« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

『しあわせの詩』 もいちど「♭」さん。

そもそも、何度でも観たい舞台なのに、
『アフター・トーク』イベントなんてのを催されて、
しかもその登壇者に「作・演出・音楽」の浅井さんが居るとなれば、
万難を排し、月末にも拘わらず、駆けつけてしまうわけです。

Event

ちなみにこの日のキャストは「♭」さん。

上野くんの「狐の桔平」は、
ますます物事に対する距離感が鋭くなっているし、
内藤くんの「イケメン青年の健」は、
ますます普通で、だけと深い悩みを抱いた青年として存在していた。

ところで、この『しあわせの詩』は、
物語や音楽、主演の二人ばかりでなく、なにもかもが素晴らしい。

ダブルの主演男優二人のほかに、台詞がある役が5人。
この5人の女優陣がまた、それぞれの個性が役にぴったり合致している。
とりわけ、健の恋人・悦子を演じている岡村さやかさんが素敵。

このほかに、台詞は無いが、歌とダンスで、
ある意味で最も舞台そのものを支えているダンサーが4名。
この4人は、台詞のある狐4人の「かげ」のような存在で、
この4人の動きが、狐の台詞や思いを全身で伝えてくる。

どの役も、他に演じ手が居るなんて思え無いほどに完成度が高く、
その完成度があるからこそ、
「ダブル・キャスト」での変化がより一層明確に出せているのだと思う。

DVD欲しいかも。。。

さて。。。トークショーのお時間。

続きを読む "『しあわせの詩』 もいちど「♭」さん。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

『しあわせの詩』 #さんと、♭さん。

さて、この、素晴らしい『しあわせの詩』は、
主役とも言うべき役どころが、ダブルキャストだ。
公式に記載されている解説を引用すると、、、

人間の健役、キツネの桔平役の2役を、
上野聖太と内藤大希が、Wキャスト、2バージョンで上演いたします!

という事で、重要な役を交代で演じるというダブルなのだ。
 (日本初演時の『レ・ミゼラブル』みたいだよね・・・)

ダブルキャストというのはよくある事だし、
「主演が交互に」というのも、たまに見かける。
ただ、この『しあわせの詩』でのダブルキャストは、
今までに経験した事の無い、ちょっと不思議な違いを感じた。

Coffeebreak

近くのモスでの休憩をはさんで、
この二つのバージョンを続けて観劇してきた。。。

ちょっとだけ踏み込んで、比べてみたいと思う。

続きを読む "『しあわせの詩』 #さんと、♭さん。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

『しあわせの詩』 by One on One @萬劇場

上野聖太くんが、またもや新しい舞台に挑戦している。

浅井さやか氏主宰の『One on One』による、
オリジナル・ミュージカル『しあわせの詩』だ。

みかん星人は、『One on One』、初めての観劇となった。

Poster

先ずは、紫の文字の人から。。。。

続きを読む "『しあわせの詩』 by One on One @萬劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

『ロミオとジュリエット』 by ジョイ・バレエストゥーディオ @ 練馬文化センター

二つ下の記事でご紹介した、
バレエの『ロミオとジュリエット』を観てきました。

Rj

おもしろかったー!

昨晩のロミ&ジュリの演出は、
現代的でわかりやすく、とても楽しく観させていただきました。

特にプロローグ!
メインキャストが一列に並んで、
物語の結末を暗示させるように倒れていく演出は、演劇的で斬新でした。

続きを読む "『ロミオとジュリエット』 by ジョイ・バレエストゥーディオ @ 練馬文化センター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

ハッピー・ハロウィンっ

いよいよ、今年も残り3か月。

年賀状の準備、はじめてますか?(笑)

続きを読む "ハッピー・ハロウィンっ"

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »