« 《協奏》 メンデルスゾーン『ピアノ三重奏曲第一番』第二楽章 | トップページ | 『キャプテンハーロック』 »

2013年9月15日 (日)

『テット』 アンレテイッドバージョン

超限定公開されていた、
『テッド』の「アンレイテッド・バージョン」を観てきた。

「アンレイテッド」は「unrated」、
つまり「Rateされいない」もので、
簡単に言うと「無審査版」という事になる。

そもそも、
「世界一ダメなテディベア」だの、「中年テディベア」だのと、
とっても危険で怪しい匂いが充満していた『テッド』が、
社会的な基準に照らし合わせる「審査」を受けなかったら、
いったいどんな映像がスクリーンに映ってしまうのか。。。

映画の「アンレイテッド」な部分は、
けっこう予想外のものだった。

笑えるほどに暴力的だったり、差別的だったり、
そしてセクシーだったりするもので、
ブルーレイ盤の特典にある「カットされた部分」とは全く違う。

ともかく、、、観て良かった(笑)

そして、、、「2」を楽しみにしていよう!

|

« 《協奏》 メンデルスゾーン『ピアノ三重奏曲第一番』第二楽章 | トップページ | 『キャプテンハーロック』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/58320744

この記事へのトラックバック一覧です: 『テット』 アンレテイッドバージョン:

« 《協奏》 メンデルスゾーン『ピアノ三重奏曲第一番』第二楽章 | トップページ | 『キャプテンハーロック』 »