« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

ブロードウェイミュージカル『ワンダフルタウン』 @ 青山劇場

青山劇場で上演中の『ワンダフルタウン』を観てきた。

『ウェストサイド物語』を作曲した「レナード バーンスタイン」が、
その4年前に発表したミュージカルで、
559公演のロングランと、5部門のトニー賞を獲得している。

それが、今、日本で初めて上演されている。

主役・ルースは、『The Musical AIDA』で拝見している「安蘭けい」さん。
その妹役・アイリーンとして「大和田美帆」さん、
そして、ルースの相手役・ベイカーは「別所哲也」くんだ。

安蘭さんは、余裕でこなしていた感じ。
このミュージカルは「舞台に登場した俳優」を楽しむ部分が大きいので、
そういう意味でも、ふさわしく、楽しかった。

バルジャンで何度か観ている別所君も、低音の響きがとても綺麗で、
あまり派手な動きはないものの、コミカルな部分も多く、これまた楽しかった。

さて、この舞台で、一番の収穫は、
役柄の上でも「可愛く魅力的な女の子・アイリーン」を演じた大和田さんだ。
実にチャーミングなソプラノで、ただもうひたすら可愛い歌声。
舞台の上で、とても自由(過ぎる程)に演技をしている感じで、
さすがはサラブレッドなのかもしれない。
ただ、若いからだと思うけれど、
この物語の時代・1935年の女の子らしい、
あるいは、古典ミュージカルに登場する女の子っぽい動きが無くて、
妙にキャピキャピした感じにちょっと違和を感じた。
古いミュージカル映画をたくさん見て、その動きを身に付けてほしいかな(笑)

そう、このミュージカル、日本での上演は初めてだし、
そもそも、ブロードウェイでも、初演以来、21世紀まで再演されなかったそうだ。
舞台を観ていると、その理由が、なんとなく解る。
とにかく、基本的に「古臭い」のだ。。。
特に、バーンスタインが自ら作り上げた『ウェストサイド物語』に比べると、
圧倒的に古い・・・

続きを読む "ブロードウェイミュージカル『ワンダフルタウン』 @ 青山劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

今後の予定。。。忘れっぽい自分のために(笑)

「備忘録」という事だけど、カテゴリーは「演劇」ね(笑)

まず、晴れの特異日・文化の日には、
我がダンスの兄貴・瀧澤行則くんが登場するライブがある。

Utage

そう、あの『男達の-UTAGE-vol.2』だ。
今回はマチネが《White》、ソワレが《RED》という仕訳で、キャッチフレーズは、
あなたがいるから私がいる。私はあなたとともにいる・・・」と、
前回よりも、ちょっとソフトなイメージ。

場所は、前回と同じで、恵比寿の『アート・カフェ・フレンズ』。
メンバーも、前回と同じ予定だったけど、マチネに澤井くんがいないらしい。

さて、瀧澤くんは、このライブが終わると、バレエの公演が待っている。

東京小牧バレエ団公演 『コッペリア』」だ。

いまだにバレエ鑑賞初心者の私は、もちろん『コッペリア』も初見。
かなり楽しみにしている舞台だ。

その後も、
アベニューQ』だとか、『アダムパスカル&アンソニーラップ』もあるが、
なんといっても、半年も先なのだが、
東宝による『ウェディング・シンガー』の再演が待ち遠しくて仕方ない。

続きを読む "今後の予定。。。忘れっぽい自分のために(笑)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日の、福井晶一くん、、、こんなに立派なんだよ!

みかん星人が最も魅了される作品、
ティムライスとエルトンジョンが生み出した傑作ミュージカル『アイーダ』が、
2011年3月から、原点である大阪の街に掛かるそうだ。

「最も魅了される」と、今までも何度か書いて、
そしてたびたび「支援プロジェクト」という独りよがりを展開してきたけれど、
前回の東京公演では、ついにイベントにも参加せず、
「私は、なぜ、こんな作品に夢中になったのか」
とすら思いながら、冷えた目で眺めていた。

しかし、先ほど公開されたPVを観て、
「やっぱり『アイーダ』は素晴らしい」と膝を打った。

このビデオを観てほしい。。。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、こんなに立派なんだよ!"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

今日の、福井晶一くん、、、ラッキー・ナンバーは誕生日!

タイトルの秘密は、後半に。。。。

今年のハロウィーン、10月31日は日曜日。
本来は、クリスマスと同じで、「その日」に意味がある行事なのに、
9月から「ハッピー・ハロウィーン」とかいって、騒いでますね。
 (節句人形のCMみたいなもんだねぇ)

その騒動の中心の一つが「東京ディズニー・リゾート」でしょう。
去年は、われ等がベア達の冒険アルバム『海のハロウィーン』を公開しました。

もちろん、今年も、彼らは「東京ディズニーシー」を堪能してきましたよ。

ここで、改めて、冒険の主役たちをご紹介します。

先ずは、
基本的にはMCというか、幹事で進行役の、頼れるリーダー・マンカストラップ。
そもそもは、五反田の猫屋敷に最初に登場した「キャッツ・ベア」。
しかして、不思議な「しましま」のおかげで、今では見事な貫禄もまとってます。

Munkus

そして、
いざって時に頼りになる、ハズの、気まぐれな奴・ラムタムタガー。
こいつはもう、最初から「タガー」な奴として登場したけれど、
とある経路で入手した「ファー」のおかげで、いまや押しも押されぬ存在。

Tugger

この彼らと、そして、謎の主催者「明和電機社長ベア」も交えての、
題して、

2010年秋・ボク達の夏の忘れ物を取り戻す旅

の始まり始まり。。。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、ラッキー・ナンバーは誕生日!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

陽なたpresents『オリーブ』 @ d-倉庫

上野聖太くんが主演の舞台『オリーブ』を観てきた。

副題が『~心には花を、頭にはスクラップブックを~』とあって、
あらすじは、19歳の大学生のこんな言葉で表されている。

真面目にうまく生きてきたつもりです
それなのになんで僕を取り巻く環境ばかりこんなに苛酷なのでしょうか
それでも僕は誠実に生きています、、、なんて偉いんだ僕、、、

その19歳の大学生を演じるのが、いまだ19歳の役に違和感のない、上野くん。

脚本にも、演出にも、そして何よりキャストにも恵まれて、
いつもながらの「観客の存在を前提とした演技」の主役という役どころで(笑)
そして、今までのどの役よりも、上野くんに似合っていると感じる役だった。

彼が演じたのは、これ。。。

Bakanasu

ナス科の植物【イヌホウズキ】。。。別名【バカナス】。
その花言葉は、、、『嘘つき』と『真実』

実は、この【バカナス】、見かけによらず有毒な植物なのだそうで、
たぶん、花言葉もそこから来ていると思うのだけれど。。。

この、『嘘つき』で、けれど『真実』という花言葉の「レオ君」(上野くん)は、
境遇はちょっとばかり辛いが、真実を語れる19歳って存在だけれど、
実は無自覚に「本当のこと」と向き合うのを避けている、そんな青年だ。

その青年が、周囲の人々に翻弄され、やがて一つの「気付き」に至る。
この舞台は、その青年の覚醒が、とても心地よく堪能できるものだった。
 (なんとなくキャラメルボックスの作品的な雰囲気があるなぁ・・・)

おかげで、土曜のソワレだけの観劇予定だったのが、
日曜のマチネまで観に行ってしまう程に、とても感動した。

続きを読む "陽なたpresents『オリーブ』 @ d-倉庫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、ほか、イケメン三昧。。。

好きならば、エンタメをはしごする人、土日にマチソワマチする人、
そんなの当たり前ですよねぇ?

(いやぁ、たまの東京観劇だったりすれば・・・だと思いますけれどっ)

ワラワもひさしぶりに、今日1日で、3人のイケメンに会いに行きました。

Cast

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、ほか、イケメン三昧。。。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

ゲートキーパー

「ゲートキーパー」という存在をご存じだろうか?

「ゲートキーパー」とは、
地域や職場、教育等の分野において、自殺のサインに気付き、見守りを行い、
専門相談機関による相談へつなぐ役割が期待される人材で、
『自殺対策基本法』が2006年に成立したのを受けて、
各自治体にある「心の悩み相談」などの窓口職員を対象に養成が行われている。

今回、一般人を対象とした「ゲートキーパー養成講座」があったので、参加した。

先の定義にもあったように、
ゲートキーパーの役目は、生きる力を失いかけた人を、見守る門番だ。
自殺のサインに気づき、生き難さを抱えた人を見守り、専門相談機関につなぐ。
どの部分をとっても大変に難しいし、覚悟が必要な事だけれど、いま必要なのだ。

1998年に自殺者が3万人を超えてしまった。
これは世界でも屈指の多さで、34.7%の人が「身近に自死者がいる」という現状。
つまり3人に一人の「知り合い」が、自死しているのが、この国なのだ。

自死に至る3つの大きな原因は「うつ病」「睡眠障害」「借金問題」で、
特に自死者の半数が精神神経科の受診を経験している。

この精神疾患、特に「うつ病」に関しては、最近こういう本を読んだ。


なぜうつ病の人が増えたのか

  • 冨高辰一郎
  • 幻冬舎ルネッサンス
  • 900円

Amazonで購入
書評

自死とは直接関係のない本ではあるが、
いま、さまざまに喧伝されている「うつ病は治る病気」という宣伝の、
その背景に鋭く切り込んだ、なかなか面白い本だ。

で、この本にも書かれているのだけれど、「うつ病」患者は、一向に減らない。
「うつ病」という病に苦しんでいる人が、現実にたくさんいるのだ。
他にも、
上に挙げた項目の「睡眠障害」の多くはアルコール依存の問題も抱えている。

こうした、自死へのリスクが高い人に、どう接すればいいのか。
こういった人が、どんな自死のサインを出すのか。
 (例えば「疲れた」という言葉一つにも、そのサインが隠れている)

この「自死ののサインに気づく」ことが、まず、ゲートキーパーの最初の役割。
「気づく」というのが、なかなか難しい。
特に、身近な人が発するサインほど見逃しかちになるかもしれない。
「ゲートキーパー」としては、まずこの「サイン」を熟知することが肝心なようだ。

そして、何らかの「サインに気付いた」ら、次は「見守る」という役割になる。
「眠れてますか?」というような言葉を掛けたりすることで、見守り続ける。
また、大切なことは「時を置かない」という事でもある。
「次の機会」は無いかもしれないという事を念頭に置かなければならない。

そして、こうして見守っている、その生き難さを抱えた人を、
専門の機関(例えば「いのちの電話」など)に「つなぐ」ことをする。

「自殺」というのは、防止し得る、大きな社会的な喪失だと思う。
誰かがいなくなってしまう事で、実に様々なものが一気に失われる。
特に大きいのは、
自死者の周囲の人々、「自死遺族」と呼ばれてしまう人たちの喪失感だ。

続きを読む "ゲートキーパー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

『マンマ・ミーア!』 @ 東京エレクトロンホール宮城

マンマミーア!を観た。

荒川くんだった。

濱田さんドナ、、、、、、、、、、、、、、、、?

続きを読む "『マンマ・ミーア!』 @ 東京エレクトロンホール宮城"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

『ドガ展』 @ 横浜美術館

ロイドウェバーのの傑作『オペラ座の怪人』の序盤に、メグジリが、
「お稽古ばっかり」と言いながらバレエのレッスンをする場面がある。

「まるで、ドガが描いた踊り子のようだ」と、私は思った。
もちろん、絵画コレクタのウェバーのことだから、意識したのだろうが、
場面を「まるでドガだ」と思わせた理由は、【光】の加減だ。

バレエの踊り子を描いた絵画で知られるフランスの画家・ドカの展覧会が、
キャッツシアターから歩いて15分ほどの『横浜美術館』で開催されている。

もっとも、ドガ本人は「踊り子の画家」と呼ばれるのは心外だったようだ。
「私がバレエを描くのは、布や動きを表現したいからであって、
 踊り子そのものを描きたいわけではないのだ」
と言っていたそうだ。
だから、彼の絵をよく見ると、踊り子の表情はかなりそっけなく描かれている。

ドガの、こうした「動きを描きたい」というスタンスは、
この展覧会に際して初来日した『エトワール』を眺めていると、理解できる。
まさに印象派そのものともいうべき「光」の描写は、
目の前にあるのは「絵画」だと解っていながらも、
何かの細工でフットライトが絵に差し込んでいるのではないかと思う程だ。
その光の中に浮かび上がる踊り子の衣裳(チュチュ)は、
今まさに静止しようとしているようにも、動き出そうとしているようにも見える。

ドガがこの絵に封じ込めたのは、一瞬の布の動きであり、
それを浮かび上がらせる「光」そのものなのだ。

面白いことに、この絵は「パステル・モノタイプ・紙」で製作されている。
ドガは、描画に時間のかからないパステルを愛用した画家で、
この『エトワール』もそうして瞬間のインスピレーションを置いていったのだろう。
「モノタイプ」というのは、銅やガラスに絵具を塗る技法で、
この技法によって、独特の透明感が生み出されてもいる。

ともかく、この展覧会は、この一枚を観るためだけに行っても損はない。

いや、この展覧会では、いままで「踊り子の画家」だとばかり思っていたドガの、
知らない側面が上手に展示されていて、とても得な展覧会になっている。

続きを読む "『ドガ展』 @ 横浜美術館"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年10月13日 (水)

今日の、福井晶一くん、、、お祭りキャストだぁ!

今夜、横浜の猫屋敷へ行ってしまいました。

相変わらずの福井くんマンカス。
松島くんのミスト。
あっくんタガー。
そしてそして、お久しぶりの武藤さんのマンゴ♪

これは行くしかないでしょ!(花代ちゃんだしぃぃぃ)

Cast

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、お祭りキャストだぁ!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『モーツァルト!』 開幕直前イベント @ 帝国劇場

帝国劇場がこの冬に掛けるのは、
『レベッカ』、『エリザベート』に続いての、
M.クンツェ&S.リーヴァイ作品の『モーツアルト!』。

そのプレ・イベントが帝国劇場で行われた。

プロモーション・ビデオの上映に続いて登場したのは、
司会進行の武岡淳一(アルコ伯爵役)さん。
『モーツアルト!』の公演日程や、3年ぶりの上演であるといったお話のあと、
新しいヴェルフガング役の山崎育三郎くん、コンスタンツェ役の島袋寛子さん、
セシリア役の阿知波悟美さん、そしてシカネーダー役の吉野圭吾さんが登場して、
ミニトークショウの始まり。

新ヴォルフガングの山崎君は、緊張の日々の中少しずつ稽古にも慣れて、
けれど、演出・小池氏の厳しい指導で、かなり鍛えられているらしい。

3年前の公演でも、ヴォルフガングの妻を演じた島袋さんは、
この3年の間にSPEEDだったりしたこともあって、けっこう忘れているそうだ。
母親のセシリア役の阿知波さんと、仲良く稽古の日々を過ごしているらしい。
島袋さんは、今回シングル・キャストなので、
阿知波さんとの親密な親子がみられることになるだろう。

シカネーダー役の吉野さんは、日本初演時からの参加だそうだけれど、
今回の2010年版ではかなり振り付けが変更されているそうで、
苦労しているけれど、新しいシカネーダーに期待してほしいとの事。

トークに続いては、山崎君による『僕こそ音楽』の初披露。
そして、島袋さんによる『ダンスはやめられない』が唄われた。

そして、また、違う俳優によるミニトークショウへと。。。。

続きを読む "『モーツァルト!』 開幕直前イベント @ 帝国劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

『エリザベート』 @ 帝国劇場 山口トート編

今夜は、山口祐一郎くんの「黄泉の帝王」を観に行った。

そこには、この『エリザベート』という演目が、
日本屈指の小屋・帝国劇場を3か月も占有できる理由が、居た。

きっと、山口トートのことを「耽美」と言うのだろう。
舞台からは物語が排除されて、
「さあ、美しいものを楽しみなさい」というメッセージが掲げられている。

これは、石丸トートでは叶わなかった事、、、という違いではない。

もし、石丸トートの舞台を観ていなかったら、
私はこの『エリザベート』の物語を知りも、知ろうともしなかっただろう。
また、たぶんきっと、正確な、端正なメロディーを耳に残すことも、
全体のバランスを眺めて、流れを感じて、記憶に留めることも、できなかった。

そう、、、石丸トートは『エリザベート』という作品を、
みかん星人の大切な「観劇経験」に織り込んでくれたし、
なにより、チケット代金に見合った満足を感じられる舞台だった。

けれど、山口トートでは、こうはいかない。
まず、舞台に登場すると、他の俳優が目に入らない。
トートダンサー達などは、帝王が巻き起こす風のようにしか見えなくなる。
なにより不思議に感じたのは、
「お金を払って観ているエンターテインメント」という意識が持てなかった事だ。

まるで、
「通りすがりに奇跡をみてしまった」という感覚とでもいえばいいのか。。。

続きを読む "『エリザベート』 @ 帝国劇場 山口トート編"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

『エリザベート』 @ 帝国劇場

とうとう、ミュージカル『エリザベート』を観てしまった。

ウィーン・ミュージカルは、『モーツアルト!』に感動したこともあり、
それほど敷居の高さを感じていなかったけれど、なかなかきっかけが無かった。

そこへ、今回の帝国劇場の公演では、
石丸幹二くんが、黄泉の帝王・トートとして登場するとのこと。
なので、とうとう、『エリザベート』観劇と相成った次第。

舞台は19世紀の後半で、登場するのも実在の人物ばかり。
まあ『エビータ』だって最近の実在の人物なんだけれど、
こちらの『エリザベート』は、伝記物語という感じではなく、
「黄泉の帝王・トート」という存在を登場させることで、
知らずに見ていると、
実在の人物だとも、100年前の物語とも思えない程に絵空事感が強い。

続きを読む "『エリザベート』 @ 帝国劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

『シラノ・ド・ベルジュラック』 @ 俳優座劇場 by 演劇集団キャラメルボックス

今回の「演劇集団キャラメルボックス」の舞台の冠は、ちょっと長い。

平成22年度文化庁芸術団体人材育成支援事業」という助成を受けいる事と、
社団法人日本劇団協議会」の「次世代を担う演劇人育成公演」とのこと。
さらには、「成井豊の世界名作劇場」という次第。

その演目のタイトルは『シラノ・ド・ベルジュラック』。
この記事に書いたが、みかん星人が大好きな名作戯曲だ。

これを、よく知った俳優が、見慣れた演出で上演している。
当然、素晴らしく面白かった。
改めて、みかん星人にとって、本当に「シラノ」という男は、憧れだと思った。

もとの戯曲は上演時間が長いものだそうだが、
(東宝が上演しているミュージカル『シラノ』は休憩入れて170分)
もちろんキャラメルが上演するからには、
いつものように休憩なしの130分に収めてある。
舞台を全5幕とし、場面転換に降りてくる幕に適度な解説があるので、
たぶん、初めて「シラノ」を観る人にもわかりやすかっただろう。

続きを読む "『シラノ・ド・ベルジュラック』 @ 俳優座劇場 by 演劇集団キャラメルボックス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、素敵な笑顔っ!

行ったからって、“ラダメスの手紙”が聴けるわけではないのですが、
(まだ、こだわるか!)
福井くんに会いたいから、行ってきました。

ハイ♪

お声も良かったし、
“武闘会”での動きもキレがあって良かったし、、、

でもでも、今夜は何と言っても、
とってもステキな笑顔で握手してくれたから、ただ、それだけで、大満足です!

今夜はこれにつきます。

福井くん、素敵な笑顔をありがとうございま~す!!

Halloween1

さて。。。彼らは、何をしているのでしょう。。。
(「イベントは劇場で!」と楽しみにしている人は、「続き」のクリック禁止)

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、素敵な笑顔っ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

今日の、福井晶一くん、、、聴きたかったよう。。。

聴きたかったな~。。。福井くんの“ラダメスの手紙”

こないだ猫屋敷で、アカペラで歌ったそうな、、、

とっても短い歌だけど、
たった1曲で物語の全世界を表すことができる歌は他にないヨ。

瀧澤くんが歌った時も、感動的でしたしネ。

隠れた名曲です。。。“Radames's Letter”

Letter

12月には、Adam Pascal が来日コンサートをするそうだけど、
ぜひ、“Radames's Letter”を歌ってほしいなぁ~

それにしても。。。。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、聴きたかったよう。。。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »