« 『マンマ・ミーア!』 @ 東京エレクトロンホール宮城 | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、ほか、イケメン三昧。。。 »

2010年10月20日 (水)

ゲートキーパー

「ゲートキーパー」という存在をご存じだろうか?

「ゲートキーパー」とは、
地域や職場、教育等の分野において、自殺のサインに気付き、見守りを行い、
専門相談機関による相談へつなぐ役割が期待される人材で、
『自殺対策基本法』が2006年に成立したのを受けて、
各自治体にある「心の悩み相談」などの窓口職員を対象に養成が行われている。

今回、一般人を対象とした「ゲートキーパー養成講座」があったので、参加した。

先の定義にもあったように、
ゲートキーパーの役目は、生きる力を失いかけた人を、見守る門番だ。
自殺のサインに気づき、生き難さを抱えた人を見守り、専門相談機関につなぐ。
どの部分をとっても大変に難しいし、覚悟が必要な事だけれど、いま必要なのだ。

1998年に自殺者が3万人を超えてしまった。
これは世界でも屈指の多さで、34.7%の人が「身近に自死者がいる」という現状。
つまり3人に一人の「知り合い」が、自死しているのが、この国なのだ。

自死に至る3つの大きな原因は「うつ病」「睡眠障害」「借金問題」で、
特に自死者の半数が精神神経科の受診を経験している。

この精神疾患、特に「うつ病」に関しては、最近こういう本を読んだ。


なぜうつ病の人が増えたのか

  • 冨高辰一郎
  • 幻冬舎ルネッサンス
  • 900円

Amazonで購入
書評

自死とは直接関係のない本ではあるが、
いま、さまざまに喧伝されている「うつ病は治る病気」という宣伝の、
その背景に鋭く切り込んだ、なかなか面白い本だ。

で、この本にも書かれているのだけれど、「うつ病」患者は、一向に減らない。
「うつ病」という病に苦しんでいる人が、現実にたくさんいるのだ。
他にも、
上に挙げた項目の「睡眠障害」の多くはアルコール依存の問題も抱えている。

こうした、自死へのリスクが高い人に、どう接すればいいのか。
こういった人が、どんな自死のサインを出すのか。
 (例えば「疲れた」という言葉一つにも、そのサインが隠れている)

この「自死ののサインに気づく」ことが、まず、ゲートキーパーの最初の役割。
「気づく」というのが、なかなか難しい。
特に、身近な人が発するサインほど見逃しかちになるかもしれない。
「ゲートキーパー」としては、まずこの「サイン」を熟知することが肝心なようだ。

そして、何らかの「サインに気付いた」ら、次は「見守る」という役割になる。
「眠れてますか?」というような言葉を掛けたりすることで、見守り続ける。
また、大切なことは「時を置かない」という事でもある。
「次の機会」は無いかもしれないという事を念頭に置かなければならない。

そして、こうして見守っている、その生き難さを抱えた人を、
専門の機関(例えば「いのちの電話」など)に「つなぐ」ことをする。

「自殺」というのは、防止し得る、大きな社会的な喪失だと思う。
誰かがいなくなってしまう事で、実に様々なものが一気に失われる。
特に大きいのは、
自死者の周囲の人々、「自死遺族」と呼ばれてしまう人たちの喪失感だ。

「ゲートキーパー養成講座」の後半は、
こうした「自死遺族」に関してのレクチャーとなる。

冒頭に書いた『自殺対策基本法』の中には、
「あわせて自殺者の親族等に対する支援の充実を図り」
という文言が織り込まれている。

「遺されてしまった人」が背負うものも、大きな社会損失だと思う。
自死した人が社会の中に、本来、持っていた存在価値も失われてしまうが、
同時に、その自死者の周囲の人々もパワーを失い、
ひどい場合には、生きる力も失ってしまうことがあるという。

特に、遺された子どもが受ける衝撃は大きく、
「見捨てられた」とか「自分のせいでこうなった」といった自己否定や、
また「もう一人の親もいなくなってしまわないか」という不安を持ち続ける。

また、自死者の親や配偶者は、
「自死のサイン」を見逃してしまったのではないか?
という自責の念に苦しみ続けるそうだ。

この「ゲートキーパー養成講座」を受けて、実に多くの事を考えさせられた。

特に考えてしまったのが、
「自死へと繋がりかねない悩みは、実は、身近だ」という事。
「悩み事」というのは、人それぞれで、
人によっては重大だったり、些末だったする。
また、ちょっとしたきっかけで、解消する悩みも、意外と多い。
例えば「多重債務」なども、相談することで解決する可能性が大きい問題だ。

大切なのは、隣にも、悩んでいる人がいるという感覚を持つ事。
そして、その悩みを共有しようとする「やさしさ」を持つという事だろう。

最後に、自死と向き合って生きた人の「詩集」を紹介したい。
この本を読むと、
「自死」を選ぶ感覚が、そんなに特異な心境ではないことが理解できると思う。


亜久津歩詩集 いのちづな

  • コールサック社
  • 1428円

Amazonで購入
書評

「自死」を語るのは、話し合うのは、けっして禁忌ではない。
むしろ「自死」を特異なこととして差別視し、除外する感覚の中に、
この国で年間に3万人もの人が失われてしまう原因の根幹があると思う。

|

« 『マンマ・ミーア!』 @ 東京エレクトロンホール宮城 | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、ほか、イケメン三昧。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/49799676

この記事へのトラックバック一覧です: ゲートキーパー:

« 『マンマ・ミーア!』 @ 東京エレクトロンホール宮城 | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、ほか、イケメン三昧。。。 »