« 『マンマ・ミーア!』 @ 電通四季劇場 海 | トップページ | 『青い卵の夜会2』 @ 公園通りクラシックス »

2011年1月 9日 (日)

しあわせの雨傘

『8人の女たち』で、すっごく面白かった、
「フランソワ オゾン監督」と「カトリーヌ ドヌーヴ」の新作、
『しあわせの雨傘』(原題:potiche)を観てきた。

Potiche

相変わらず、内容は公式をご覧いただこう。

時代背景が1977年というのが、なとも上手い。

逆に言えば、改めて「いま」は、無用の長物が多いという感じだ。
「携帯電話」も「インターネット」も、とりわけフランス映画には要らない(笑)

んで、どう考えても、この映画(原作は戯曲)のテーマは、

「男とは、なんと愚かなのだろう」

という事に尽きる、としか思えない(笑)

原題の「potiche」とは飾り壺のことだそうだが、
やはり、壺と言うのは、花を活けたり、何かを保管したりと、
ちゃんとその機能を利用すべきなんだろうねぇ。

そうと知らずに、所有して楽しむだけの男とか、
所有(依存)されて満足している女性は、もうすこし頑張ろう(笑)

それにしても、オゾン監督、やっぱりこの映画でも音楽が良い。
「ミュージカルにはしない」などと言いながらも、
とても素晴らしい曲を選んで、時代と、そして物語を進めていた。

いかにも「フランス映画」らしい、とても楽しい作品だ。

|

« 『マンマ・ミーア!』 @ 電通四季劇場 海 | トップページ | 『青い卵の夜会2』 @ 公園通りクラシックス »

コメント

こんにちは。
本日、日比谷で見て来ました。
私も『8人の女たち』が大好きで、
久々のオゾン作品でワクワクだったのですが、
期待以上でした!!!
奔放な恋愛を恥じることなく
かと言って、別に誇ることもない
フランスの女性の強さというかしなやかさには
いつも爽快感さえ感じます。
私は、ファッションで楽しみました。
ちっちゃい子までベルボトム(^^;;
最近、リバイバルしてたし、すごくお洒落に感じちゃった(^-^)
スザンヌが社長をしたとたんユニフォームが
マンダリンオレンジになったのも
本当に工場の雰囲気が変わって感動。
やっぱり、お洋服は、大事ですo(^▽^)o

投稿: みひろ | 2011年1月16日 (日) 午後 07時22分

みひろさん、コメントありがとう。

フィルムの色調も、あの頃の映画のような「こってり感」がありましたね。
(『8人の女たち』の画もそうでしたね)

髪型に「ファラフォーセット」がいたりと、
いろんなところに、ちょうど私が高校生だった頃のファッションがありましたので、
「なにもかもが適度で、楽しい、いい時代だったなぁ」
と思ったのかもしれません。


しかし、ベルボトムですかぁ。。。
私もその頃に買おうとしましたが、
裾が膨らみ始めるのが「くるぶしの辺り」だったので、やめました。。。

投稿: みかん星人 | 2011年1月18日 (火) 午前 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/50552651

この記事へのトラックバック一覧です: しあわせの雨傘:

» 映画「しあわせの雨傘」全編カトリーヌ・ドヌーヴの映画 [soramove]
「しあわせの雨傘」★★★ カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデュー、 ファブリス・ルキーニ、カリン・ヴィアール、ジュディット・ゴドレーシュ出演 フランソワ・オゾン監督、103分 、2011年1月8日公開、 2010,フランス,ギャガ (原作:原題:POTICHE)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「フランソワ・オゾン監督の変幻ぶりに困惑しつつ、 軽めのコメディとして楽し... [続きを読む]

受信: 2011年1月26日 (水) 午前 08時12分

« 『マンマ・ミーア!』 @ 電通四季劇場 海 | トップページ | 『青い卵の夜会2』 @ 公園通りクラシックス »