« 第87回箱根駅伝 | トップページ | 吉村和敏写真展『MAGIC HOUR』 »

2011年1月 5日 (水)

『仲間達のUTAGE』 @ Art Cafe Friends

恋は不死鳥・・・燃える想いは大空を駆けめぐる

Utage1

恵比寿の美味しいお楽しみ、UTAGEの第三回公演がありました。

何が「美味しい」って、この会場:アート・カフェ・フレンズの食事。
特に、この【シェフの気まぐれサンドイッチ】が絶品。
白でも、赤でも、泡でも、お好きなワインに合わせて、どうぞ。。。

Utage2

さて、久しぶりに、
マンカスくんタガーくんに、ライブのレポートをお願いしようかな。

マンカストラップ・ベアです、喋ります。
今回の「第一部」は、今までにない企画だった。

ラムタムタガー・ベアです、喋ります。
おう、、、なんと、お目当ての瀧澤くんが歌わなくてさ、
ずーっと絵を描いていやがったぜ!

そうなんだよ。
今回のテーマは「恋」で、瀧澤画伯が描く恋の絵が、歌になるって寸法。
で、最初、大越くんが、いきなり名曲『
恋心』を聴かせてくれた。
いつもの事なんだけど、大越くんの選曲って、上手いよなぁ。

続いてはボーカル4人がそろい踏みでの『トゥナイト』だ。
4人でだけど、歌ったのはデュエットの『トゥナイト』だったな。
続いては、秋月くん改め「天月星矢(あづきせいや)」くんの『君すむ街角』ね。

ここでの、ピアノの的場さんと天月くんのアイコンタクトが面白かったよ。

をう。。。的場さんは、天月くんとの相性がいいみたいだったぜ。
続いて、マキャヴィティだった赤瀬くんの『If I loved you』。
マンカスくん、この曲の解説、よろしく!

えっと、これはブロードウェイミュージカルの傑作『回転木馬』の曲で、
3月に上野くんが歌う予定になっているんだ。
舞台前半の大きな曲で、物語を大きく進める重要な曲。
ほんとは、ヒロインが先に唱って、その後にビグローって主役がリプライする。
今回、赤瀬くんが唄ったのは、そのリプライの部分だけだった。

よくできました。。。
続いて、今回の注目・奥田さんの『Someone to watch over me』。
ジャズだからか、ピアノを佐々木くんに替えてのパフォーマンス。

それって『クレイジー・フォー・ユー』のあれだよねぇ。

そうそう、ガーシュインの名曲をポリーが独唱するところだ。
この曲の後が凄かったねぇ。
奥田クリスティーヌと大越ファントムで『オペラ座の怪人』。

クリスティーヌという役が、どんなに難しいのかがよく分かった。
その後は、今度は相手を天月くんに交代して、
奥田エリザベートと天月フランツのデュエット『
夜のボート』だ。

しっとりとしたムードの後は、恒例?赤瀬さんのガストン。
『独りよがり:Me』だったね。
これさ、奥田さんをベルに見立てて唄っていたのに、
ベルのパートは天月くんと大越さんが歌ったのな、、、なんでだろ(笑)

そうだよね。
しかも「プロポーズありがと!」って捨て台詞は奥田さんなんだよ。
で、残された3人の野郎たちで、続いてはなんと、少年隊の『君だけに』だ。
植草くんを赤瀬くん、東山くんを天月くん、錦織くんを大越くんが歌った。

で、一部の最後は、
奥田ポット夫人とコーラス隊で『美女と野獣』から『美女と野獣』。
あの、ダンスの場面の曲のタイトルが『美女と野獣』なんだ。

まあね、、、とりあえず、これで一部終了。

じゃあ、ドリアが来たから、熱いうちに食べてね(笑)

Lasagna

さあ、二部だよ!

うーん、、、ギネスが旨いよ。あ、マンカス続けます。
二部では、我らが瀧澤くんも歌ってくれたね。

タガー続きます、、、
瀧澤くんは、いきなり『Love changes everything』だった。
この曲で始まる『アスペクツ・オブ・ラブ』こそが、
俺たちと瀧澤くんの出会いだったんだ。
これ、思っていた以上に瀧澤くんの声質に似合っていたぞぉ。
石丸さんにもらった赤いシャツも輝いてたしな。

うん。
それとさ、ここでの的場さんのピアノがまた良かったと思う。
瀧澤くんの声量を支える土台みたいだったよ。
続いては、天月くんの『ありがとう、感謝。』、、、オリジナル?

たぶんねー(笑)
その後は、『人間になりたがった猫』から『気分ひとつで』。
『PARTY』とも呼ばれていた曲らしい。
名振付家・山田卓さんの振り付けを再現してくれたりしたな。
俺らの『キャッツ』も、山田さんの振り付けなんだってなー

そーだよ。。。知らずに踊ってたのかぁ?(笑)
その後は、大越くんの『ゴッドファーザーのテーマ』だった。

それって、あれだろ、明和電機の・・・・

うん(笑)『ツクババリバリ伝説』な。
えっと、なんか昭和の山に突っ込んだ感じけれど、
この後は、赤瀬くんの『
愛のメモリー』なんだよね。

そう、しかも、恒例のウィキペディア解説付きで。
これ、毎回続くと面白いんだけどなぁ。
続くといえば、次もメモリー続きで、まさに『メモリー』。

をう、俺らのあの『メモリー』だな。
なにしろ、本物の奥田グリザベラだから、懐かしいったらなかったぜ。
恵比寿に五反田猫屋敷の風が吹いていた。

ここでの、的場さんのピアノが、ちょっとした驚きだった。
この話、バラして好いのかなぁ・・・なにしろ、的場さん、
『キャッツ』の舞台を一度も観たことが無いってんだから凄い。
この曲ってさ、歌とピアノのデュエットみたいな部分があるじゃんか、
なのに、舞台をみて無いのに、かなりドラマチックだったぜ。

うん。途中、ちょっと走った感じがあったけど(笑)
それも、そう、歌とピアノのデュエットとして考えると、効果的だったかも。
で、やっぱりこの名曲『メモリー』で、コアな本番部分は終了だ。

後は、全員で『嵐の中の子どもたち』から『すてきな仲間』と、
翼をください』でいったん終了。
アンコールに『大都会』(笑)を熱唱して、昭和の香りとともに大団円。

はい、二人とも、ご苦労様でした。
UTAGEは、次回3月を予定していたらしいけれど、、、
さて、どうなるのかな。。。

|

« 第87回箱根駅伝 | トップページ | 吉村和敏写真展『MAGIC HOUR』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/50521441

この記事へのトラックバック一覧です: 『仲間達のUTAGE』 @ Art Cafe Friends:

« 第87回箱根駅伝 | トップページ | 吉村和敏写真展『MAGIC HOUR』 »