« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月20日 (月)

今年の、福井晶一くん、、、の、年賀状?

一応、年賀状、、、です。

Img_0774

続きを読む "今年の、福井晶一くん、、、の、年賀状?"

| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

『明日の力コンサートⅣ』

友石竜也くんの、もはやライフワークnote

明日の力コンサート』が、またもやってきます!
【Ⅳ】のナンバーをつけて!!

続きを読む "『明日の力コンサートⅣ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

『ブリング・リング』

ソフィアコッポラ監督の新作『ブリングリング』を観てきた。

Img_1568_2

実際に2008年にアメリカを騒がせた窃盗事件、
高校生たちによる「セレブ宅への侵入事件」が背景になっている。
「Bling Ring」ってのは「ド派手な指輪」みたいな意味らしくて、
映画の主人公たちが組むその「窃盗チーム」の名前。

原作は「ヴァニティ・フェア誌」が彼らをインタビューした記事で、
映画の中でも、このインタビューの様子がときおり織り込まれて、
それが「若気の至り」度合いを伝えている。

と、同時にこの映画は、「若気の至り」だけに注目するのではなく、
彼らが盗品をSNSでひけらかす様子を描いたうえで、
その架空の、というか偽りの「リア充」記事が、
800件もの友達申請となることをインタビューで語らせている。

つまり「資本に焦らされる気持ち」が、隠しテーマなのだと思う。

続きを読む "『ブリング・リング』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

第86回アカデミー賞 ノミネート発表

日本時間で3月3日の午前中に発表される、
『第86回アカデミー賞』のノミネートが発表されました。

詳しくは、この公式ページで。。。英語だけどね。

ちゃんと『風立ちぬ』がノミネートされましたね!

続きを読む "第86回アカデミー賞 ノミネート発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

『光にふれる』

そもそもは、
張榮吉(チャン ロンジー)監督が、映画学校の卒業制作で作った、
視覚障害をもつピアニストの青年の半生を描いた短編映画が原点。

それを、『恋する惑星』や『花様年華』といった作品で知られる、
香港の映画監督/脚本家の王家衛(ウォン カーワァイ)氏が気に入って、
その製作総指揮のもとで長編となったのが、この『光にふれる』で、
これがチャンロンジー監督初の長編映画だそうだ。

その試写会に行ってきた。
詳しい事は、相変わらず公式ページで。

試写会の後には、映画の主役(本人役)、
盲目のピアニスト・黄裕翔(ホアン ユィシアン)氏が、
もう一人、台湾では結構有名な音楽家・シャイニー氏とともに登壇して、
インタビューに応えて、そして2曲披露してもくれた。

Img_1531

続きを読む "『光にふれる』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年1月14日 (火)

『RUSH ラッシュ/プライドと友情』

 あなたの、生涯の1本を塗り替える。

というキャッチコピーが、
かえって観る者に冷静さをもたらしてくれる映画『RUSH』を観てきた。
いつものように詳しい事は公式ページで。
相変わらず、コピーと言い余分な邦題と言い、宣伝が下手過ぎる。

ま、そういった事はともかく、さすがはロンハワード監督。
1秒を1分ぐらいに見せてくれる手腕が冴えてて、
モータースポーツやF1に興味が無くても楽しめる、、、かもしれない。

いや、なにしろ、F1を頂点とするモータースポーツは、
もちろん観るだけだけど、大好きなので、
「そうじゃない人」に、この映画がどう見えるのかはわかりません(笑)

続きを読む "『RUSH ラッシュ/プライドと友情』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

『emptyrecord-からっぽ-』 @ アルテリオ小劇場

我らが上野聖太くんの、2014年始動の舞台、
陽なたpresents『emptyrecord-からっぽ-』を観てきた。

P1130170

上野くんは『オリーブ』という舞台で「陽なた」に出ていて、
その時には準主役と云うか、まあ主演の一人だった。

今回の「からっぽ」での登場場面は短い。
短いけど、インパクトはあったなあ。。。ダンスがかっこよかったし。

続きを読む "『emptyrecord-からっぽ-』 @ アルテリオ小劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

『コンダーさんの恋~鹿鳴館騒動記~』 @ 明治座

ローマの休日』、『マイヤーリング』に続いては、
日本でオードリーと同じ役を演じてる名女優・大地真央さんの舞台、
コンターさんの恋~鹿鳴館騒動記~』を観に行った。

舞台での大地さんは初めてだったけど、
なるほど実にコケティッシュで可愛い人だなあ。
動きも滑らかで淀みないし、台詞も歌も良く通る。
コートを翻す様子には見惚れてしまう。

共演者の牧瀬里穂さんも、舞台で観るのは初めて。
どんなお芝居をするのかと思っていたら、
これまた立ち振る舞いも、台詞も綺麗で、
遠目(3階席)からも分かるほどの目鼻立ちもあり、可愛い。

あ、、、
大地さんも、3階からでも、目の前にいるみたいにハッキリしてます(笑)

ほかにも、驚くほど英語が達者な秋本奈緒美さんは、
実に凛々しい捨松さんでしたし、
対するベンガルさん演じる大山巌閣下の薩摩弁の見事さにも感服。

正直なところ「大衆商業演劇」的ぐたぐたな、
ファンサービスばかりの舞台だったら困っちゃうな・・・
と思っていたんだけど、
まあ演出がG2氏だからそれは杞憂とは思ってはいたものの、
それにしても面白い舞台で、俳優と物語と演出が見事に揃って、
しかも最先端の映像技術を導入したりしての、魅力ある舞台だった。

そして、なにしろ「鹿鳴館」が舞台の作品なので、
その背景や意義、評価、そして構造まで知っているから、
初見なのに楽しめたし、楽しめるだけの内容でもあった。

続きを読む "『コンダーさんの恋~鹿鳴館騒動記~』 @ 明治座"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

『マイヤーリング』

「マイヤーリング」というのは、
オーストリア・ウィーンの南にある街の名前。

1889年の冬、
オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子・ルドルフ君が、
男爵令嬢の「マリー ヴェッツェラ」嬢と、
その街にある皇室の狩猟館で心中をした事で知られている。

この心中事件は『うたかたの恋』として小説になり、
1936年には、フランスで、
シャルルボワイエとダニエルダリューの主演で映画になり、
1968年には、
オマーシャリフとカトリーヌドヌーヴの主演で映画になっている。

今回上映されている『マイヤーリング』は、
1957年にアメリカでのテレビで放送(なんとカラー!)されたもので、
監督は1936年の映画を撮ったアナトールリトヴァク監督。
そして、
ルドルフを演じたのはメルファーラー。
マリーを演じたのは、
当時メルファーラーと結婚していたオードリヘプバーン。

一度だけ放送されたその番組が、
57年の沈黙を破って、目の前に現れた。。。白黒映画だけどね。

続きを読む "『マイヤーリング』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ローマの休日』

もう何度映画館のスクリーンで観た事か>『ローマの休日』

それでも、今回「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」の4番で観たのが、
いちばん大きなスクリーンで、良い音で、そして感動的だったと思う。

とても有名な映画で、
たぶんほとんどの人がその内容を知っているとは思うけど、
実は、私より若い人、つまり50歳以下の人で、
この名作を映画館で観たことがある人は少ないんだろうなあ。

まあ、そんな事を言ったら、
オードリーの映画はほとんどそうだろうし、
『スター・ウォーズ』の4~6なんかも、
ビデオでしか観てない人ばかりになっちゃうんだろうけど。。。

あ~、素晴らしい名画座が欲しいなあ。。。

閑話休題

続きを読む "『ローマの休日』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

『麦子さんと』

映画公開初日の舞台あいさつで、
松田龍平くんが堀北真希さんの「ツンデレぶり」に言及して、
ちょっと面白かった映画、、、ってどういう映画?
ともかく、『麦子さんと』を観てきた。

内容に踏み込む事でもないと思うので、いきなり書いてしまうけど、
堀北真希さんって、いっつも同じ顔と云うか、変わらない印象があって、
で、実際この映画の中でも、表情はおろか、髪型までも変わらない・・・
というのが続くのかと思った。

ら、、、

とある場面の彼女の顔が、それまでのどの場面ともまったく違っていたし、
その後も、彼女の(麦子さんの)心が動くと、
それが瞬間的に顔に出ていて、後半はちょっとドキドキの連続だった。

続きを読む "『麦子さんと』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

平成26年年賀状

そろそろ「届いた」というお知らせを頂戴しておりますので、

吉例! 年賀状のweb公開です。

続きを読む "平成26年年賀状"

| | コメント (0)

2014年1月 2日 (木)

お年賀

今年も、写真ではありますが、
楽しい時間をお届けしてゆきたいと思っています。

P1030098

続きを読む "お年賀"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

今年もよろしくお願いします。

このブログも、今日から11年目に突入となります。

日頃のご愛読、ありがとうございます。

これからも、呆れずに、
そして時々のご愛読をよろしくお願いします。

というわけで・・・吉例の年賀状のネット公開。

続きを読む "今年もよろしくお願いします。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »