« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』 by ミュージカル座 @ 六行会ホール

江戸の昔、「品川宿」は大いに賑わっていたそうで、
町の人々は仕事が忙しく、家事もできないほどだったそうだ。
そこで、地主たちが集まり、資金を積み立てて、
「いざ」という時のためのたくわえをしたそうだ。

その集まりを「六行会」と命名した。
「六行」とは、人の勤むべき六つの行いの事。
やがて明治となり、その資金は教育の為に使われるようになり、
集会所と図書館が設立され、それが品川図書館となった。

その品川図書館と建物を分かち合うのが『六行会ホール』。

この庶民自治の小屋にミュージカル座が掛けたのが、
アメリカの50年代を象徴する公民権運動の先駆け、
「ローザパークスの逮捕」にはじまる、
「アラバマ州モンゴメリー・バス・ボイコット運動」を背景にした物語だ。

Ihaveadream

タイトルの"I have a dream"は、以前にも記事にしたキング牧師の言葉で、
劇中でも大きなメッセージとして取り上げられている。

こうした歴史の一ページを背景にしながらも、
舞台には「キング牧師」も「ローザパークス」も登場しない。
登場人物たちの日常の中に、
ローザパークスの行動が、キング牧師の意思が旋風を巻き起こし、
そしてまた同時に、
それまでの虐げられた黒人の歴史が、登場人物を突き動かし、
それが観る者を「歴史の観察者」とさせ、
興奮と高揚を、希望と期待を、そしてなにより「夢」を抱かせてくれる。

唯一の白人として登場した、我らが上野くんは、
いままでのどのキャラクターよりも冒険的で、スリリングな演技だった。
気が早いけれど、この演技が今後の彼をどう変えるのか、楽しみだ。

さて、、、後半は、紫の文字の人が語ります。。。

続きを読む "『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』 by ミュージカル座 @ 六行会ホール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

今日の、福井晶一くん、、、コンプリート!

日比谷シャンテとのコラボ企画、
レミゼのコレクターズカード、、、GETしました。

企画スタートから4日目にして、
2,590円の投資で済んだので一安心。
(運が良ければ680円で済むんですがねぇ)

特にジャベール版は、
トランプのように自分でひくという、
福井くん運を発揮するような当て方でした。

あ゛、、、ここで晶一運を使ってしまった。。。

ちなみに、テナルディエも、コンプリです。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、コンプリート!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

祝『ウェディング・シンガー』東京公演千穐楽

最高に楽しいミュージカルの東京公演が終了してしまった。
月末に日本青年館でもうワン・ステージがあるけれど、行けないし。

で、一応、千穐楽と公演100回を観たくて『当日券』に挑戦したけれど、
敢え無く落選。。。約15倍の難関でしたっ。

いちお、カーテンコールの様子が公開されたので、貼っちゃう。

続きを読む "祝『ウェディング・シンガー』東京公演千穐楽"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

ミュージカル『新幹線おそうじの天使たち』 @ AiiA Thater Tokyo

日本が世界に誇る「新幹線」は、大きな輸出品の一つで、
そのハード技術のみならず、運行システムなどソフトも含めての、
「パッケージ型インフラ輸出」として注目されています。

先日も、JR東日本の新幹線が、インドへ輸出されるニュースがありましたね。

そのJR東日本のグループ企業の中に、
新幹線の清掃を一手に請け負っている会社、
『株式会社 JR東日本テクノハートTESSEI』があり、
この舞台は、その通称「TESSEI」をモデルにしています。

舞台の中でも語られるのですが、
TESSEIが行っている東北新幹線・上越新幹線の清掃は、、、

「新幹線が到着してから出発するまでは12分。
 そのうちお客さんが降りるのに2分、
 お客さんが乗るのに3分掛かるので、
 その間の7分の間に車内の清掃を完了する」

というもの。
しかも、新幹線に乗ろうとしてホームで待っている人の前で行うのです。
つまり「新幹線を掃除する7分間の劇場」が展開しているのです。

その様子をまとめ上げた原作 をもとに、
舞台は、この「新幹線劇場」を演じる人々を描いていきます。

続きを読む "ミュージカル『新幹線おそうじの天使たち』 @ AiiA Thater Tokyo"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

オペラ『アイーダ』 @ 新国立劇場

やっぱ、新国立劇場でやる“アイーダ”が一番おもしろい!

Aida

なんたって、舞台の上を馬が駆け抜ける。

この劇場でやる時は、馬に乗れなければ将軍様は務まらない!

続きを読む "オペラ『アイーダ』 @ 新国立劇場"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

『ベルサイユのばら』 @ 東京宝塚劇場

初ベルばら、、、ではありませんが、、、

Rose

たぶん、
オスカル様とアンドレ編を宝塚劇場(東京ですが)で観るのははじめてです。

Cast

続きを読む "『ベルサイユのばら』 @ 東京宝塚劇場"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

『ウェディング・シンガー』 @ シアタークリエ & 婚活セミナ

土曜日でも夜公演なら当日券があるかと思いきや、、、

いや~危なかったぁ~最後の1枚だったぁぁぁ、、、

でもでも“満員御礼”でえがったなやぁ~

Crea

続きを読む "『ウェディング・シンガー』 @ シアタークリエ & 婚活セミナ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

今日の、福井晶一くん、、、グッズの使い方・その1

こないだの名古屋では、“輝”グッズはなかったけど、
“Shouichi”グッズは売ってましたねぇ~

時計も、まだ、ありましたヨ。

この時計のウリは、メモスタンドになることだそうで、
チケットやポストカードなど、いろんなものがはさめます。

・・・ということで、ハガキをはさんでみました。

Event

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、グッズの使い方・その1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

今日の、福井晶一くん、、、キラキラと・・・

名古屋まで行ってしまった。。。
“輝~shine~MUSICAL CONCERT”

Shine

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、キラキラと・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

『テッド』 登場?

めでたい桃の節句の今日、、、

Peach

これで3回目の『テッド』に行ってしまった・・・・

もういちど字幕版を観て、
オリジナルの表現を確認したいところがあったりもしたのだけど、
(例えば、星一徹は、「ジャン=クロード ヴァン ダム」だった)
一番の理由は、、、、あのテッドくんが映画館に来る、から、だ。

なにしろ、先日のアカデミー賞授賞式にも登場し、
【録音賞】のプレゼンターを務めたテッドくんに会えるのだから。。。

で、、、会ってきた。。。

続きを読む "『テッド』 登場?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

『ウェディング・シンガー』 @ シアター・クリエ

2006年のトニー賞にノミネートされた『ウェディング・シンガー』は、
2008年に日生劇場をウェディング・ホールにし、
2011年には、震災で沈んだ演劇に明るさをもたらした。

それが「ファイナル」を冠して戻ってきた。

Ws1

ほんとは初日に駆け付けたかったのだけど、
諸般の事情で2回目公演の鑑賞となった。

続きを読む "『ウェディング・シンガー』 @ シアター・クリエ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アルゴ』

第85回アカデミー賞の作品賞に輝いた『アルゴ』を観てきた。

ノミネートされた作品の中でも日本での公開が早くて、
授賞した頃には上映館が激減していたんだけど、
授賞後に多くの映画館にもどってきた。

Argo2

ほかにも「脚色賞」と「編集賞」をとっていて、
そういう意味では映画の体裁としてベストだと言われたようなもの。
ともかく、今年を代表するほどの作品かどうかは分からないけど、
間違いなく「手に汗握る」面白い映画だった。

続きを読む "『アルゴ』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »