« 『ノー・エスケープ 自由への国境』 | トップページ | 映画『クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』 »

2017年4月28日 (金)

『ライオン 25年目のただいま』

2017年のアカデミー賞で6部門にノミネートされた映画、
LION ライオン 25年目のただいま(原題:Lion)』を観て来た。
いつものように詳しいことは公式ページで。

Lion2

これは実際にあったとを映画にしたもの。
「事実は小説より奇なり」とは云うものの、
これが創作物語であれば「あり得ない!」と思うし、
下手な脚本だなあ・・・とも思うだろう。

と同時に、
これを実際に経験した人がいるというその事実に、
ただただ同情するばかりである。

観終わって一番の感想は、、、
インドの鉄道事情の面白さ(不可解さ)。
なんであんな長距離を、人を乗せずに回送するんだろう(笑)

そして「ニコールキッドマンがそっくりだ」という点も(笑)

もちろんルーニーマーラも良かった。
車道を挟んで歩道を歩きながら次第に近づくあの感じ。。。
移動をするなら、連れが居た方が、やっぱり嬉しい(笑)

冒頭から多用される空撮の映像。
「なぜ養子をとるのか」というエピソードの描き方。
なにより「にいちゃん」のエピソード。
こうしたイマジネーション溢れる演出と、
実話ならではの「力」が響いてくる、とても強い映画だ。

Lion

|

« 『ノー・エスケープ 自由への国境』 | トップページ | 映画『クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/65213643

この記事へのトラックバック一覧です: 『ライオン 25年目のただいま』:

« 『ノー・エスケープ 自由への国境』 | トップページ | 映画『クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』 »