« 『コンダーさんの恋~鹿鳴館騒動記~』 @ 明治座 | トップページ | 『RUSH ラッシュ/プライドと友情』 »

2014年1月13日 (月)

『emptyrecord-からっぽ-』 @ アルテリオ小劇場

我らが上野聖太くんの、2014年始動の舞台、
陽なたpresents『emptyrecord-からっぽ-』を観てきた。

P1130170

上野くんは『オリーブ』という舞台で「陽なた」に出ていて、
その時には準主役と云うか、まあ主演の一人だった。

今回の「からっぽ」での登場場面は短い。
短いけど、インパクトはあったなあ。。。ダンスがかっこよかったし。

舞台は、ちょっと「不条理劇」というか、
流行の言葉で言えば「スピリチュアル」な感じで、
「理解しよう」と構えていると、置いて行かれる。

ただし、テーマはとてもはっきりしていて、
これまた流行の言葉で言えば「断捨離劇」で(笑)
「支配からの離脱」が物語の筋という事になる。

殆んどの人が「時間」に支配され、多くの人が「過去」に支配され、
しばしば「愛」にまで支配されている。
これらの支配者と意識的に向き合う事で、
やがて「ほんとうの自分」を感じ取ることができる。

カーテンコールでも歌われた曲が、
その「ほんとうの自分」と向き合う境地と意識を歌っていて印象的。

たぶん映画だったら、とても解かりやすいものになるんだろうけど、
舞台でこれを「やってしまおう」という意気込みと、
上野くんを始めとする「支配側の象徴」として登場してくる役が、
それぞれの俳優さんの個性と云うかパワーと云うか、、、で彩られていて、
それが可笑しかったり、厳しかったり、辛かったり、可愛かったりして、
「演劇を観る楽しさ」が満載された作品になっている。

タイトルにある「emptyrecord」の「empty」を、
どう考えるかも、この舞台を読み解く一つの鍵になっていると思った。

舞台では、しばしばスクラッチ・ノイズが響いていて、
「レコードを聴いている」という事が分かる。

レコードに記録されてるのが「empty=虚しさ」であるという事。
けれど、
レコードは、そもそも、「empty=からっぽ」であったという事。
そしてまた、
「からっぽ」だったレコードには様々な「虚しさ」とともに、
「大切な事」も記録され、そのすべてを持ち続けなければならないという事。
(そういえば「想い出」と「記憶」の違い、なんて命題があったなあ・・・)

考えてみれば、「レコード」に書き込まれた事は、消すことが出来ない。
デジタル情報ならDeleteしてしまえば不要なものが消せるのに・・・・
「レコード」は、うっかり付けた傷さえもずっと残り続ける。

そうした「レコード」を抱えながらも生き続けていのが人生なんだけど、
だからこそ、、、、というのが、この舞台のメッセージなのだと解釈した。

『オリーブ』同様、実に深みがあって面白い。
ぜひとも再演してほしい演目だ。

P1130179

舞台の作者・西川大貴くんデザインのカレンダーとともに。。。

|

« 『コンダーさんの恋~鹿鳴館騒動記~』 @ 明治座 | トップページ | 『RUSH ラッシュ/プライドと友情』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/58954573

この記事へのトラックバック一覧です: 『emptyrecord-からっぽ-』 @ アルテリオ小劇場:

« 『コンダーさんの恋~鹿鳴館騒動記~』 @ 明治座 | トップページ | 『RUSH ラッシュ/プライドと友情』 »