« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月25日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、マラソンじゃないんだけど。。。

ロングランの舞台も、いよいよ佳境。

Lk4

札幌も、明日はマラソン大会らしい・・・・どーりで、ホテルが満杯だ。

さて。。。。将軍さまも、

Lk3

こうして、札幌に登場、、、

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、マラソンじゃないんだけど。。。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

『マダガスカル3』

まさか、3つも作られるとは、、、公式(音が出ます)はここ

Mada

まあ、、、帰らなきゃならないわけだし・・・ニューヨークにね。。。

続きを読む "『マダガスカル3』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、北海道帰還、最初の週末。

今回のマチソワマチでは、ソワ(8/18夜)が一番良かったです。

Lk1

全力を出し切ったって感じでした。

マチは今日の方が、昨日のマチよりリラックスしてたようです。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、北海道帰還、最初の週末。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、ただ、お元気だということだけです。

いくさでケガなどなさいませんでした。

(や、いちお、大けがするんですけどね。。。舞台では(笑))

Lk2

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、ただ、お元気だということだけです。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

『スケッチトラベル』

先ずは、このビデオを観ていただきたい。

「ジェラルド ゲルレ(Gerald Guerlais)」氏と、
堤 大介(Daisuke"Dice"Tsutsumi)」氏が発起した、
「スケッチブック・ブロジェクト」の、そのプロモーション・ビデオだ。

監督したのは、これが初監督となる堤氏本人。

彼は『トイ・ストーリー3』の美術監督をした人。
高校卒業まで野球に没頭して、受験戦線から離脱した彼は、
アメリカに留学し、コミュニティーカレッジに入って、
そこで初めて絵を描き始めたとの事。
その面白さに魅了されて、やがて美術大学に入り、
「好きだから一生懸命やる」という姿勢で、
入学時は「一番下手」と自覚していたのに、首席で卒業したそうだ。

で、堤氏とゲルレ氏が2006年から始めたのが「スケッチトラベル」。

一冊のスケッチブックを、
アーティスト達が手渡しして、世界を旅させるというこのプロジェクトは、
ついには総額で800万円を超える価格で落札され、
ルーム・トゥ・リード』へと寄贈され、図書館が建造されることとなった。

本についての事は、とりあえず下のリンクで読んで頂きたい。


スケッチトラベル

  • 堤大介
  • 指定なし
  • 3150円

Amazonで購入
書評

 

そして、ここから先は、この本を読んでから、入って頂きたい。

と言うのも、この本、というか絵本は、
ぜひとも時間を掛けて、最初のページからゆっくりと楽しんでほしいからだ。

時間を掛けて読み進めば、
きっと、清々しい風が、心の中を吹き渡る事だろう。

続きを読む "『スケッチトラベル』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

今日の、福井晶一くん、、、お盆だから?

Lk

タガーくんじゃないんだって・・・

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、お盆だから?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

『プロメテウス』

リドリースコット監督の『プロメテウス』を観てきた。

詳しくは、公式へ。
(相変わらず予告編は映画のクライマックスのオンパレードbearing

この『プロメテウス』は、
SFホラー映画の傑作『エイリアン』のプレリュードだ。

だから、もちろん、ホラー映画的な要素がある。
そして、みかん星人は、なによりホラーが苦手。

なのに、観に行ってしまったのは、
ひとえに、これが、リドリースコット監督の作品だから、だ。

続きを読む "『プロメテウス』"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

『アベンジャーズ』

公式ページは、こちら

最近では珍しく、アメリカの公開から3か月も掛かっての上映。
そのコピーがなんともユニーク。。。いわく。

『日本よ、これが映画だ!』

続きを読む "『アベンジャーズ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

『アイーダ』東京凱旋公演千穐楽

一枚は、予約の初日に電話で、
もう一枚は、JRの窓口で、
どちらも「ふとした気の迷い」で取ってしまった千穐楽。

取った時には、
その前に狂乱の2週間があるとは思わなかったし、
実際の千穐楽が先週だったという事は、実は秘密なのだけどhappy02
ともかく、行ってきた。

行って、驚いた。。。

続きを読む "『アイーダ』東京凱旋公演千穐楽"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

【大人の社会科見学 2】 ヒルズ街育プロジェクト

久しぶりの社会科見学。。。前回は、こちら。

参加したのは、創業53年を迎える森ビル株式会社が主催する、
ヒルズ街育プロジェクト」のひとつ、「”ヒミツ”探検ダイジェストツアー」。

森ビルは、「街づくり」のノウハウを子ども達へ伝えるプロジェクトをしている。
それが「ヒルズ街育プロジェクト」。
プロジェクトは、『環境』、『安全』、『文化』をテーマとして展開される。

今回、この「子ども向けプロジェクト」の大人参加可能バージョンに参加した。
こういう処では、妙に運のいいみかん星人である。。。。

この社会科見学、、、なんといっても、白眉は、これだ。。。

Photo

六本木ヒルズ森タワーの35階にある『巨大都市模型』だ!

続きを読む "【大人の社会科見学 2】 ヒルズ街育プロジェクト"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

昨日の、福井晶一くん、、、終わったのね。。。

そして、、、去って行ったのね。。。

Aida14_2

続きを読む "昨日の、福井晶一くん、、、終わったのね。。。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、イベントで締めくくり。

劇団四季の嬉しいサービスの一つに、「オフステージトーク」がある。
これは、他の劇団(カンパニー)でも、ときどき行われるイベントだ(笑)
 (それこそ『レ・ミゼラブル』で参加した事がある)

劇団四季のオフステージトークでは、
もちろん『アイーダ』にも何度か参加してきたし、
『ウェストサイド物語』や『鹿鳴館』にも参加した。
『JCS』の「いざエルサレムの世界へ」は圧倒的だったし、
『アスペクツ・オブ・ラブ(2005年)』の「Rose day」では、
アルマニャックを片手にというイベントで、とても印象に残る。

ともかく、さっきまで舞台に居た俳優たちの言葉が聴けるというのは、
考えてみれば不思議で面白く、時に微妙で、複雑なイベントだ。

『アイーダ』東京公演の最後を飾った「オフステージトーク」。
登壇したのは、上手から、飯野おさみ宰相さま、光川愛アムネリス姫さま、
中央に我らが福井晶一将軍さま、次いで朴慶弥アイーダ姫さま、
そして下手には有賀光一メレブくんという、作品を代表するメンバー。

さて、イベント参加者からの質問に答えるというシンプルなイベント、、、
その大まかな内容は・・・
 (なお、いつもの様に汚い字のメモ便りなので実際の言葉とは違います)

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、イベントで締めくくり。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日の、福井晶一くん、、、『アイーダ』で。。。

Aida12

ワラワは作品主義ではない。

だけど、ディズニーミュージカル「アイーダ」は、
単に福井くんと出会った作品というだけではなく、純粋に作品としても好き。

福井くんが出ている場面は全部好き、、、ということは別にしても、
印象的な場面はいっぱいある。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、『アイーダ』で。。。"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年8月 4日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、「200字」まで暑い!

某劇団四季の「200字コメント」福井くんの名前が踊ってる。

あれ?作品主義じゃなかったの?
公式サイトに、一俳優の名前が乱舞しているなんて、時代は変わったなぁ~

Aida23

ひさしぶりのマチソワです。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、「200字」まで暑い!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

ミュージカル『Bitter days,Sweet nights』 @ CBGKシブゲキ!!

まず、劇場について・・・

渋谷の「道玄坂」登り口、「109」の右奥側にある『CBGKシブゲキ!!』は、
もともとは映画館だったフロアーを改装して昨年杮落しをした劇場。

ロビーはちょっと狭いけれど、
その手前のホワイエ相当には「Mt.RAINIER HALL」というカフェがあって、
待ち合わせとかにも良いかもしれない。

劇場内部への入り口の壁に【座席表】が大きく描かれているのが、
画期的で、便利で、綺麗。

天井が、まるで「ハンガー(航空機格納庫)」みたいで、
たぶん全く意図してないだろうけど、TDSの「ハンガーステージ」みたいだ。

客席が約250席で、座って、なんか変だなと思ったら、ひじ掛けが無い。
しかも、前後の間隔も狭くて、オヤジには苦役かも。。。
 (しかも演目の関係か、私の周囲は似たオヤジばかりで、そこだけ濃密bearing

さて、その演目は。。。『Bitter days, Sweet nights』。。。ミュージカルだ。

作と演出は、G2氏。
ミュージカルの『8人の女たち』を手かげているそうだが、
 (私が観た『8人の女たち』は江守徹氏演出版だったなあ・・・)
何と言っても、『W~ダブル』(ストレート)は面白かった!
 (そーいえば、その作品でも、アフタートーク・イベントに参加した・・・)

続きを読む "ミュージカル『Bitter days,Sweet nights』 @ CBGKシブゲキ!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

『アイーダ』 バックステージツアー

劇団四季の嬉しいサービスの一つに、「バックステージツアー」がある。
他の劇団で、こんな事をしてくれるところは、なかなか無い。
 (以前『レ・ミゼラブル』で、宣伝を兼ねて、抽選制のがあった・・・落選bearing

Bst

バックステージツアーには、今までも何度となく参加した。
『オペラ座の怪人』、『キャッツ』(バックじゃないけどねwink)、
コンタクト』、『春のめざめ』、そして『夢から醒めた夢』、、、
こうした作品が、どうやって創り上げられているのかを、直に感じてきた。

また、同じディズニー・ミュージカルの『美女と野獣』では、
「ディズニー・マジックのヒント」に触れられた。
『アイーダ』では、今まで数えきれないほどのイベントに参加したが、
今回のバックステージツアーでは、
その「ディズニー・マジック」を密かなテーマとして臨んでみた!

で、思いっきり内容に踏み込んで書いてますし、
「えー裏側なんか知りたくないよ~」と言う方も、ご遠慮ください。

続きを読む "『アイーダ』 バックステージツアー"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

今日の、福井晶一くん、、、かっこイイ~♪

昨夜と、全然違う!

余裕があるというか、誠実で頼れる将軍さまになってました。

お歌は完ぺきではないけど、
一つの墓の中で、相手を安心させるために見せた笑顔、、、撃沈です。

Aida11

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、かっこイイ~♪"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »