« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』 by 演劇集団キャラメルボックス

演劇集団キャラメルボックスの新作を観てきた。

キャラメルボックスの芝居を観るのは、久しぶり。
この前観たのは「クロノス・シリーズ」で、2008年2月のこと。
ちなみに、
来年早春には、この「クロノス・シリーズ」の新作が掛かるらしい。

閑話休題

2009年クリスマスツアーのタイトルは、
『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』
「イヤーズ」は"Years"ではなくて"Ears"、
つまり『天使の耳の物語』というわけ。

1961年生まれの中年男性が主人公。
48歳になった彼は、いままで、すべてが順調だと信じていた。
ところが、ふとした出来事から、彼は息子の嘘を知ってしまう。
更に、その時のイザコザで頭を強打したことから、
ひとの「心の声」が聴こえるようになってしまう。

1年半ぶりにキャラメルボックスの舞台をみたくせに、
こんなことを言うのはおこがましいけれど、
「久しぶりに、キャラメルボックスらしい作品を観た」と感じた。
みかん星人にとって「キャラメルボックス」の根幹は、
けっして「子どもの頃の傷を大人になって解消する話」などではなく、
大人の視線で描かれた、大人同士の純愛物語にあると思うし、
その原動力は「守りたいものを必死で守る」という決心にあると思う。

そういう意味で、今回の舞台は、
まさに「キャラメルボックスらしさ満載の舞台」と言えるだろう。
サスペンスも交えて、最後までワクワクしながら観る事ができる。

できる、、ハズだ、、、
もし、この不思議で魅力的な演出に混乱しなければ、だけれど(笑)

実のところ、この作品は、物語よりも、その演出に魅力がある。
ここ数年の間に観た舞台芸術の中でも、
『プレイ・ウイズアウト・ワーズ』に並ぶ演出の面白さだ。

既にチケットを手にしているキャラメルボックス・ファン、
あるいは、劇場で初めてこの演出に戸惑ってみたいという人は、
「続き」を読まずに、もちろん他の情報も読まずに、劇場へどうぞ。

続きを読む "『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』 by 演劇集団キャラメルボックス"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年11月27日 (金)

『キャピタリズム マネーは踊る』

マイケルムーア監督の新作を観てきた。
「キャピタリズム」というのは「資本主義」のこと。
「マネーは踊る」というのは、「会議は踊る、されど進まず」の引用か。

そう、今度の標的は「資本主義」。

アメリカの銃問題、ブッシュ政権への疑問、
そしてアメリカの医療保険制度を取り上げてきた監督だけど、
今回は、自由社会の象徴を標的に選んだ。

今に始まった事ではないが、この「100年に一度の不況」という状況の中、
「資本の横暴」が益々苛烈になっているのは、よく耳にする。
けれどそれは、銃や、不明な政治家や、未整備の医療制度への糾弾とは違う。
なにしろ、長いこと、資本主義は自由の象徴だと思われている制度なのだから。

そう思って観るからなのかもしれないが、、
この『キャピタリズム』での監督の弁証法は今までと微妙に違う気がした。
今までの作品にあった「論陣を張る」という感じではなく、
一つ一つの反証を挙げながら、「資本主義」という論に反駁している感じ。

ところで、そもそも、「資本主義」とはなんだったっけ?(笑)

続きを読む "『キャピタリズム マネーは踊る』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

今日の、福井晶一くん、、、電話番号言ってます。

ああ、、、やはり、この為に、土曜の夜に戻ったのね。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、電話番号言ってます。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

米倉利紀 "sensitive sources" tour @ 五反田ゆうぽうとホール

ホールでの音楽ライブも久しぶりだったけど、
米倉利紀君のライブは、きっと、たぶん、10年ぶりだ。

2年ぶりに出た新しいアルバムのツアーで、
この日の「五反田ゆうぽうとホール」は追加公演。
DVD素材の収録もしていたので、ファンの方はお楽しみに(笑)

ミュージシャンというのは、たぶん【個性】が命だったりすると思うし、
聞き手を、その【個性】で魅了して、摑まえてしまえば、勝ちだ。
米倉君の【個性】は、あたりまえだけれど、その声にある。
まるで、ウッドベースで高音を演奏するような彼の声は、
たとえその曲が初めて聴くものであっても、心地良い。

実際、みかん星人は、1999年に出た『flava』以降の彼を聴いてない。
けれど、今日のライブを終始楽しく、心地よく、満たされた思いで享受した。
10年ほど前に、赤坂BLITZや、厚生年金会館のライブにあったような、
綺麗なダンサーを従えての魅力的なステップなどといった演出は無くても、
ギター、ベース、ドラムス、キーボードに男声コーラス2本という、
実に男臭いステージには、米倉君の声が咲かせる色とりどりの華が満開だった。

続きを読む "米倉利紀 "sensitive sources" tour @ 五反田ゆうぽうとホール"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

『Fresh Musical Concert』 @ 音の箱

過日紹介した『Fresh Musical Concert』に行ってきた。

会場は100人ほど入れば満席の場所。
「楽屋」というのが無いらしく、
会場に入ると、出演予定の「歌い手」達が客席を渡り歩いてたりした(笑)
特にMCの沢木さんは、すでに客を温めていたりする。

とても自由な雰囲気が心地よく、
「ワンドリンク」で選択した白ワインを持って、一番奥の席に向かう。

MCの沢木さんが、
「では、そろそろご覚悟を」と宣して、定刻どおり開始。
MCの沢木さんは「今日、私は歌いませんよ」と言いつつも、
最初の曲、ACLの『ワン』の冒頭の「ワン!」を歌い出す(笑)

続いて、MCの沢木さんによる出演者の紹介。

先ずは、ここ2年ほど舞台で歌を唄っていない吉原光夫くん。
このコンサートには、MCの沢木さんが無理やり引き出したとの事。
「いつかは、バルジャン、ジャベール、そして杉原千畝を演じて欲しい」
と、MCらしい沢木さん。

続いての紹介は、飯野めぐみさん。
50年来の友人・飯野おさみさんのお嬢さんだそうで、いちおモトシキ。
その後は、
最近改名された、和泉沢旭くんこと、森山純くん。
現在国立音大に通っている、最も将来を嘱望されている花田雄一郎くん。
このイベントのプロデューサー鈴木聡くんは、なんとMCの沢木さんのご家族。
そして、我らが瀧澤行則くん。
先日まで、MCの沢木さんの舞台を手伝っていたそうで、丁寧にいぢられてた。
それから、鎌倉市のコンクールで一位を受賞した本多加奈さん。
最後に英語が上手な伊藤丈雄くんが紹介されて、、、始まって15分経過(笑)

さて、いよいよ本番。
「歌いませんよ」と言ったMCの沢木さんの紹介で、
プロデューサー聡君がシャンソンの名曲『幸せを売る男』を唄う。
メリハリのある唄い方で、シャンソン特有の弾ける「幸せ感」が素晴らしい。
と、そんな楽しい歌にガマンできず、やっぱりMCの沢木さんが乱入。
思わぬ親子デュエットとなった。
しかし、最初から想像していたけれど、MCの沢木さん、黙ってられないよね。

と、いうわけで、続きは、
MCの沢木さんとその後輩達の楽しいコンサートの様子を。。。

続きを読む "『Fresh Musical Concert』 @ 音の箱"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

『ヘンリー六世』 @ 新国立劇場

今年は「長丁場」な演劇が流行なのかしら?

今回は、休憩込みで9時間25分という舞台を観に行ってしまった。
ま、観たのは「第一部」だけ、なのですけどね(笑)

Poster

シェークスピア原作の『ヘンリー六世』という戯曲は、
時代背景が15世紀、百年戦争のトンネルを抜けようとしていた英仏が舞台。
1422年に、父である先王・ヘンリー五世が逝去したのが物語の始まりで、
時まさに、
聖なる乙女・ジャンヌダルクにより、フランスが解放されつつあったそんな頃。

Map

第一部で描かれるのは、
「百年戦争」に終止符が打たれ、
やがて「ばら戦争」と呼ばれる貴族の内乱の予兆まで。
実は、以前にも書いたけれど、
みかん星人にはジャンヌダルクが関心の的なので、
この『ヘンリー六世』も、第一部だけで充分という次第。

その、聖なる乙女・ジャンヌを演じたのは、
紆余曲折あって、舞台俳優として見事に開花したソニンちゃん。
『ミス・サイゴン』のキムでの鬼気迫る演技は話題となっていた。

で、彼女がみせるジャンヌは、これが実に凄かった。

いままでも、さまざまな「ジャンヌダルク」が描かれている。
劇団四季のレパートリーでもある『ひぱり』や、オペラにもあるし、
イングリットバーグマンを迎えての『ジャンヌ・ダーク』というのもある。
最近、でもないか、リュックベッソン監督の『ジャンヌ・ダルク』では、
ミラジョヴォヴィッチが見事に、英語で、複雑なジャンヌを演じていた。

そんな中でも、ソニンちゃんのジャンヌは、まさに狂気!
ジョヴォヴィッチのジャンヌも、相当に切れていると思ったけど、
ソニン・ジャンヌは、
神に選ばれた歓びの、恐れと、誇りと、驕りを見事に渡り歩く。
また、ジャンヌ独特の白金の甲冑の再現も見事で、
細く長い剣を見事に振り回しながらの、舞うような殺陣もお見事。

そもそも、
シェークスピアが描く、つまり「イギリス側」から描かれたジャンヌは、
「魔女」の典型であり、向かう所敵無しの悪魔なのだけれど、
ソニン・ジャンヌは、やや金属的な高い声で、その要素までも獲得していた。

ただ、イギリス側から描かれている物語なので、
ジャンヌの王、フランス王・シャルル7世が、妙にゆるい。
もちろん、演じる木下浩之氏の軽妙洒脱な芝居が楽しいところなのだが、
笑って好いのか、悲劇と捉えて好いのか、微妙な感じだ。

さて、いちおう、イギリス側の事も。。。

続きを読む "『ヘンリー六世』 @ 新国立劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

週末の、瀧澤行則くん、、、熱きコンサートへ!

『アスペクツ・オブ・ラブ』のペアダンス・セミナーのときに、
目の前で軽快なステップを披露&レクチャーしてくれて、
また、
むかしむかしゾウがきた』では、台詞の多い役をこなしていた、
みかん星人の【ダンスの兄貴】こと、瀧澤行則さんが、
この週末、東京は目黒でコンサートのステージに登場です。

続きを読む "週末の、瀧澤行則くん、、、熱きコンサートへ!"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』製作発表会

劇団四季の、新作製作発表会に行ってきました。

新しい作品は、あの『サウンド・オブ・ミュージック』。
「秋」劇場での上演で、開幕は来年2月下旬を予定しているとのこと。
料金は、
S席9,800円、A席?,000円、B席6,000円、C席3,000円と、従来どおり。
この作品らしく【ファミリーゾーン】の設定もあり、
3歳以上小学校6年生以下の子どもは、S席5,000円、A席4,000円だそうです。

チケットは2009年12月26日から一般発売。会員は12月19日から。

とりあえず、プロモーションビデオは、こちら。。。

発表会場でも上映されたこのビデオは、ロンドン公演のもの。
次々と流れる「よく知る名曲」と、「あの場面!」を連想させる映像の連続で、
 (特に、カンテラをもった修道女の姿など・・・)
これを観ているだけで胸が熱くなり、さすがは名作だと実感してしまった。

ミュージカル・プレイの歴史の中で燦然と輝く『サウンド・オブ・ミュージック』は、
まさに「聖☆おにいさんコンビ」とも言うべきロジャース&ハマースタインの最後の作品。
1959年にブロードウェイで開幕し、トニー賞の7部門にノミネートされ、
【作品賞】や【主演女優賞・メアリー マーティン】をはじめ5部門で受賞。
1965年に公開された映画は、
前年に『メリー・ポピンズ』でオスカーを手にした、アメリカの至宝、
「ジュリー アンドリュース」の主演を得て大ヒットし、
10部門でのノミネートと、【作品賞】をはじめとする5部門のオスカーを獲得。
数年前にデジタルリマスターされたのを久しぶりにスクリーンで見ましたが、
もう、『ドレミの歌』辺りから泣きっぱなしだったっけ(笑)

実は、いまこの記事を書きながら、
今日の記者会見で資料として頂いたサウンドトラックを聴いているのだけど、
やっぱり『ドレミの歌』では、うるうるしてしまう。。。
『55』の時には少しも感動できなかったのになぁ(爆)
そうそう、この『ドレミの歌』の日本語歌詞問題は、見どころの一つ(笑)
有名な「ドーはドーナツのド」という歌詞は、ペギー葉山さんの訳詩で、
彼女が立つ舞台でしか、あの歌詞が使えないのは有名な話。
記者会見でもその件に触れていましたが、興味のあるところ。

さて、本当の最大の見どころは(笑)
今回、劇団四季が上演する『サウンド・オブ・ミュージック』が、
「サー アンドリュー ロイド ウェバー」のプロデュース版だという事。
2006年にロンドンで開幕したALW版は、
そのキャストの選考過程からして耳目を集めていましたが、
ともかく、彼がどんな才能を発揮しているのか、大変に楽しみだ。

そして、この日本での上演では、さらに楽しみな事がある。

続きを読む "ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』製作発表会"

| | コメント (16) | トラックバック (4)

2009年11月 8日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、ハッピー・バースデー!

と、言うわけで、今年の今日は、千穐楽の舞台に立っていた福井くん。

立っていたのは、もちろん、この舞台。

Wss

誕生日なので、もちろん、プレゼント。

Present1

中身は。。。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、ハッピー・バースデー!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

俺に、もっといい考えが、ある!

さて、ようやく本物のラダメスが登場した『アイーダ』の東京公演。
改めて『アイーダ』の魅力の一端を少しずつ書いてみましょう。

当然、内容に踏み込みますので、ご注意召され・・・

『アイーダ』の舞台は今から3000年前の古代エジプト。
我らがラダメス将軍のモデルといわれる「ラムセス2世」が統治した頃の寓話。
ラムセス2世は実際にパレスチナとヌビアに遠征している大王さまだ。

当時の古代エジプトは、まさに爛熟の頃で、
とてもモダンなデザインが流行していたにちがいない。
その典型が、船の中でラダメス将軍が座る、この椅子。

Chair1_2

実に流麗で、まるで今日のデザインのよう。。。

続きを読む "俺に、もっといい考えが、ある!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »