« 『がんばろう、日本』 劇団四季からの応援ソング | トップページ | 今日の、吉原光夫くん、、、これが、大和魂か。。。 »

2011年5月28日 (土)

『パイレーツ・オブ・カリビアン ―生命の泉―』

ディズニーランドのアトラクションをモチーフとした、
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの4作目を観てきた。
例によって、細かい事は公式ページをご覧いただこう。

Tides

『生命の泉(いのちのいずみ)』と邦題されたこの作品は、
これまでの3部作とは違う時間の物語で、
原題についている副題が"on stranger tides"となっているように、
「不慣れな潮流」つまり「新しい物語の始まり」という事だ。

なので、エンドクレジットが始まっても、席を立ってはいけない(笑)

と、いうわけで、
前3部作に出ていたナイトレイ嬢やブルームくんは登場しない。

その代り、みかん星人が苦手なペネロペクルス嬢が登場してくる。
 (やっぱり、あの上唇の動きは、貧乏臭くて苦手だ・・・)
ほかの新顔としては、宣教師役の「サム クラフリン」くんや、
ちょっと怖い存在で暴れまわる人魚の一人、
「アストラッド ベルジェ=フリスベ」嬢が、青春映画してくれている。

が、やはり最大の魅力は、ジョニーデップくんと、
"King"という言葉に過剰に反応してしまうジェフリーラッシュおぢさまの、
実に的を射たコミカルなやり取りだろう。

Ship

やはり、こうしたシリーズ物は、
ずーっと対峙し合う二人がみせる丁々発止にポイントがあるわけだ。

最近のディズニーは、親子関係の表現が変わっているように思う。
『塔の上のラプンツェル』で饒舌に語られていた問題ある親子関係が、
この作品の中にも仕掛けられていて、ちょっと笑ってしまう。

いやぁ、それにしても、「永遠の命」を宝物にする物語は、
なんとなく「海賊」とは相容れないと感じていたけれど、
「ああ、なるほど」という展開で、ちょっと勉強になった。

でも、やっぱり、海賊たるもの、金銀財宝を巡って争ってほしいなぁ。

Crew

|

« 『がんばろう、日本』 劇団四季からの応援ソング | トップページ | 今日の、吉原光夫くん、、、これが、大和魂か。。。 »

コメント

この箱が欲しい・・・(笑)

投稿: ハイタカ | 2011年5月29日 (日) 午後 06時03分

あ。。。中身は、ほんもののジョニデ、で、ですか?(笑)

投稿: みかん星人 | 2011年5月29日 (日) 午後 07時05分

え??くれるんですかlovely(爆)

投稿: ハイタカ | 2011年5月29日 (日) 午後 11時38分

少々値がはります。。。

あと、若干、置き場所に困るかもしれません。。。smile

投稿: みかん星人 | 2011年5月30日 (月) 午前 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/51795326

この記事へのトラックバック一覧です: 『パイレーツ・オブ・カリビアン ―生命の泉―』:

» 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 」いつものドタバタも3Dが邪魔で色褪せる [soramove]
「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 」★★★ ジョニー・デップ、ジェフリー・ラッシュ、ペネロペ・クルス、 イアン・マクシェーン、ケヴィン・マクナリー、 キース・リチャーズ、サム・クラフリン 出演 ロブ・マーシャル監督、 115分、2011年5月20日公開 2011,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原作:原題:Pirates of the Caribbean:On Stranger Tides )                     →  ★映画のブログ★... [続きを読む]

受信: 2011年5月30日 (月) 午後 11時29分

» No.283 パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉 [気ままな映画生活]
【ストーリー】 ジョニー・デップ主演の世界的大ヒットシリーズ初の3D版で、「呪われた海賊たち」(2003)、「デッドマンズ・チェスト」(06)、「ワールド・エンド」(07)に続く第4 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月 3日 (土) 午後 04時43分

« 『がんばろう、日本』 劇団四季からの応援ソング | トップページ | 今日の、吉原光夫くん、、、これが、大和魂か。。。 »