« 復活!『アイーダ』東京公演・支援プロジェクト・・・(笑) | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、とてもお元気でいらっしゃいました。 »

2012年5月 5日 (土)

『タイタニック』 3D @ IMAXシアター

同じ映画を、料金を払って複数回観るというのは、
こんなみかん星人だから、無いわけではない。

最も多く見たのが、たぶん、『オペラ座の怪人(2004)』だが、
それまで最多だったのが、この『タイタニック(1997)』だった。
当時は、今ほどに高画質・高音響の映画館は数えるほどしかなくて、
わざわざ、立川のTHX認定映画館にまで観に行ったりもした。
(ちなみに、それは1998年4月15日だった)

それから14年後、タイタニックの海難事故から100年後の今年、
なんと、3D映画として、映画館に戻ってきたのだ。

そもそも、3D映画の先駆者であるキャメロン監督だし、
今回はIMAXシアターでの上映もあるということで、
どうしても観たかったのだが、ようやく、それを叶えてきた。
詳しい事は、いつものように公式ページをご覧いただこう。
上映期間の残りも少ないので、ぜひ、この機会を逃さないで頂きたい。

オリジナルの公開同時、
3時間を超える映画なのに大入りで、興行収入記録を塗り替えたりしたが、
映画そのものに対する評価は、意外と、まちまちだった。
で、みかん星人は、と言うと、何度も観るぐらいだから、大好き。
正直なところ、なぜ否定的な観方ができるのかまったく理解できなかったし、
それは、今日観なおしてみても、揺るがない。
それどころか、この物語は、まさに「今日(こんにち)」に通じる物語であり、
つまりは「日々をどう生きるか」という物語なのだ。

まあ、物語は、人それぞれの好みがあるので、どうでもいいのだが(笑)
今回の目玉、立体化された『タイタニック』について、記録しておこう。

監督自身がインタビューで、
「今回の3D化で、もっとも印象的なのは、船の奥行き感だ」
と答えていたけれど、なるほどと感じた。
助けを求めて迷路のような通路を走り回るローズの、その恐怖が、
延々と続く通路の長さで際立っていた。

奥行きと同時に、高さ、にも魅了された。
メカマニアのキャメロン監督の面目躍如たるエンジン室の天井の高さや、
舷側から後方を眺める辺りで、この船の大きさを、まさに、実感した。

タイタニックの大きさを最も感じたのは、有名な舳先の場面だ。
有名とはいうものの、みかん星人が魅了されたのは、

"I'm king of the world !"の、この場面。

Titanic2_4

幸運にもチケットを手に入れたジャックと、ファブリツィオが、
舳先に立って、アメリカへの希望に騒いでいる場面。
見下ろした先に並走するイルカの群れや、波しぶきへの距離感が凄い。
思わず椅子から腰が浮いてしまう程だ(笑)

映像の立体化も、もちろん、凄いのだけれど、
音響の立体感が、これまた圧倒的。
セリフにまで距離感を感じる・・・ようだ(笑)

もちろん、画が立体となったことで、物語を読み取り易くもなっている。
何度も観ていたこの物語に、また新しい発見をしたように思う。

上映時間は3時間16分、、、休憩なしの上映ですが、
映画館で、一気に観てしまうことにも価値のある歴史体験。
この機会を逃されませんように!

|

« 復活!『アイーダ』東京公演・支援プロジェクト・・・(笑) | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、とてもお元気でいらっしゃいました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/54640230

この記事へのトラックバック一覧です: 『タイタニック』 3D @ IMAXシアター:

» No.317 タイタニック 3D [気ままな映画生活]
「ターミネーター」「トゥルー・ライズ」のジェームズ・キャメロン監督が、アカデミー賞で作品賞ほか史上最多タイの11部門受賞という偉業を成し遂げた超大作「タイタニック」(1997 ... [続きを読む]

受信: 2012年6月17日 (日) 午後 10時26分

« 復活!『アイーダ』東京公演・支援プロジェクト・・・(笑) | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、とてもお元気でいらっしゃいました。 »