« 『父が子に語る近現代史』 by 小島 毅 | トップページ | 訃報2件 »

2010年2月15日 (月)

四季劇場[夏] 杮落とし公演 製作発表会見

劇団四季は、
大井町に建設中の「夏劇場」杮落とし公演として、
東京では15年ぶりの開幕となる、『美女と野獣』を上演する。

開幕は、今年の7月中旬で、
1年以上のロングランを想定しているそうだ。
「『ライオンキング』は2・3年は止まらないと思って始めて12年。
 この『美女と野獣』もそれぐらいの作品だろう」
とは、代表の言葉。
夏劇場も、延々と『美女と野獣』専用劇場になるかもしれない(笑)

Three

ま、それは冗談としても、杮落としに『美女と野獣』を選んだ理由は、
東京で15年間上演していない、ということもあるようだが、
なにより「最も華やかな作品」であること。
そしてまた、「生きることの感動と、愛することの喜び」というテーマの良さにある。

『アイーダ』の記事の中で、
いま、比較的簡単にその舞台を鑑賞できるミュージカルの中で、
『アイーダ』は、『クレイジー・フォー・ユー』と並んで、
物語が面白く、舞台が華やかで、解り易い作品だと思う。

と書いたけれど、そういえば『美女と野獣』を挙げそびれていた。

『美女と野獣』は、みかん星人も大好きな作品だ。
もっとも、今まで記事にしてないのよね(笑)
もちろんディズニーのアニメ映画は観ていて、
ここで物語にも触れているんだけど、まさに「恋愛映画」の王道だ。

どんなキャストで演じられるのか、とても楽しみではある。

さて、
この東京での『美女と野獣』公演から、
劇団四季は、なかなか画期的なチケットシステムを導入する。
『劇団四季スマートチケット』と仮称されているこれは、
なんと、最近の飛行機チケットのように、「チケットレス」になるのだ。

このニュースの方が、『美女と野獣』上演ニュースよりも興味深いぞ

「チケットレス」となれば、たぶん会員証がICカードになったりと、
かなりの投資額になるだろう(莫大な投資?という話も出た)
が、劇団四季としては、そのメリットは大きいと考えているようだ。

記者会見でもらったリリースから、その機能を書いてみよう。

bellチケットレスサービス

劇場に来るまでに「予約・座席指定・購入」が済んでいれば、
チケットを受け取らずに直接入場できる、、、らしい。

これ「四季の会会員」なら、
会員証がチケットとして機能する事になるのだろうけれど、
一般の、年に一度ぐらいしか演劇を観ない正常な人は、どーするのかしら?

それに、「観劇記念・記録」としてのチケットの存在もあるしなぁ。
尤も、チケットぴあシステム以来、チケットのデザインがつまらないので、
この機会に、公演毎の特徴ある「メモリアル・チケット」なんか出来ないかしら?
 (そもそも、座席番号とか手許に無いとなぁ(笑))
 (あと、「前回公演のチケットを持ってきたらプレゼント」なんて企画の場合は?)

bellマイページ

客の属性や購入記録をデータとして蓄積して、
それぞれの嗜好に合った情報を優先的に提供するページを構築するらしい。

また、リピーターであることや、新しい客を連れてくるなどすると、
「マイル」のようなものが貯まって、特典をくれることも考えているらしい。

どーやら、観劇中毒を奨励してくださるようだsmile

bellメールコンシェルジュ

今までのメールサービスをバージョンアップするらしい。
後に出てくる「チケット譲渡システム」との関連もありそうだ。

bell贈答用ギフトカード

演劇の「オープンチケット」を販売する。
これは、観劇をする権利のチケットで、
受け取った人が自分の都合に合わせて、
全国の劇団四季の舞台から、観たい日を選び、座席を選択できるというもの。

これは、なかなか良いサービスだと思う。
これまでは、相手の都合を考えてチケットを用意しなければならなかったが、
これがあれば「とりあえず、観て!」という勧誘ができるわけだ(笑)
また、「賞品」としての使い方も出来るので、
それこそ、福引の景品としても、なかなか有効という事になる。

bellチケット譲渡システム

どういう入場方法になるのか解らないけれど、
ともかく、チケットが【紙】では無くなるので、
「急に行けなくなってしまいました!weep
という場合に、それを他の人に譲るのが難しくなる、、、と思われるので、
劇団みずから、そのチケットの譲渡を斡旋する?システムを作るらしい。

さて、これも「一般のお客さん」は、どう譲渡するのか解らないし、
劇団が「買い戻す」という事ではないのだけれどdelicious面白い計画だ。
 (ちなみに、演劇集団キャラメルボックスは、買い戻してくれる)

なんだかんだ言っても、
チケットレスからはじまる一連のこの施策は、要するにオークション対策だ。
で、
「じゃあ、インフルエンザに罹っても、無理して観劇?」
とならないための方策が、この「譲渡システム」という事だろう。

うまく機能してくれると良いとは思う、、、けど、
「どうどうと、しかも便利に譲渡できるなら、とりあえず買っとけ」
という行動が出てくると思うし、それはつまり、
「どの俳優が出るかによって、観るか観ないかを考える」
という、なんだか身近によくみる行動を助長(爆)するようにも思える。
「今週は、たくさん譲渡が出たよ、、、あの俳優が変ったからかなgawk
なんて言われないように、
劇団としては俳優の益々のレベルアップと平準化が求められるだろう。

bell劇団四季Web法人営業部-企業への新しいサービス

劇団四季の舞台鑑賞を企業の福利厚生に利用する場合、
社内のネットワークから直接チケット手配が出来るようになる。
また、そういった企業の社員であれば、
企業が負担する福利厚生費を差し引いた価格でチケットが買える。

ある意味で、最も「いまどき」というか、画期的なのは、これかもしれない。
いまどき「団体社員旅行」なんて流行らないし、都合を合わせるのも面倒。
そこで、例えば、
「社員への誕生日プレゼントとして観劇を用意する」
なんて事を可能にするのが、このシステムだろう。
先に書いた「贈答用ギフトカード」の社内版みたいなものだ。

ますます、大企業に就職しないと、寂しい時代になるねsmile

と、いうわけで、
これから劇団四季の芝居を観ようと思ったら、
ネットワーク環境が必須になるというお話、、、でした(笑)
 (ま、携帯で良いんだろうけど、、、通信料がねぇdelicious

|

« 『父が子に語る近現代史』 by 小島 毅 | トップページ | 訃報2件 »

コメント

やはりやはり、睨んだ通り!!

ファントムのように新装開店(爆)しそうですねぇhappy02
ビックリキャストも現れるよう祈ってます(笑)

投稿: るい | 2010年2月15日 (月) 午後 06時57分

別にレベルアップしてなくても、
福井くんが出るなら観に行くけどね。

投稿: 舞姿 | 2010年2月15日 (月) 午後 10時35分

TBありがとうございました!
WEBサービスの件、twitterではよくわからずモヤモヤしていましたが、ちょっとスッキリしました。

投稿: ogalyn | 2010年2月15日 (月) 午後 11時39分

お久しぶりです。
美女と野獣になったのですね。
私は石丸さんのビーストが好きだったので、
見たら、懐かしさいっぱいで文句を言いそうで
ちょっと考えちゃいました。
福井さんがビーストっているラインはあるのかな???

投稿: うきうき | 2010年2月15日 (月) 午後 11時53分

こんにちは。TBさせていただきました。
15年ぶり開演、と聞いて、そうか〜確かにしばらく見ていないな…と思いました。曲はよく聞いていたし、身近なので…。
でも今日話を聞いたり曲を聴いたりしていて、“まんまと”観に行きたくなって来ました(笑)!

いつも、冷静な視点の記事、楽しませていただいています〜。
とりいそぎ、ご挨拶まで…!

投稿: yana | 2010年2月16日 (火) 午前 03時26分

TBありがとうございました。
やはり噂通り
「夏」のこけら落とし公演は、《美女と野獣》でしたね。
東京でのロングラン公演のご成功を祈るばかりです。
ビースト役者さんも新規で色々な俳優さんのデビューありそうですね。

毎年、大勢退団されていくので、全国各劇場の、俳優さんのやりくり が大変なのでは?と、老婆心ながら案じております。
俳優さんの育成って、中々時間がかかりそうだし…

最近、四季の舞台を たまにしか見なくなってきた私には
時代の流れが判らないのかもしれませんが…
人材あっての企業や
劇団!と思っています。

投稿: あむね | 2010年2月16日 (火) 午後 12時12分

るいさん、コメントありがとう。

ビックリ・キャストですかぁ。。。
少し前に、福井くんがビーストに入っていた事がありましたね。

私は、福井くんには、ガストンをやってもらいたいと、かねがね思っているのですが、、、それこそ、ビックリでしょうね(笑)

投稿: みかん星人 | 2010年2月16日 (火) 午後 10時18分

ogalynさん、コメントありがとうございます。

新しいチケットの仕組みは、どうも出来上がってみないと解らないですよね。
ファンの希望も聞き入れてくれれば良いのですが、、、チケット代わりの「座席案内票」みたいなものとかね(笑)

これからも、よろしくです。

投稿: みかん星人 | 2010年2月16日 (火) 午後 10時22分

うきうきさん、コメントありがとう。

私も石丸ビーストみましたよー。
苛立って、椅子に飛び乗る辺りがとってもキュートでしたねー
まさに「プリンス」なビーストでしたなぁ。


福井ビーストは、たしかプログラムにも載ったのかしら?
可能性ありますよね。

投稿: みかん星人 | 2010年2月16日 (火) 午後 11時00分

yanaさん、コメントありがとう。

なにしろ東京では観てない私なので、ほんと楽しみです。
「15年ぶり」に上演開始だそうで、東京千穐楽からは12年ほどなんですってね。。。ややこしいわ。

さあ、この舞台のゲネがたのしみですね(爆)

投稿: みかん星人 | 2010年2月17日 (水) 午前 12時27分

あむねさん、コメントありがとう。

これだけ劇場があるのに、本当に「信頼できるプリンシパル」が少なすぎますね。
やはり、ここは、客演をどんどん招いて・・・(笑)
(ほんと、10年前のキャスト週間とか、やればいいのになぁ、、、絶対しないよなー、、、しないのも解るけどっ)

私がBBをわざわざ遠征してまで観に行ったのも、
「下さまルミエールだわ」とかだったりしましたので、
集客できる俳優を大切にしてもらいたいものです。
(集客力のある俳優だから、独立したくなるんだろうけど、、、)

なんか、小言が多いリプライになってしまいました(笑)

投稿: みかん星人 | 2010年2月17日 (水) 午前 12時34分

さっそくのTB ありがとうございました。
2008年5月に広島ALSOKホールで見たのが初めてでした。舞台の華やかさでは四季の作品の中で一番ではないでしょうか。もうすこし若いベルを期待していました(笑)

投稿: 羅針盤のない船 | 2010年2月17日 (水) 午後 11時21分

TBありがとうございました。
「チケットレス」サービス、多分会員証でなく「予約情報をプリントアウトした紙」か「携帯」で入場できるのではないかと思います。
チケット郵送費が惜しくなったのか! と思うのは私だけでしょうか。

投稿: あやりん | 2010年2月20日 (土) 午後 04時49分

羅針盤のない船さん、コメントありがとう。
またお話できて楽しかったっす。

確かに、いちばん華やかですね。
なんでも、最もランニングコストが高い作品だとも聞きますし。

若いベル、、、いいですなぁ。
『春のめざめ』の、あのイルゼとか、、、いいでしょーねー。

ただ、ベルって、本当に「若い娘」なんでしょうかね?wink

投稿: みかん星人 | 2010年2月22日 (月) 午前 01時09分

あやりんさん、コメントありがとうございます。
TB失礼いたしました。

「携帯」での入場!happy01
なるほど、それは可能性高そうですね。。。面倒だわ、持ってないと(爆)

郵送費も問題だったかもしれませんね。
なにしろ、0120の「キャストホン」をやめてしまった劇団ですからネsmile

投稿: みかん星人 | 2010年2月22日 (月) 午前 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/47573016

この記事へのトラックバック一覧です: 四季劇場[夏] 杮落とし公演 製作発表会見:

» 劇団四季『美女と野獣』四季劇場[夏]で7月から [yana's つれづれ]
7月中旬に大井町に開場する四季劇場[夏](今は[春]と[秋]があります)。 そのこけら落とし公演の製作発表会に行ってきました。 新作?!とちょっと期待していたのですが、違いました。 ....... [続きを読む]

受信: 2010年2月16日 (火) 午前 03時23分

» 美女と野獣 [つらつらロンドン]
大井町に出来る劇団四季、夏劇場のこけら落とし公演は… 美女と野獣です。 ディズニーの名作ミュージカルですね。 東京公演は15年ぶりとの事。浅利さんも15年と言うのには驚いたそうです。 当然の事ながら、ロングランを目指し、一年は行くでしょうと言ってました。 今回の登壇者は、代表の浅利さん、ビースト役(野獣の王子様)の佐野正幸さん、ベル役(王子様と恋に落ちる美女)坂本里咲さん。 佐野さん、坂本さんともに今の京都公演の美女と野獣にも出ています。 今回のこけら落とし公演は、華々しいものを選んだ... [続きを読む]

受信: 2010年2月16日 (火) 午前 07時45分

» 四季劇場『夏』こけら落し公演『美女と野獣』東京公演 製作発表会見 [羅針盤のない船]
ここは帝国ホテル孔雀西の間。 2010年2月15日降りしきる雨の中、マスコミ関係者、ブログサポーター、その他関係者を集めて会見が行われました。 [続きを読む]

受信: 2010年2月16日 (火) 午後 11時21分

» 四季新劇場『夏』@大井町の! [大波小波]
こけら落とし演目は『美女と野獣』! 会見会場@帝国ホテルからお届けします! 詳細 [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 午後 12時22分

» 劇団四季スマートチケット [演劇ニュース]
劇団四季は、チケットレスサービス「スマートチケット」システムの開始を発表しました... [続きを読む]

受信: 2010年11月25日 (木) 午後 02時34分

« 『父が子に語る近現代史』 by 小島 毅 | トップページ | 訃報2件 »