« 阿佐谷七夕まつり | トップページ | 『おかえり、はやぶさ』 »

2010年8月 9日 (月)

『ヒックとドラゴン』 3D・吹替え版

試写会では2Dだったものの、
その物語の面白さに大興奮した『ヒックとドラゴン
いよいよ公開されて、3D版の鑑賞をしてきた。

Dragon01

この『ヒックとドラゴン』には、原作 があるそうだ。しかも、かなり有名な(笑)
映画同様、原作の絵本も、主人公・ヒックの一人称で語られる物語だそうだ。

ただし、原作の世界では、ドラゴンも喋るらしい。
それに、映画は、原作の時間よりも少し前を描いているとのこと。

2度目の鑑賞でも強く感じたけれど、
やはり、この作品は、セリフの必要最低限な的確さも魅力だと思う。
これで、ドラゴンが話していたら、集中度が削がれたかもしれない。

さて、、、期待していた「3D」だが。。。以下、内容に踏み込みまする。

Dragon11

こうして、立体な彼らと絡んでみると(笑)
立体に見えることで、その躍動感が増すのはよくわかる。。。かな?smile

最も立体を感じたのは、冒頭にもある、海面を描いてある場面だ。
遠近感と、空気の質感、そして海面上を飛ぶような浮遊感が、よい。

そして、注目していたドラゴンの飛行シーン。
ここでの「立体感」は、確かに気持ちいい。
特に、ヒックとトゥースが「人馬一体」となった辺りでは、
ここぞとばかりに心地よい立体映画の快感を得られる。

ただし!

展開が速い場面では、老齢のせいか、目が追い付かず、
画像が荒れて見づらくなってしまうことが何度かあった。

それと、人物が中心の場面では、
「立体」であることがあまりにも自然で(笑)
 (これは『トイ・ストーリー3』でもそうだった・・・)
無理してまで3Dを選択する必要はないと思う。

また、私が見た(新宿ピカデリ)システムのメガネは、異様に重く、
子どもの鑑賞には向かないようにも思う。

さて。。。諸般の事情から、前売券が残っているので、
もう一度観る機会があるのだけれど、
今度は、字幕の2Dで鑑賞してみようかな。。。

ともかく、みかん星人的には、この夏イチオシだ!

|

« 阿佐谷七夕まつり | トップページ | 『おかえり、はやぶさ』 »

コメント

3D貧乏の我が家(笑)は2Dで見ようかと思っています。
見たい作品が重なっているので、お盆休みでどこまでクリアできるか・・これが問題だっ!

投稿: taka | 2010年8月10日 (火) 午後 05時17分

とにかく早く行きたくて仕方がないのですが・・・まだいけないでいます(TT)
結局前売りも買いにいけず・・・(笑)
アリエッティもトイ・ストーリーもまだ・・・

ちっ!夏休みなんだから休め!!と心の中で仕事場でつぶやく日々(笑)

今月末の東京行きまで忙しい・・・

投稿: ハイタカ | 2010年8月10日 (火) 午後 05時19分

takaさん、コメントありがとう。

私が行った映画館(シネコン)では、
『トイ・ストーリ-3』はどの回も「ほぼ満席」でしたが、
『ヒックとドラゴン』はかなり余裕があったようです。
うまく調整して、いろいろと観てきてくださいね。

私としては、『トイ・ストーリー3』は2Dで充分、
『ヒックとドラゴン』はできるなら3Dがお薦め、といった感じです。
まあ、映画館が採用しているシステムにもよりますが・・・
赤いメガネの【XPAND】方式は、ともかくメガネが重すぎます(笑)
【Dolby3D】だったら、軽くて、明るくて、好いかも。。。

投稿: みかん星人 | 2010年8月13日 (金) 午前 12時08分

ハイタカさん、、、ともかく、休んでくださいね(笑)

投稿: みかん星人 | 2010年8月13日 (金) 午前 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/49099869

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒックとドラゴン』 3D・吹替え版:

» 映画「ヒックとドラゴン」映画館で見て欲しいこの傑作!3Dで是非! [soramove]
「ヒックとドラゴン」★★★★☆面白い! ジェラルド・バトラー、ジェイ・バルチェル、アメリカ・フェレーラ 声の出演 ディーン・デュボア、クリス・サンダース監督、90分 、2010年8月7日公開、2010,アメリカ,パラマウント (原題:How to train your dragon )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「暑い夏、映画館も混んでます、 丁度良い時間に始まるこの映画... [続きを読む]

受信: 2010年8月12日 (木) 午前 07時58分

» [映画『ヒックとドラゴン(3D吹き替え版)』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆いい作品でしたね^^  話は、オーソドックスな二つの種族の戦いと融和の物語であるが、  何よりも、バイキングの族長の息子・ヒックが、ドラゴン族のトゥースと友情を育み、その背に乗り、空を自由に飛び交うシーンが素晴らしい。  中盤から、傷ついたトゥースのリハビリや、その飛行の可能性の探求、また、ヒックとトゥースの秘密の友情に感づいたヒロインを乗せた飛行と連続されるが、  クライマックスにはある、敵対する者のない飛行シーンの数々に、私は、何故だか無性に胸がワクワクドキドキした。  おそらく、そ... [続きを読む]

受信: 2010年8月12日 (木) 午後 07時39分

» ヒックとドラゴン (How to Train Your Dragon) [yanajun]
映画『ヒックとドラゴン』は、イギリスの作家、クレシッダ・コーウェルによる児童文学を基にして、ドリームワークスが製作した3Dアニメーションです。監督は『リロスティッチ』のディーン・デュボアとクリス・サンダースが務めています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年8月13日 (金) 午後 09時19分

» ヒックとドラゴン [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:ヒックとドラゴン 制作:2010年・アメリカ 監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア 出演:ジェイ・バルチェル(田谷隼)、ジェラルド・バトラー( 田中正彦)、アメリカ・フェレーラ(寿美菜子)、クレイグ・ファーガソン(岩崎ひろし) あらすじ:以前より、バイキングとドラゴンとの戦いが続いているバーク島。ある日、平凡な少年、ヒックはケガをしたドラゴンのトゥースと偶然に出会う。本来なら敵同士であるヒックとトゥース。しかし、二人の距離は少しずつ縮まり、やがて誰にも知られないように友情... [続きを読む]

受信: 2010年8月16日 (月) 午前 01時39分

» ヒックとドラゴン [映画、言いたい放題!]
この映画、おすぎさんが褒めていたのですが、 ちょっと観る気にならなくて。。。( ^ _ ^; でも「時をかける少女 」の細田守監督 まで twitterで褒めていたので、 観ることにしました。 本物かはわからないんですけれどね。(爆) 遠い遠いバイキングが活躍してた時代... [続きを読む]

受信: 2010年9月 2日 (木) 午前 12時08分

» ヒックとドラゴン [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ヒックとドラゴン10:米◆原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON◆監督:クリス・サンダースディーン・デュボア「リロスティッチ」◆声の出演: ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ、ジェイ・バルチェル◆STORY◆ 遠い遠い昔、はるか彼方の海の向こうのバーク島で...... [続きを読む]

受信: 2010年9月 3日 (金) 午後 05時19分

» 【アニメ】ヒックとドラゴン [★紅茶屋ロンド★]
<ヒックとドラゴン を観て来ました> 原題:How to Train Your Dragon 製作:2010年アメリカ ランキング参加中 「リロ&スティッチ」の製作スタッフが手がけた、児童小説の3Dアニメ映画。 気弱なバイキングの少年と、村の敵であるドラゴンとの友情を描いた作品。 …と、一言で片付けてしまえちゃいますが、これぞ、大人も子供の楽しめる、エンターテイメントであり、ファンタジーであり、夢と冒険であり、親子の絆や仲間との信頼関係の大切さがぎっしり詰まった、心温まり勇気がもらえる... [続きを読む]

受信: 2010年9月 6日 (月) 午後 09時15分

» ヒックとドラゴン [映画的・絵画的・音楽的]
 アニメ『トイ・ストーリー3』が大人の鑑賞に十分耐えられる作品であることがわかったことから、もう一つの評判の高いアニメ『ヒックとドラゴン』も見てみようと思って、吉祥寺バウスシアターに行ってきました。  ここはやや小ぶりの映画館ながらも、「3D」(吹替え版)で上映しているのには驚きました。また、映画館の前の方の席には、子供に混じって、一人で見に来ている大人が何人もいて、この映画に対する一般の関心の高さをうかがわせました。 (1)この作品の物語は、バイキングのリーダーの息子ヒックが、トゥースと名づけら... [続きを読む]

受信: 2010年9月 9日 (木) 午前 06時28分

« 阿佐谷七夕まつり | トップページ | 『おかえり、はやぶさ』 »