« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月22日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、今週も二子玉です♪

Img_0789

やっぱり、某劇団四季は凄い!

将軍さま、健在です。

女性2人のライブゲストにご登場。
MizukiさんとTaeさん、だそうですが、ワラワは、どっちがどっちかわからず、
ただ“福井くんが出る”というだけで、マチソワです。

楽しかったぁ~
春風のような二人の歌声は、
選曲も良く、聴き続けることができました。
二人のハーモニーを大切に歌っているとのこと。
お互いのことを良く知っているからなのか、上手にハモってました。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、今週も二子玉です♪"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

『LIFE!』

そもそもは映画制作や脚本・監督の方が本業らしいんだけど、
素晴らしいコメディ映画『ナイト ミュージアム』のおかげで、
私にはコメディアンにしか見えないベンスティラーくん主演の、
『LIFE!』を観てきた。

詳しい事は公式ページをご覧いただきましょうか。
で、いつもなら、「予告編が最悪」とか言ってしまうんだけど、
最近公開された6分の予告編が、8割方ネタばれしているけど、良い!

そもこの映画に興味を持ったのも、
映画館で観た(普通の)予告編だった。
たぶんに多くの重要な場面を使った予告編だと感じたし、
実際に本編を観ても「やっぱりなあ(笑)」だったのだけど、
それでもこの予告編は、映画の雰囲気を充分に伝えながらも、
本編の魅力を少しも損なっていないばかりか、
本編を観た後に「もう一度観たい」と思わせてくれる予告編だ。

さて。。。
この実に魅力あふれる映画『LIFE!』には原作があるんだけど、
それはたった12ページの、「白日夢」をみる男の他愛もない短編小説
そして、1947年に一度、ダニーケイの主演で映画になっていて、
原作の雰囲気を残しつつ、
ヒッチコック的巻き込まれサスペンス映画(笑)『虹を掴む男』になった。

で、2013年の映画『LIFE!』は、というと、、、

デジタル時代となって廃刊が決まった写真誌『LIFE』が舞台。

実際、知らなかったんだけど、
あの「キャパ」が撮った「ノルマンディー上陸作戦」の写真を載せ、
世界を変えてしまったグラフ誌『LIFE』は、2007年の4月に廃刊し、
いまではデジタルアーカイブになっている。。。

その『LIFE』で、長年「ネガ管理」をしているのが、
ベンスティラー演じる主人公のウォルターだ。
ウォルターが、仕事のためにとる行動を描いたのがこの映画。

ちょっと、内容に踏み込み始めます。。。。

続きを読む "『LIFE!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

『Cross Road~二つの旅が出会う時』 千穐楽

千穐楽です。

Img_1727

ホント、初日より、2回目より、千穐楽の方が完成してます。

やっぱり、スロースターターなんだよね。
“愛せぬならば”は、今日が絶品ですヨ。

おまけのおまけで、急遽、市長様と警部殿を2回。
しかも、役割を交換。
昨日のマチソワを、今日のマチ1回で再現。

昨日よりも、おいしかったです。
だ・か・ら、全公演、押さえちゃうんですよねぇ~

ところで、次の土曜日も二子玉だそうです。
2人の女の子をしたがえて、将軍さまもやるそうです。

あ、、、

それなら、

2幕最初のトライアングルの歌「A Step Too Far」をやって~♪

続きを読む "『Cross Road~二つの旅が出会う時』 千穐楽"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

『Cross Road~二つの旅が出会う時』 @ アレーナホール

記録的な豪雪の名残の中。。。

Img_1683

行ってきました、、、久しぶりの二子玉川。

今回は「アレーナ・ホール」という箱で、

Img_1686

我らが福井晶一くんが、
坂元”心配ないさ”健児くんとジョイントして、、、

わくわく、そわそわ、

Img_1694

と、、、というわけで、、、紫の文字の人が、ご報告。。。

続きを読む "『Cross Road~二つの旅が出会う時』 @ アレーナホール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

『ヒトミ』 by 演劇集団キャラメルボックス

「年に4回のお楽しみ」

以前、「演劇集団キャラメルボックス」の舞台は、そうだった。

ところが、いまでは本公演だけで5回ある。
多い分には好いんだけど、
サテライトというか、劇団員が個別に活動していたり、
若手が集まって公演したりと、
ともかく「どれ観ていいのか分からない」(笑)状態が続いている。
(「人は選択肢が多いと選べなくなる」セイラー&サンスティーン)

おかげで、去年の暮れには、とうとう、
「ファンクラブ会員なのに、もう随分と観に来てくれないんですね」
と言われて、クリスマス公演に招待されてしまった(笑)

閑話休題

今回は、
「2014年アコースティックシアター」公演の、
『ヒトミ』バレンタイン・スペシャル公演に「ブログ・ライター」として招かれた。
ブログライターとして招待されたので、観劇後に、
代表の成井豊さん、制作の加藤昌史さんとの質疑応答があった。
ので、この記事は、それを交えつつ、、、書きます。

Img_1659

あまり内容そのものには踏み込みませんが、
そもそも3度目の公演で、テレビでも放送されていますし、
予習・復習みたいな感じで読んで頂戴ませ。

続きを読む "『ヒトミ』 by 演劇集団キャラメルボックス"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年2月11日 (火)

『もっと泣いてよフラッパー』 @ シアターコクーン

『オンシアター自由劇場』という劇団が、みかん星人が子どもの頃にあった。
代表作は『上海バンスキング』という作品で、
舞台に登場する俳優たちがジャズマンとなり、
ちゃんと「ジャズを演奏する」という芝居をすることが画期的だった。

画期的ではあったけれど、
『上海バンスキング』は「ミュージカル」ではなかった。
あくまでも「音楽劇」であって、俳優が脈絡もなく歌い出したりはしない。
劇中の歌は、あくまでも物語にあるステージて唄われる歌だ。

その『上海バンスキング』の少し前に舞台に掛かったのが、
この『もっと泣いてよフラッパー』で、これは所謂ミュージカルだ。

この1977年初演の名作が、戻ってきた。。。らしい。

続きを読む "『もっと泣いてよフラッパー』 @ シアターコクーン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

『ラファエル前派展』英国ヴィクトリア朝絵画の夢

麗しの『オフィーリア』再びである。

P2010418

六本木ヒルズの52階にある「森アーツセンターギャラリー」に、
ラファエル前派』の絵画が集まっていて、
そこに『オフィーリア』も『プロセルピナ』も来ている・・・

もちろん、いそいそと逢いに行ってきた。

行ってみたら、隣のレストラン『マドラウンジ』では、
「美しい女性モデルたちの競演」
をテーマとしたランチ・コースが用意されていたので、
まずは、そこで、腹ごしらえ。。。

続きを読む "『ラファエル前派展』英国ヴィクトリア朝絵画の夢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

ミュージカル『シャーロック ホームズ アンダーソン家の秘密』 @ 東京芸術劇場 プレイハウス

東京芸術劇場の「プレイハウス」って、なんだろう?

と思って行ってみると、かつての「中劇場」、
つまりエスカレーターをあがった先に在ったあの劇場が、
約800席の、実にスタイリッシュな劇場として蘇っていた。

そこで観たのは、韓国ミュージカルを翻訳したもので、
シャーロック ホームズ アンダーソン家の秘密
という、とてもミュージカルとは思えないタイトルの、ミュージカル。

韓国で2011年に制作されたそうなんだけど、
これが大評判で、いくつもの賞をとったらしい。
それを、あの『サイド ショウ』を手掛けた板垣氏が演出し、
「あの」森雪之丞先生が訳詞をしての日本版。

詳しい事は公式を、、、というか、東京では明日千穐楽なんだけどね。

先に書いてしまうと・・・明日の千穐楽、立ち見で良いからもう一度みたい!

ともかく、まだ立春もしてないのに、
早くも今年のベスト・ミュージカルか!?
と、そう思ってしまう程に、満足してしまった。

続きを読む "ミュージカル『シャーロック ホームズ アンダーソン家の秘密』 @ 東京芸術劇場 プレイハウス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

『ヌイグルマーZ』

もちろん、全員で鑑賞!

Img_1628

詳しくは、公式ページでっ。

続きを読む "『ヌイグルマーZ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

『明日の力コンサートⅣ』楽しいひととき♪

友石くんの『明日の力コンサート』その第4弾へと行ってきました。

P2010425

勝手知ったる相棒・山本佳祐くんのピアノに合わせて、
『Why God Why?』と『I Dreamed a Dream』で始まりました。

この、なんだか、微妙に「無力感」が残る曲でスタートして、
ついにはLKの『愛を感じて』へとつながるステージは、
友石くんと、彼を支持する仲間たちがうみ出す、実に居心地のいい、
なにより「いま、この時」の意味を感じ取れるものでした。

続きを読む "『明日の力コンサートⅣ』楽しいひととき♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »