« 《合奏協奏曲》 バッハ ブランデンブルグ協奏曲 第5番 | トップページ | 《独奏》 エリックサティ 『3つのジムノペティ』 »

2013年12月11日 (水)

《独奏》 ベートーベン ピアノソナタ 第28番 第1楽章

いよいよ、明後日が初日の、交響劇『船に乗れ!』。

舞台に登場する予定の曲のほとんどをここで紹介してきましたが、
最後にもう一曲、、、
サトルが「この世のすべてのピアノソナタの中で一番好き」と言う曲。

ベートーベン、ピアノソナタ第28番イ長調

『船に乗れ!』が良くできているなあ、、、と思うのは、
例えばこの曲を学校の放課後の場面に用意する、
といった点にあると思います。

実際、これほど静謐でありながら、
情熱の余韻を感じさせる曲は他にないでしょう。
完全に聴力を失ったベートーベンが、
「ソナタ」という古い形式を準用しながらも、
もはや独自の表現方法を確立し、
「前衛芸術」と言っていいほどに芸術性を高めていた頃の作品。

原作の中では、たった一行のこの曲を取り上げたという事で、
舞台の期待も高まります。

|

« 《合奏協奏曲》 バッハ ブランデンブルグ協奏曲 第5番 | トップページ | 《独奏》 エリックサティ 『3つのジムノペティ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/58545410

この記事へのトラックバック一覧です: 《独奏》 ベートーベン ピアノソナタ 第28番 第1楽章:

« 《合奏協奏曲》 バッハ ブランデンブルグ協奏曲 第5番 | トップページ | 《独奏》 エリックサティ 『3つのジムノペティ』 »