« 平成26年年賀状 | トップページ | 『ローマの休日』 »

2014年1月10日 (金)

『麦子さんと』

映画公開初日の舞台あいさつで、
松田龍平くんが堀北真希さんの「ツンデレぶり」に言及して、
ちょっと面白かった映画、、、ってどういう映画?
ともかく、『麦子さんと』を観てきた。

内容に踏み込む事でもないと思うので、いきなり書いてしまうけど、
堀北真希さんって、いっつも同じ顔と云うか、変わらない印象があって、
で、実際この映画の中でも、表情はおろか、髪型までも変わらない・・・
というのが続くのかと思った。

ら、、、

とある場面の彼女の顔が、それまでのどの場面ともまったく違っていたし、
その後も、彼女の(麦子さんの)心が動くと、
それが瞬間的に顔に出ていて、後半はちょっとドキドキの連続だった。

「顔」の話のついでに書いてしまうと、、、

この映画は「母親とそっくりな娘」が、
「母親の青春」を疑似体験することでいろいろ思う、、、
という話なわけだけど、
その母親役・余貴美子さんと堀北さんって似ているかなあ?
と思ていた。。。のだけど、
これが、意外に「似ている!」と驚いて、一気に映画に入り込んだ。

ただ、映画としては「とても普通な作品」で、淡々と、丁寧に、物語を紡いで、
爆笑もないし、驚きもないし、号泣にはならないし、快哉があるわけでもない。
たぶん、NHKBSで放送されても不思議では無い感じの「普通さ」。

でも、それを映画館の暗闇で、集中して見続けることで、
「とある人生の、とある瞬間をきっちりと受け止める」
という体験ができるという面白さを、改めて意識させられた。

ああ、、、娯楽なんだなあ、映画って。。。みたいな感覚。

デートなどで観たら、いろいろ話せるし、面白いんだろうなあ・・・
いや、でも待てよ。。。それだったら、家の薄明かりの中で、
「あれこれ」言い合いながら観ても面白いのかな?

実際、この映画には、いろいろな「罠」が潜んでいる気がしている。

たとえば、、、

可愛い堀北さんに「お兄ちゃん」と呼ばれる松田龍平くんは、
その「顔」で、やっぱり、お父様を思い起こさせて仕方ない。
「アイドル志望だった母に似た娘」を見守る、
「傑出した個性派俳優だった父に似た息子」という、
この関係性が仕掛けてくる罠の面白さ。

ともかく、龍平くんが煙草を吸う姿を観ていると、
無精ヒゲなんか生やしてるものだから、ますます優作くん思い出す。

それに、、、麦子ちゃんと、お兄ちゃん・憲男くん、似てないんだよね(笑)
少なくとも、麦子ちゃんが「お母さん・彩子さんに生き写し」なのに、
憲男くんにはそういう匂いが無い。
しかも、
彩子さんが墓参した時にミチルさんに言う言葉も、ちょっと引っかかる。
もしかしたら、麦子ちゃんと憲男くんって、異母兄弟?

そういえば、冒頭にあったアニメは、そういう方向の話だったよなあ。。。

と、、、この映画、実はとても奥深いというか、罠の多い1本なのかもっ。

ミニシアター系での公開らしいので、
お近くの映画館に来た時には、90分間の謎解きに挑んでみてください(笑)

|

« 平成26年年賀状 | トップページ | 『ローマの休日』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/58954559

この記事へのトラックバック一覧です: 『麦子さんと』:

« 平成26年年賀状 | トップページ | 『ローマの休日』 »