« 《協奏》 ラフマニノフ 『ヴォカリーズ』 | トップページ | 『POST』 @ シアター代官山 »

2013年11月22日 (金)

《独奏》 『鳥の歌』

さて、、、サトルが演奏する曲は、
ここまでで概ね取り上げてきました。

まだ、クライマックスに、もう一曲あるんですけどね・・・

ともかく、サトルが演奏するチェロ曲は、ひとまず置いといて、
しばらくは、他の登場人物が演奏する曲について書きましょう。

と・・・・その前に。。。チェロの名曲、というか、
面白い動画を見付けたので、ご紹介します。

チェロの名曲『鳥の歌』、、、
原作の中でサトルが弾く場面は無かったと思うのですが、
どうやら舞台では「エピローグ」として登場する様です。

2分間の演説に続いて、『鳥の歌』が演奏されますが、
ともかく、この人が「カザルス」さんです。

演説は1971年10月24日のもので、内容は、

 私は長年に亘って人前でチェロを演奏していません、しかし私はまた演奏する時が来ていると思います。
 演奏するのは『鳥の歌』と言いう曲です。私の国・カタロニアの民謡のメロディから作りました。鳥たちは飛びながら「Peace, Peace, Peace」と啼きます。それは、バッハやベートーベンそして全ての偉人たちが賞賛し、愛したメロディーになりました。」

といった感じだそうです。

さて。。。次からは、サトルのご学友について、書きましよう。

|

« 《協奏》 ラフマニノフ 『ヴォカリーズ』 | トップページ | 『POST』 @ シアター代官山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/58490909

この記事へのトラックバック一覧です: 《独奏》 『鳥の歌』:

« 《協奏》 ラフマニノフ 『ヴォカリーズ』 | トップページ | 『POST』 @ シアター代官山 »