしい作品になっていた。

Img_2538

続きを読む "音楽劇『夜のピクニック』@水戸芸術館ACM劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月31日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、後ろ姿に恋してる!

この夏、最高に「狂喜乱舞」な(と云われた)ミュージカル、
『ジャージー・ボーイズ』が、ひとまず、千穐楽となった。

Img_2148

「ひとまず」と書いたのは、
連日満員御礼となったこの作品の再演が、早くも発表されたからだ。
(たぶん主役の中川くんだけは再演でも登場が約束されているだろう(笑))

そもそもは、2005年のブロードウェイ・ミュージカルで、
2006年のトニー賞で主演・助演男優と照明そして作品賞をとっている。

その授賞式では、
この物語の主人公『フォー・シーズンズ』ご本人たちが登場して、
会場が大いに賑わっていたが、
「(『マンマ・ミーア!』とは違って)フォー・シーズンズ世代向けの作品」
だと感じたし、その物語も、彼らの成功と挫折を描いたものに過ぎず、
だから、日本に来てもそんなに話題にならないと思っていた。

が、
2014年に来たイーストウッド監督の映画『ジャージー・ボーイズ』は、
このブロードウェイ・ミュージカルを無理にミュージカル映画にせず、
彼らの人生を、彼らの音楽で綴るという、実に映画らしい手法で、
この物語が持っている魅力を余すことなく伝えていた。

また、2015年にやってきた来日版『ジャージー・ボーイズ』は、
何年経っても色あせることのない、
「フォー・シーズンズ」のメロディーとコーラスの魅力を見せつけてくれた。

そして、とうとう日本語で語られた『ジャージー・ボーイズ』は、
彼らの音楽の美しさを再確認させてくれたばかりでなく、
演出の藤田俊太郎氏が積み上げた丁寧な演出で、
物語が持っている「普遍性」を見事に描きだし、
観客にとても得難い経験をさせてくれた。

連日の満席も当然だと思うし、ほんとに再演が待ち遠しい。

さて、、、この素晴らしい舞台に、我らが福井晶一くんも立っていた。
と、いうわけで、、、紫の文字の人にも語って頂こう。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、後ろ姿に恋してる!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

第70回トニー賞

今年も、演劇・ミュージカルのお祭りです。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

『マチノヒ』 @ 座・高円寺2

久しぶりに「書いておきたい」と思う舞台を観た。

タイトルが『マチノヒ』で、1931年のあの名作映画を連想させる。
(北村薫の匂いはしない)
コピーにも、
『道化ノ贈ル花束ハ貴女ノ瞳ニ映ラナヒ』とある。。。

舞台に登場するのはたった4人のパフォーマ。
このブログ的には、、、『レ・ミゼラブル』で活躍し、
(実は書いてないが)『夢の続き』という素敵な作品でも活躍した、
ミュージカル俳優の王子菜摘子さん。
「クラウン」のぴり氏とブッチィー氏。
「大道音楽家」(とチラシに書かれている)のタカパーチ氏。

この、
表現方法が異なる3組・4人による舞台は、、、、想像を遥かに超えていた。

20160517_190225

続きを読む "『マチノヒ』 @ 座・高円寺2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

One on One special LIVE「コードシリーズ特別編:Chord」

オリジナルのミュージカル演劇をおこなう劇団は数々あるけれど、
浅井さやか氏が主宰する「
One on One」は、
その物語が軽妙ながら深遠である事、
その楽曲がメロディアスにして印象的である事、
その出演者の洒脱にして美麗かつ実力が圧倒的である事で、
まったく目が離せない劇団だ。

その劇団が「コードシリーズ」として続けてきた一連のシリーズが、
とうとう完結してしまった。

その完結の記念として「特別編」と銘打ったコンサートが催された。

Img_1271

そのとてつもない楽しさは、至極簡単に言うと、

「ああ、ミュージカルが好きで良かった!」

に尽きると思う。。。こんなに美しいものを甘受できるなんて!

・・・と、いうわけで、続いては、
さまざまな意味で多重的にこのコンサートを楽しんだ、紫の文字の人です。

続きを読む "One on One special LIVE「コードシリーズ特別編:Chord」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧