« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

今日の、福井晶一くん、、、「フッサ」に登場!

本日も、初めて降りました、牛浜駅。

そもそも“福生市”が東京都であることも知りませんでしたヨ。
「ふっさ」って読めなかったし、、、
福井くんがソンダンツアーに参加してくれるので、初めて行く街が増えます。

Fussa

本日の福生市公演は、完売でよかったですね。
ポスターに“完売御礼”って貼ってありました。

Soldout

いっぽうで、昨晩の『アイーダ』は、役者は揃っているのに(除:ショーグン様)
席がうまらなくてもったいないよ、、、

で、その『アイーダ』のキャンペーンのチャーム、
赤、白、黒の3色が用意されたけど、、、もう、黒しか残っていないって。
なんで黒だけ残るの?
“色は選べません”って、注意書きがあったけど、
配る方が選んでるんじゃないの?と疑っちゃう。

おっと、ソンダン。

Bytheway

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、「フッサ」に登場!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、お髭が。。。

今週はチケットが取れたのでソンダンへ。

Kanban_3

新浦安のリベンジだー!
こんどこそ、キャスティングボードを撮るぞ!

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、お髭が。。。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

続報!

先週おきた邂逅の「その後」が解りました、、、

彼らは、長年の空白を埋めるように、この街で語り合ったようです。

続きを読む "続報!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

明和電機 電協組合員「春のプレゼント大会」

ホントは、福井くんのソンダンに行きたかったけど、拒まれたので、
明和電機協同組合員のみが参加できる、
「春のプレゼント大会」に行ってきました。
 
(そう、ワラワはけっこう古くからの組合員で、
  
その昔、ロンドンの組合員旅行にも行ったことがある。)

タイトルどおり抽選会があって、、、ウチに来ちゃったんです。

明和電機クマ。

続きを読む "明和電機 電協組合員「春のプレゼント大会」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

『サウンド・オブ・ミュージック』 by 劇団四季 @ 四季劇場「秋」

プレビュー公演を観てきた!

Som1

やはり、これほどの名作ミュージカルが、
生演奏で、毎日上演されるのかと思うと、言葉にし難い高揚感がある。

マリアとして予定されている俳優は3名。
トラップ大佐にも3名。
ぜひとも、どんどん交替して、いろんなバリエーションをみせて欲しいものだ。

【上演時間情報】 一幕80分 休憩15分 二幕55分 計2時間30分

2時間30分に収めたかったからなのか、なぜか休憩が15分と若干短め。
子どもの観劇が多く想定されると思うのに、これはちょっと短くないかなぁ?

続きを読む "『サウンド・オブ・ミュージック』 by 劇団四季 @ 四季劇場「秋」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年4月 9日 (金)

『私のこの目で』 by 劇団スカラベ

このブログで注目している「上野聖太」くんが、
『劇団スカラベ』の旗揚げ公演『私のこの目で』に登場しています。

作品は、2005年にオフ・ブロードウェイで初演された、
原題を『See what I wanna see』というもの。
「Michael John LaChiusa(マイケル ジョン ラキューザ)」が書いたこの作品は、
その題材を、芥川龍之介の短編小説に求めた意欲作。

なにはともあれ、この週末にとりたてて計画がない演劇ファンは、
是非ともこの作品を観てほしい。

特に、上野聖太ファンには、必見の舞台でしょう。

続きを読む "『私のこの目で』 by 劇団スカラベ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

今日の、福井晶一くん、、、浦安に登場!

いつまで「55」なんだかなぁ、、、と思ったり(笑)

ただ、その【55】が緞帳に投影されてから客電が落ちたり、
緞帳が開いての演出が、地方らしく、変更されていたり。。。

ま、、、その程度かなぁ(爆)「観て良かった」のはっ。

結局、交通費掛けて、やがて1万円の出費には、、、、どーかなwink

それでも、あの人は、楽しんだようです。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、浦安に登場!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »