« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月26日 (日)

「明日の力コンサートⅡ」 @ 川崎市国際交流センター

昨年の今日、
川崎で「明日の力コンサート」が行われ、
その時の収益金を基に、
昨年の7月、宮城県石巻高校とジョイントコンサートを行った友石くん。

今年も震災復興支援のため、
同じく川崎で「明日の力コンサートⅡ」が行われました。

Kawasaki_2

今年は、ピアノとパーカッションが加わって、
やっぱ、ナマ演奏はいいよねぇ~

メンバーも、昨年に引き続きなのは友石くんと金平さんだけで、
新たにジェニエニや、友石くんのお弟子さんが参加。

続きを読む "「明日の力コンサートⅡ」 @ 川崎市国際交流センター"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

「三春の滝桜」にまつわる事

この春、ようやく満開を堪能した滝桜でしたが、
こんなプロジェクトもあったそうです。

Miharu

今年の3月21日に開業した商業施設「KITTE」のアトリウムで、
想い桜』というプロジェクトが行われていました。

写真は4月13日に撮影したので、いまはもう飾られて無いのですが、
この桜は、三春の滝桜でした。

続きを読む "「三春の滝桜」にまつわる事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

【速報+予告】 8月31日@ 石巻市

In

我らが友石くんが、宮城県石巻市でライブをします。

詳しくはチラシ、もしくは近日アップ予定の記事にて!

続きを読む "【速報+予告】 8月31日@ 石巻市"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

『リトルマーメイド』 @ 四季劇場夏

劇団四季が満を持して取り組んだ『リトルマーメイド』を観てきました。
これもまたステップとして、今後も、
MARY POPPINS』とか『NEWSIES』を遠慮なく持ってきてください。

日本で上演されるのは「ヨーロッパ版」との事で、
既にオランダロシアで好評のようですね。
では、ブロードウェイではどんなステージだったかというと、、、こちら、、、

なんと、フライングではなく、ローラースケートだったんですね~
興業としても芳しくなかったようで、
「ヨーロッパ版」で巻き返しているというところでしょうか。

で、ともかくこの『リトルマーメイド』、みかん星人は「とても好きnote」です

ステージ上の表現にこんなに魅了されたのは、、、、
例えば、、、『JCSS』のジャポネスクの大八車とか、
ソンドハイムの『サンデー・イン・ザ・パーク・ウイズ・ジョージ』の映像とか、
最高だったマシューボーンの『プレイ・ウイズアウト・ワーズ』の動き、、、
そういったものに近い興奮と驚きですね。

しかも「ともかく楽しい」雰囲気の中なので、ひたすら感動しましたhappy01

さて。。。。その「感動」の質ですけど、、、

続きを読む "『リトルマーメイド』 @ 四季劇場夏"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

『ハッシュパピー バスタブ島の少女』

アカデミー賞関連映画の、ほぼ最終章。

主演の「クヮヴェンジャネ ウォレス」ちゃんが、
「アカデミー賞・主演女優賞」に史上最年少でノミネートされ、
しかも、長編映画に初挑戦で監督賞にもノミネートされ、
つまりは『アルゴ』のベン(アフレック)監督よりも賞賛された、
ベン(ザイドリン)監督の作品『ハッシュパピー バスタブ島の少女』を観てきた。

Hush

 

続きを読む "『ハッシュパピー バスタブ島の少女』"

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2013年5月 3日 (金)

『図書館戦争』

本好きを夢中にさせている、有川浩さんのシリーズ『図書館戦争』を、
雑誌『ダ・ヴィンチ』での仮想キャスティングで実写化して、
さらには、本物の陸自と空自の全面協力を得て映画となった、
図書館戦争』を観てきた。

Liblary3

珍しく、物語を書くと・・・・

「平成」では無く、「正化」という年号になった日本。

人権を侵害する表現、公序良俗を乱す表現を規制する、
『メディア良化法』が正化元年に施行される。

Media

やがて、その法律を代執行する組織『良化特務機関』が作られ、
時に銃器を用いて『検閲対象図書』を強制的に収集し、焼き払った。

Media2

正化11年には、メディア良化に賛同する団体が「日野図書館」を襲撃。

これに対して『図書館法』にもとづき、
図書館の自由を守る自衛組織『図書隊』が結成された。

Recruitment

この映画は、
『図書隊』の中枢である『武蔵野第一図書館』を主な舞台として、
その精鋭部隊である『図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)』が、
命を懸けて「本を守る」姿を描いている。

2019

さて、、、、

もう、お気づきかと思うが、
映画のメイン舞台となった『武蔵野第一図書館』セットの一部として、
撮影に使われた『水戸市立西部図書館』へと行ってきた。

Parts

この『水戸市立西部図書館』では、
回廊部分に「撮影記録」が展示されていて、聖地巡礼を歓待してくれている。

ただし、ルールがあるので書いておこう。

1.撮影する場合は、図書館職員に声を掛けてからにしてください。

2.撮影に限らずお静かに。特に、ストロボの使用は控えましょう。

3.図書館の利用者を撮影する場合は、必ず許可を得てください。

ルールと言うよりは、マナーだよね。。。

続きを読む "『図書館戦争』"

| | コメント (2) | トラックバック (28)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »