« 今日の、福井晶一くん、、、お祭りキャストだぁ! | トップページ | 『マンマ・ミーア!』 @ 東京エレクトロンホール宮城 »

2010年10月14日 (木)

『ドガ展』 @ 横浜美術館

ロイドウェバーのの傑作『オペラ座の怪人』の序盤に、メグジリが、
「お稽古ばっかり」と言いながらバレエのレッスンをする場面がある。

「まるで、ドガが描いた踊り子のようだ」と、私は思った。
もちろん、絵画コレクタのウェバーのことだから、意識したのだろうが、
場面を「まるでドガだ」と思わせた理由は、【光】の加減だ。

バレエの踊り子を描いた絵画で知られるフランスの画家・ドカの展覧会が、
キャッツシアターから歩いて15分ほどの『横浜美術館』で開催されている。

もっとも、ドガ本人は「踊り子の画家」と呼ばれるのは心外だったようだ。
「私がバレエを描くのは、布や動きを表現したいからであって、
 踊り子そのものを描きたいわけではないのだ」
と言っていたそうだ。
だから、彼の絵をよく見ると、踊り子の表情はかなりそっけなく描かれている。

ドガの、こうした「動きを描きたい」というスタンスは、
この展覧会に際して初来日した『エトワール』を眺めていると、理解できる。
まさに印象派そのものともいうべき「光」の描写は、
目の前にあるのは「絵画」だと解っていながらも、
何かの細工でフットライトが絵に差し込んでいるのではないかと思う程だ。
その光の中に浮かび上がる踊り子の衣裳(チュチュ)は、
今まさに静止しようとしているようにも、動き出そうとしているようにも見える。

ドガがこの絵に封じ込めたのは、一瞬の布の動きであり、
それを浮かび上がらせる「光」そのものなのだ。

面白いことに、この絵は「パステル・モノタイプ・紙」で製作されている。
ドガは、描画に時間のかからないパステルを愛用した画家で、
この『エトワール』もそうして瞬間のインスピレーションを置いていったのだろう。
「モノタイプ」というのは、銅やガラスに絵具を塗る技法で、
この技法によって、独特の透明感が生み出されてもいる。

ともかく、この展覧会は、この一枚を観るためだけに行っても損はない。

いや、この展覧会では、いままで「踊り子の画家」だとばかり思っていたドガの、
知らない側面が上手に展示されていて、とても得な展覧会になっている。

その「踊り子の画家・ドガ」ではない、別の側面のひとつは、
彼が、多くの競馬を題材にした絵を描いている事だ。

「踊り子」を題材に選んだのと同じ部分、
つまり「動き」を描く題材として「競馬」を選んだばかりではなく、
そこには「庶民の生活」や、「産業の振興」というメッセージもあったようだ。

また、ドガは彫刻にも才能を発揮していた。
ただ、彼は彫刻を作品として作っていたのではなく、
「動き」を立体的に再現して、自分のものとして理解するための手段であった。

ドガは、普仏戦争に従軍した時に目を傷めていて、
後年はかなり視力が落ちていたそうだ。
そんな彼が、自分の中に残る「記憶」と、「想像力」を駆使し、蝋で彫刻を作った。

彼は、そんな自分の行為を、こう説明していたそうだ。
「大切なのは記憶と想像力だ。
 それを活用して得られる感動こそが、物事の本質を再現させてくれる。
 自らの手で、その感動を再現することができれば、自然から解放されるのだ」

19世紀後半と言えば、まさに「エリザベート」の時代だ。
その頃のフランスで、目から光を失いながらも、
自らの生涯のすべてを作品へと凝縮し、人間であろうとしたドガ。
大きな時代の変化の中で、彼が何を感じたのかが解る、良い展覧会だ。

|

« 今日の、福井晶一くん、、、お祭りキャストだぁ! | トップページ | 『マンマ・ミーア!』 @ 東京エレクトロンホール宮城 »

コメント

ええlovely今ドガやってるんですか!みたい!大好きなのです
フランスいったときドガのコーナーにへばりついてました(笑)
へばりついても大丈夫なくらいゆっくりみせてくれる美術館のもつ時間がすきだったなとconfident

横浜かあ…遠いなあ

投稿: ハイタカ | 2010年10月15日 (金) 午後 08時37分

ハイタカさん、コメントありがとう。

ええ、きっとハイタカさんは、お好きだろうと思いました(笑)


私はロンドンとニューヨークの美術館しか知らないのですが、
向こうの美術館に流れる時間は、独特ですし、
なんとなく、のんびりとしてゆとりのある雰囲気がありますよね。
しかも、深夜まで開館してて、それでいて入館料は「お心次第」ですから、
文化がとても近くにあるように感じました。


12月いっぱいの展示ですので、機会はありますよ>横浜

投稿: みかん星人 | 2010年10月17日 (日) 午後 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/49745496

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドガ展』 @ 横浜美術館:

» ドガ展 [真昼の月]
やっと見ることが出来ました、横浜美術館のドガ展 かの有名な「エトワール」を生で見たくて、友達とお昼に桜木町で待ち合わせをし、 昼食を食べてから美術館へ。。。 美術館は好き。 最近はなかなか...... [続きを読む]

受信: 2010年11月29日 (月) 午後 09時25分

« 今日の、福井晶一くん、、、お祭りキャストだぁ! | トップページ | 『マンマ・ミーア!』 @ 東京エレクトロンホール宮城 »