« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月27日 (金)

明治座八月公演 『つばき、時跳び』

東京は日本橋浜町にある、日本商業演劇の殿堂『明治座』。

ここへは、上野くんが出演した『テネシー・ワルツ』を観に行ったが、
その時の「衝撃」は、かなりのもので、記事でもそんな事から書いてある。

その、歌舞伎や新派の小屋が、今月の芝居として掛けているのは、
『演劇集団キャラメルボックス』の成井豊氏の脚本演出作品『つばき、時跳び』。

タイトルからも予感できるように、時間モノだ。
原作は、クロノス・シリーズや『黄泉がえり』の梶尾真治氏で、
どうやらこの作品は、先に「明治座での上演」が決まって、
それから、キャラメルの成井氏に脚色と演出の話がいったようだ。

さて、『明治座』は歌舞伎や新派が本道なので、
その設備には、当然、「花道」と「回り舞台:盆」がある。
「花道」の使い方はそれほど凄くはなかったが、
「盆」は、うまく使っていたなぁ。。。

続きを読む "明治座八月公演 『つばき、時跳び』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

今日の、福井晶一くん、、、ついで、と言っては失礼なので。。。

紅茶がおいしかったので、また買いに大井町へ。

チケットがなくてもグッズを買うことはできるんですけど、
せっかくなので、福井くんを観てきました。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、ついで、と言っては失礼なので。。。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『W ~ダブル』 @ ル テアトル銀座

愛しの「堀内敬子」さまに逢いたくて、
「ル テアトル銀座」で上演中の『W ~ダブル』を観に行ってきた。

全編がサスペンスとスリルに満ちたこの舞台は、
一幕が90分、二幕が55分と長めだけれど、
いたる所がコミカルでもあり、あっという間の観劇体験だ。

原作者はフランスの戯曲作家「ロベール トマ」。
彼は『8人の女たち』の原作も書いている人で、
「フランスのヒッチコック」と呼ばれるサスペンスの名人。

と、いうわけで、サスペンスが魅力の物語に関してはなにも書けない。
ただ、いかにもフランスの作品らしく、
お洒落で、毒があり、そして何とも言えない後味の舞台となっていた。

スリルに満ちているのは、物語だけでないhappy02
俳優の演技も、まるで綱渡りのようにスリリング!
なにしろ、セリフ・動き・段取りのどれが一つでも狂ってしまうと、
ちゃんとした結末にたどり着けないのだから。

そんな舞台に登場したのは、、、、

続きを読む "『W ~ダブル』 @ ル テアトル銀座"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

まさかの『アイーダ』

まさか、もう一度、海の『アイーダ』を観に行くとは思わなかった。

まさか、この期に及んで、新しいアイーダが登場するとも思ってなかった。

そして、、、
まさか、田中部長のゾーザーが、あんなにも怖いとは想像していなかった。

さて・・・

もちろん、性懲りもなく海劇場へ行ってしまったのは、
江畑アイーダが登場したからだ。
そして、この新しいアイーダは、かなり魅力的だった。
評判通りの流麗なセリフは、トーンの切り替えもうまくて心地よい。
さらに、感情が充分に乗っている歌唱も揺るぎなくて心地よい。

ただ、まだ物語の流れに慣れていないからか、
動きというか、視線というか、が、どことなく「所在なさげ」に見えるのだけれど、
それがまた「奴隷にされた愚か者」の風情があって面白い。

みかん星人は初見だった鈴木ほのかアムネリスも、面白かった。
いや、セリフの部分だけを取り出したら、
今までのどのアムネリスよりも「アムネリス」そのものだったと思う。
さすがは、別の場所で育っただけのことはあるなぁ(笑)
劇団四季に無い、欠けている、失った「情」が、ほのかアムネリスには、ある。

それにしても・・・田中さんには、おどろかされたなぁ。。。
おかげで、
ちょっと不思議な感覚、ちょっとしたパニックを感じてしまった(笑)

続きを読む "まさかの『アイーダ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

今日の、福井晶一くん、、、なるほど、これが。。。

大井町、おおいまち、、、

距離的には福岡や札幌よりはるかに近いんですけど、
福岡や札幌の方が、けっこう迷わず行っちゃうよなぁ~
なぜか遠ざかってる大井町。

近くに居るのに、福井くんを1か月以上、観てないなんて、、、よく我慢できたなぁ、、、

ということで、やっと2回目の大井町BBへ。

Cast

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、なるほど、これが。。。"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

三度の『はやぶさ』

我が「科学班」は、誤字脱字が多いので、
やっぱり、おれ達の登場となりましたっ。

Oazo

最終日の今日は、水色の整理券だった。
もちろん、観に来たのは『はやぶさ』くんの雄姿だ。

Ticket

続きを読む "三度の『はやぶさ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

『おかえり、はやぶさ』

ともかく、いろんな事は、検索して調べていただこう。
「イトカワ」という名前について語るだけでも、泣けてしまうから。。。

と、いうわけで、
はやぶさ応援ありがとうイベント」へ、会いに行ってきた。
今回は「科学班」の社長が、猛暑の中、登場flair

Oazo

初日に配られた整理券は白かった、ってことは、ナイショかな(笑)

さて、一つだけ重要な注意をしておこう!
このイベントのおかげで、丸の内の『オアゾ』にある、
世界的な名画『ゲルニカ』の複製画は、いま、観られない!!
この大きな幕の向こうに隠れているのだ(笑)

Jaxa

続きを読む "『おかえり、はやぶさ』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

『ヒックとドラゴン』 3D・吹替え版

試写会では2Dだったものの、
その物語の面白さに大興奮した『ヒックとドラゴン
いよいよ公開されて、3D版の鑑賞をしてきた。

Dragon01

この『ヒックとドラゴン』には、原作 があるそうだ。しかも、かなり有名な(笑)
映画同様、原作の絵本も、主人公・ヒックの一人称で語られる物語だそうだ。

ただし、原作の世界では、ドラゴンも喋るらしい。
それに、映画は、原作の時間よりも少し前を描いているとのこと。

2度目の鑑賞でも強く感じたけれど、
やはり、この作品は、セリフの必要最低限な的確さも魅力だと思う。
これで、ドラゴンが話していたら、集中度が削がれたかもしれない。

さて、、、期待していた「3D」だが。。。以下、内容に踏み込みまする。

続きを読む "『ヒックとドラゴン』 3D・吹替え版"

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2010年8月 8日 (日)

阿佐谷七夕まつり

仙台七夕まつり』探訪の翌日、
今度は、ほとんど地元の『阿佐谷七夕まつり』へと行ってきた。

Station_2

続きを読む "阿佐谷七夕まつり"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月 7日 (土)

仙台七夕まつり

猛暑続く中、行ってきました。。。

Station

仙台と言えば、、、

Mori

杜の都、、、そして、

Tanabata

七夕まつり、ですね。。。みかん星人とベアくん達は、初見参!

続きを読む "仙台七夕まつり"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

サマー・バケーション 2010

我らがベア君たちの、サマー・バケーションを公開です。

ブログ右側の中段をごらんあれ。。。

続きを読む "サマー・バケーション 2010"

| | コメント (7)

2010年8月 1日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、どこをみているのかな?

久しぶりに、劇団四季の劇場へ。。。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、どこをみているのかな?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »