« 『Close To You』 @ かなっくホール | トップページ | メリークリスマス »

2012年12月21日 (金)

『レ・ミゼラブル』

1862年に『レ・ミゼラブル』を書き上げた文豪ユーゴーは、
その売れ行きが気になり、出版社に「?」という手紙を送った。
それに対して出版社は「!」という返事をしたそうだ。
これが、世界で最も短い手紙と言われているそうだが、
その返事の内容から読み取れる通り、
出版されるやいなや『レ・ミゼラブル』は大ベストセラーとなった。

17年の歳月を掛けて書かれた小説は、内容もおよそ18年に渡る物語だ。

物語は、ナポレオンが失脚した1815年に始まる。
ルイ18世の王政(1814~1824)によるフランス革命の揺り戻しの中、
バルジャンはガラス工場を成功させ市長となる。
1823年のクリスマスにはコゼットと出会い、舞台はパリへと移るが、
シャルル10世の王政(1824~1830)で世の中は混乱を極めてゆく。
そして、1830年の7月革命で体制は資本家のものとなり、
それに不満を抱いた学生達インテリが「次の革命」をめざし、
それが1832年の6月動乱、あのバリケードへとつながっていった。。。

こうした「刊行時の50~30年前の歴史」を背景にした小説は、
当時の人々を熱狂させるに充分だったのだろう。
 (ここまでの事は、映画のパンフレット16、17ページにも詳しい)
あえて言えば、日本における『おしん』みたいなものかもしれない(笑)

こうした時代背景は、しかし、あくまでも背景であって、
物語の核には、キリスト教の真髄、つまり「魂の救済」がある。
じつは、ミュージカル舞台の方は何度も観ているのだけれど、
この肝心なキリスト教の部分が理解できていなかった。
「これは、キリスト教の教えの、ひとつの集大成なのか・・・」
と解ってからは、舞台も理解できるようになったし、俄然面白くなった。

さて。。。
こうして、フランス文学の最高峰と称され、親しまれる『レ・ミゼラブル』は、
何度も映画となり、そして1980年にはパリでミュージカルとなった。
それに目を付けたのが、『キャッツ』を成功させたキャメロンマッキントッシュ氏。
彼は、フランス人向けに作られていた舞台を、
ロンドンで成功できるように、つまりは世界で通用する舞台にし、
それは今もロングランを続ける、世界で最も多くの人を魅了した舞台となった。

そして2012年、そのまま映画となった。
創り上げてきたキャメロン氏は、映画化に際して、
「映画として独自の生命をもった作品にしたい」とも語っている。

では、、、その映画は、どんな『レ・ミゼラブル』となったのだろう。
公開初日の最初の回へと駆けつけてきた。。。
 (以下、映画を観た人限定、さらには舞台版も観ている人推奨です)

まず驚いたのが、冒頭の「国旗回収」エピソードだ。

マッキントッシュも、パンフレットに載っているインタビューで、
「舞台では描いてないディテールも、映画らしく加えた」と語っているが、
冒頭のこの部分はその典型だろう。
舞台では馬車の下敷きになった人をバルジャンが救出する姿をみて、
ジャベールが「もしや」と思い始める。
が、これは舞台ならではの端折りで、本来は(遠山桜のように)、
バルジャンの「チカラ」をジャベールが徒刑場で見ていなければならない。

実際、以前の映画では、
石切り場で石の下敷きになった者を救い出すシーンが描かれている。

映画でようやく描かれた「国旗回収」のシーンは、
この映画が「独自の生命」を持っている事を強く印象付けるし、
映画には必須の、とても「映画らしい伏線」となっている。

同じことは、ジャベールが、バルジャンを追って、
テナルディエの『ワーテルロー亭』に現れる描写にも言える。
この重要な伏線も、
パリでバルジャンの素性がテナルディエによって暴かれるところにつながる。
舞台ではこの後半部分しか無いので、
どうしてテナルディエがバルジャンの過去を知っているのかが不明のままだ。

バルジャンが馬車から救い出した男・フォーシルヴァン爺さんを描いたことも、
映画ならではの部分だ。
彼は舞台ではすっかり省略されている人物だが、実はとても重要な人物だ。
そもそも舞台ではコゼットが修道院で育つという描写がまったく無いので、
バルジャンがコゼットを振り回した後、
どんな環境でコゼットが美しい女性に育ったのかはまったく分からない。
けれど、ここには、映画で描かれたような、スリリングな展開と、
(エボニーヌと違って)コゼットが(キリスト教の許)清楚に育った要因がある。

他にも、重要だけれど舞台では省略されていた人物に、
マリウスの祖父・ジルノルマンも登場している。
原作では、このジルノルマンとマリウスの確執も大きなテーマで、
そこにテナルディエが絡んでいたりして、とても複雑で深みがある。
この映画が「救済」をテーマにしている事は、
マリウスの祖父が登場する事でも巧みに織り込まれていると感じる。

映画でその場面背景が描かれることで、舞台の補足となっている場面に、
「黒ガラス工場でのいざこざ」がある。
舞台ではファンテーヌの解雇を工場長に任せる理由が判然としないが、
映画では、そこにジャベールの存在を絡めて上手く説明してある。

こうした、他にもあるがキリが無い(笑)映画ならではの工夫で、
これまで舞台で無意識に「?」と思っていた事を思い知らされもする。

もちろん、映画になって省かれた部分もある。
典型的なのが、結婚式のダンス・シーンだと思うが(笑)
あれが無くなったので、ダンスはワーテルロー亭だけになった(*^^)
まあ、それは良いとして。。。
最も大きな変更点は、エポニーヌに関する変更の数々だろう。

『レ・ミゼラブル』はミュージカルの中でも名曲の宝庫だけれど、
とりわけの名曲が、エポニーヌの『オン・マイ・オウン』だろう。
舞台では、エポニーヌが手紙を届ける場面の後だが、
映画では(原作通り)ガブローシュが手紙を届けるので、
もっと早いタイミングで『オン・マイ・オウン』が唄われる。

さらには、エポニーヌの最期も、
舞台とは違って、原作に近い意義ある最期で、
ここにおいても、改めて「救済」が強く印象付けられる。

それにしても、このエポニーヌの配役は見事だと思う。
そもそも舞台でも「男の子」を連想させるニュアンスがある役だが、
映画で演じたサマンサバークス嬢は「美女」とは言い難いけど、
「25周年」でもエポニーヌだったし、それに島田歌穂さんに似ている(笑)
というか、テナルディエ夫妻の子どもに、ちゃんと見えることが凄い。

テナルディエ夫妻の子としては(舞台でも、映画でも「そう」とは語られないが)、
ガブローシュも生き生きと描かれていて可愛い。
特に、登場して街を駆け抜けながら歌う場面は、映画らしいダイナミズムだ。

ミュージカル映画だから、もちろん「歌」が肝心。
この映画の話題の一つに、歌をライブ収録した、という部分があるが、
画面を観ていると、それはとても成功していると思う。
演技をしているその場で、その姿勢で、その心情で歌う事で、
ミュージカル映画で最も大切にすべき「情念」が画に記録されたと思う。

また、「その場」で歌っている様子を、たとえば呼吸の状況などで感じると、
伴奏のオーケストラの音も、あたかもその場に響いているように思える。
無駄な「力み」や迫力を付加して無い分だけ、とても美しいと感じた。

ただ、あまりにも自然に歌に流れ込むので、
正直、聴いていると疲れてくる場面もある(笑)
例えば、ファンテーヌへ向けられる妬みや怒りや嘲笑は、
なにも無理して舞台のまま歌にしなくてもよかったようにも思う。
 (この辺りは『オペラ座の怪人』の映画化では成功していた)

久しぶりに長々と書いてしまったけれど、書きたい事はまだまだある(笑)
新しい曲も巧く織り込まれているし、
大好きな『ワテ・デイ・モア』が、
最高に素晴らしい映像表現を伴っていること・・・などなど。。。

とりあえず、もう一度観る機会があったなら、続きを書こうかな。

|

« 『Close To You』 @ かなっくホール | トップページ | メリークリスマス »

コメント

みかん星人さま
すばらしかったですね。映画ならではのドックの徒刑囚のコーラス、激痩せのファンティーヌとバルジャンの姿、追跡劇の後から修道院まで、ガブ目線のシークエンス、葬列を乗っ取ってから暴動が起きる緊迫のプロセス、語っても語りつきません。
森の中のリトルコゼットとバルジャンのデュエットがなかったような。
新曲のリプライズが好きです。

投稿: とみ(風知草) | 2013年1月12日 (土) 午後 12時15分

おとみさん、実に気持ちよく泣かせてくれる映画でしたね。

それも、物語そのものに感動するとともに、舞台を見事に映画化してくれているという心地よさも大きいと感じました。

新曲も雰囲気が壊れる事が無く好かったですね。

バルジャンとコゼットの歌、、、「はい、コゼット」と名乗る歌かしら? そういえば、台詞で名乗ったかも?

投稿: みかん星人 | 2013年1月17日 (木) 午後 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/56365459

この記事へのトラックバック一覧です: 『レ・ミゼラブル』:

» 映画『レ・ミゼラブル』 2回目 [羅針盤のない船]
2012年12月30日 映画『レ・ミゼラブル』2回目 in 109シネマズ湘南。 初 『レ・ミゼラブル』(2/2)から続いて第二弾。 [続きを読む]

受信: 2013年1月12日 (土) 午前 12時18分

» [映画『レ・ミゼラブル』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆まさか、3時間近い上映時間とは思わず、女の子とレイトショーで観て、帰宅して落ち着いたら、この時間になってしまった。  明日も早いので、マジ寸評ですまん!  古典なので、あまり派手な起伏はないが、ミュージカルなので、その音楽の数々はやはり感覚に訴えてき...... [続きを読む]

受信: 2013年1月13日 (日) 午前 11時15分

» レ・ミゼラブル(2012)◇◆LES MISERABLES [銅版画制作の日々]
 愛とは、生きる力。 好き度:+5点=75点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。昨年最後ということでこの作品を選んだ。どちらかというとミュージカルはあまり得意ではない。そんな私はセリフも少しはあるのかと密かに期待していたのだが、何と全編歌なのでびっくり!! こ...... [続きを読む]

受信: 2013年1月13日 (日) 午後 11時03分

» レ・ミゼラブル [だらだら無気力ブログ!]
素晴らしかった!! [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 午後 03時57分

» 〜『レ・ミゼラブル』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2012年:イギリス映画、トム・フーパー監督、ヴィクトル・ユーゴー原作、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・サイフリッド、エディ・レッドメイン、アーロン・トゥヴェイト、サマンサ・バークス、ヘレナ・ボナム=カーター、 サシャ・...... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 午後 09時01分

» 『レ・ミゼラブル』 [みゆみゆの徒然日記]
 25日に公開を待ちわびていた『レ・ミゼラブル』を見てきました。キリスト教色が強いし、ある意味クリスマスらしかったでしょうか?ということで、自分へのプレゼントは貯まっていたポイントを使って、無料鑑賞です(笑)『オペラ座の怪人』『マンマ・ミーア』に続き、...... [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 午後 06時40分

» 「レ・ミゼラブル」 [きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)]
すごく良かった。 帝劇版の「次、ソリストが歌いまーす」ってかんじで 順番にソロを消化していく演出が あんまり好きじゃなかったんだけど、 映画は話の流れと歌の導入がスムーズで自然だった。 歌、歌の歌詞が、すごく心に残った。 舞台版ではマリウスとコゼットの結婚式...... [続きを読む]

受信: 2013年1月22日 (火) 午後 09時00分

» 「レ・ミゼラブル(2012)」 与える、与えられる [はらやんの映画徒然草]
昨年末より公開され、映画ブロガーさんの間でも昨年のランキングの中で評価が高かった [続きを読む]

受信: 2013年1月26日 (土) 午前 08時26分

» 映画「レ・ミゼラブル」そして映画で蘇る [soramove]
映画「レ・ミゼラブル」★★★★ アン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、 ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド、 エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター出演 トム・フーパー監督、 158分、2012年12月21日より全国順次公開 2012,イギリス,東宝東和 (原題/原作:LES MISERABLES ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気... [続きを読む]

受信: 2013年1月27日 (日) 午後 07時19分

» 映画:レ・ミゼラブル  普段ノー・ミュージカルな私でも、展開される「魂」に震えた = やはり必見か(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
普段ミュージカルしないワタクシ。 にとって、「映画化」は作品に触れる貴重な機会となる。 ので公開中のうちに、なんとか劇場へ。 冒頭 いきなし! ばばっと歌い出すので、「やっぱ苦手!」と思いつつ、我慢して見続けた。 すると、 監督トム・フーパー がこだわ...... [続きを読む]

受信: 2013年1月29日 (火) 午後 10時24分

» レ・ミゼラブル 文句なしっ! [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=4】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる17本目の鑑賞、妻と1月2日に鑑賞、朝から1人で3本鑑賞してようやく本命、そうとう疲労困憊やったのだ。 ラ・ミゼラブルは子供の頃以来、何度か本を読み、そして2005年の年末にミュージカル「「Les Miserables」を梅田芸...... [続きを読む]

受信: 2013年1月30日 (水) 午後 01時01分

» 『レ・ミゼラブル』 [シネクリシェ2.0]
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした。...... [続きを読む]

受信: 2013年2月10日 (日) 午前 07時45分

» No.333 レ・ミゼラブル [気ままな映画生活]
パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャンは、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。やがて運命的な出会いを果たした女 ... [続きを読む]

受信: 2013年2月27日 (水) 午前 12時13分

» 『レ・ミゼラブル』 [シネクリシェ2.0]
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした。...... [続きを読む]

受信: 2013年4月11日 (木) 午前 05時42分

» 映画:レ・ミゼラブル [よしなしごと]
 ミュージカルが好きなので映画版レ・ミゼラブルも絶対観たい。でもこれほど予告でやって、テレビCMやテレビでの特集とかが放送されると、なんかもうおなかいっぱいになっちゃいます。それでも見に行かねば!ということでレ・ミゼラブルの記事です。... [続きを読む]

受信: 2013年4月13日 (土) 午後 06時56分

» 映画『レ・ミゼラブル』を観て〜アカデミー賞3部門受賞作品 [kintyres Diary 新館]
13-1.レ・ミゼラブル■原題:Les Miserable■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:158分■観賞日:1月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督:トム・フーパー◆ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)◆アン・ハサ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 7日 (火) 午後 11時15分

» レ・ミゼラブル [Akira's VOICE]
感動で満たされた!   [続きを読む]

受信: 2013年5月 9日 (木) 午前 10時04分

» レ・ミゼラブル [いやいやえん]
思っていたよりも良かったー。でも泣くほどでもなかったかな。 主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、法の番人ジャベール役のラッセル・クロウ。不遇のファンテーヌ役のアン・ハサウェイが名曲「夢破れて」を素晴らしい声で歌いあげる(彼女が歌が上手いのは知っていた)。古典名作なのであらすじは多くの方が知っているとは思います。 ジャン・バルジャンはパンを盗んだ罪で19年間服役、仮釈放されたものの教会で再び盗みを働いてしまう。しかしその罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れ、身も心も生ま... [続きを読む]

受信: 2013年6月22日 (土) 午前 09時47分

« 『Close To You』 @ かなっくホール | トップページ | メリークリスマス »