« 「ラダメスからの手紙」 その1 | トップページ | 『はやぶさ』 »

2010年6月10日 (木)

『ライオンキング』 4000th @ 四季劇場【春】

1998年に開幕した『ライオンキング』が、
【春】劇場での4000回パフォーマンスを達成した。

なんと、席に余裕があるという事で、行ってみた(笑)
本当に、2階席の前半は、とっても砂漠だったcoldsweats01

記念品は、こちら。。。。背景に意図は無いと思いますよ。。。

Lk

この前【春】劇場に来たのは、
こういうイベント、というよりも、ハプニング?(笑)

その前の『ライオンキング』となると、、、さて、、、(爆)

それでも、何度となく観てきたこの作品は、
年に一度観るには、やはりとても面白くて楽しい。
ティムライス氏の詞は的確だし、
エルトンジョンのメロディーは、『アイーダ』ほどには彼臭くないものの、
流麗ながらも力強くて染み込んでくる。

相変わらず、両幕のムファサとシンバの場面では、泣いたしなぁ。

また、4000回も同じ劇場で続いているだけに、
この劇場に染み付いているような、過去のパフォーマンスも蘇る。
オープニングのラフィキの声の中に「金 志賢」さんの声を思い出すし、
ふとしたスカーの妖艶な動きの中に「下村尊則」さんを感じたりする。
そういえば、彼のプロデュースで、こんなイベントもあったなぁ。

阿久津シンバの登場場面で、彼の声が思いっきり裏返って、
以来あの場面では、毎回微妙に緊張する「心配場面」にもなったっけ。
 (似たことが、55のスーパースターの歌い出しでも起きているがsmile)

先日新しい劇場を観させてもらったけれど、
やはり劇場には、それぞれの「匂い」があるものだ。
たとえば『自由劇場』には、どこかに「波乱の匂い」がある。
そして、ここ四季劇場【春】には、
不思議な躍動感というか「リズム」を感じる。
ずーっと生演奏が響き続けているから、かもしれない。

さて、【夏】には、どんな匂いが生まれるのかな。。。

それにしても、【春】は、いつまでこれで行けるのだろう、、、どきどきdelicious

|

« 「ラダメスからの手紙」 その1 | トップページ | 『はやぶさ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/48597364

この記事へのトラックバック一覧です: 『ライオンキング』 4000th @ 四季劇場【春】:

« 「ラダメスからの手紙」 その1 | トップページ | 『はやぶさ』 »