« このミルキーも、ママの味? | トップページ | 『レ・ミゼラブル』 @ 帝国劇場 »

2009年10月11日 (日)

『ドリーミンク』 @ 四季劇場 秋

福井晶一くんが、劇団四季の俳優としてデビューしたのが、
この『ドリーミング』という作品だった、らしい。

Dreaming

もともとは『青い鳥』というミュージカルだったそうで、
要するに、メーテルリンクの『青い鳥』が原作のミュージカル。
物語は解っているし、劇団四季らしい創りなのも解っているので、
「福井くんのデビュー作品を観てみたい」という純粋な気持ちと、
俳優の演技を堪能したいという、尋常ならざる観劇態度となりました。

まずは、『春のめざめ』のメンバーに注目。

テーア役で、とてもチャーミングだった岸本さんが、主役の一人・ミチルとして登場。
これがもう、テーアの幼い日を彷彿させる可愛さ。
途中で「くるくる」と回り出すと、「あー、その様子・・・」と、ときめいてしまう。

『春のめざめ』での大きな収穫だと思う白瀬くんが、パンの役で登場。
しばしば、慇懃で大袈裟な台詞を言うのだけれど、
彼独特の声の響きが実にハマっていて耳に残る。

そして、今日最大の感動は、ベンドラを演じていた林さん!
彼女は猫のチレット役だったけど、これがもう、実に素晴らしい。

まず、素晴らしくキレの良いダンスに驚かされる。
そもそもは「ヤング・ナラ」だった彼女だから、ダンスも可、とは思っていたけれど、
このチレットでみせたダンスは、ダンサー達と比べても一歩抜け出ていた感がある。
感情豊かだし、動きがキュートだし、
なにより、軽々と動き回りながらも、彼女らしい清々しい歌声は揺るがないので、
チレットが出てきて動き回ってくれると、目が離せなくなる。

たぶん、彼女なら、直ぐにでも『キャッツ』に出られるだろう。
しかも、歌声が素晴らしいので、ディミータでも、ボンバルリーナでも、
もしかしたら、グリドルボーンだってOKだろう。
が、たぶん、出るとしたらシラバブだろうなぁ。
「横浜開幕キャストのシラバブは、林香純か、否か」
という賭けがあったら、5対1でも掛けに乗りたい<意味不明

また、チレットのデザインをみて、林さんの歌声を聞いていると、
「若き日のグリザベラって、こんなだったのかも」と真剣に思ってしまった。

『春のめざめ』のメンバーからは、
今日のアンサンブルに、加藤オットー、伊藤エルンストが登場。
ほかにも、チレットに谷口あかりさんと、アンサンブルに玉井オットーが載っている。

さて、グリンダ様だった沼尾さんも、相変わらず不思議な魅力を振りまいていた。
彼女独特の高域のフェイクがなんとも可愛いし、
真綿で首を締める感のある、婉曲な命令口調も、「光」の役に似合っていた。
ただ、これは物語の問題だけれど、
チルチル・ミチルの兄妹との関係が上手に積み重ならず、
最後の「涙の別れ」が空々しくなっていたのが残念。

もっとも、それほど物語に魅力があるわけではないので、
 (原作が持っている魅力を舞台が内包していない、という意味)
やはり、俳優の品評会的な舞台になっていると思う。
唯一、衣装が素晴らしいと思った程度かな。

ところで、秋劇場の2階で、『キャッツ』の宣伝が行われていた。。。。

と、いうわけで、
『ドリーミング』そっちのけで、写真撮影大会となりました。

Cats1

武闘会に参加!

Cats2

ネーミングのデュエット!

Cats3

そして、集いに合体!

まったく、、、なにしに行ったんだか。。。

あ、劇場のエントランスは、こうでした。

Vs

ぼくは、リーダーとして『キャッツ』の支援。
おいらは、アイーダを探しているから『アイーダ』応援だ。。。と、いう感じかなsmile

|

« このミルキーも、ママの味? | トップページ | 『レ・ミゼラブル』 @ 帝国劇場 »

コメント

いつも素敵なお写真ですね
や~、一枚目なんか最高!!です
でも、いったい、いつ、どうやって撮ってるんだろう?
ほかの人の影もないし、夜中に忍び込んでるのかも?

いつか彼らに劇場でお会いしたいものです

投稿: まほちち | 2009年10月12日 (月) 午後 07時29分

うわわわわ!みかん星人さま!ステキすぎます!

ドリーミング感想UPもまってましただったのに・・・続きが最高です!

そのパネル展示なら・・・確かにテンションあがりますね。

春メンバーがいい仕事してるみたいですね。
ほんと今後に期待です。

ああ・・・『春のめざめ』もう一回みたいな~・・・

投稿: ハイタカ | 2009年10月12日 (月) 午後 09時20分

まほちちさん、コメントありがとう。

そーなんですよ。。。夜中に忍びこんで、
小人達に手伝ってもらいながら靴を直している、、、じゃない、
写真を撮っているんですdelicious

見かけたら、ご遠慮なく声を掛けてくださいね。

投稿: みかん星人 | 2009年10月13日 (火) 午後 11時13分

ハイタカさん、コメントありがとう。

やはり『キャッツ』は、物語ではなく、ビジュアルを楽しむ作品ですねbleah


『春のめざめ』のメンバーは、やっぱり凄い俳優ですよ。
この作品に関しては、年末に総括できるかと思いますが、
まさに、この劇団にとっての「めざめ」そのものなのだと思います。

投稿: みかん星人 | 2009年10月13日 (火) 午後 11時16分

こんにちは。同日、「秋」劇場におりました、私も。
この作品は作曲家も多彩で、もう一度じっくり聴きたくなりました。
あの、戦争のシーン、福井さんに似合っただろうなあなんて妄想してしまいました。
2階ロビーのマンカスを見て「この人、ラダメスもしてるんだよ~骨太な感じの」と連れに説明する人がいて、思わず笑ってしまいました。

投稿: ぽんこ1号 | 2009年10月15日 (木) 午前 06時44分

ぽんこ1号さん、コメントありがとう。
TB失礼します。

曲のバラエティーが、面白いような、不思議なような。。。
私は、2幕のイルカさんの曲が心に残りましたね。

骨太なラダメスかぁ。。。太腿、太いですよね>福井くん

投稿: みかん星人 | 2009年10月15日 (木) 午後 04時03分

TBとコメントありがとうございました。
このブログのトップページにアクセスすると、読み込むのが大変そうなのです(パソコンちゃんが)。なので、なかなか見に来られなかったので、今日はちょこちょこ見せて貰いますね♪

前書き長かった。
「ドリーミング」そうですね、見るものは俳優さんですね。
初演の時は犬が市村正親さんで、猫が保坂知寿さんでした。火が山口祐一郎さんでした。飯野おさみさんも犬役。
再演の時(再々演かも)は犬が石丸幹二さんでした。

舞台も観るタイミングがありますよね。俳優さんの旬もあるし、自分の年齢とかもあるし。

投稿: Nobody | 2009年10月16日 (金) 午後 08時39分

Nobodyさん、コメントありがとう。

初演メンバーって、そんな方々だったのですかぁ。
なるほど、、、今のキャストの将来が楽しみだぁ。

演劇は、本当に一期一会で、
特に、観る自分の状況が、鑑賞体験に与える影響は多大ですね。
この「青い鳥」だって、子どもの頃に観ていたら、、、と思うと、ちょっと悔しかったりね。

ここは、写真が、近頃特に、多いブログなので、重いですねー(笑)
ちょっと設定を変えてみましたので、また遊びに来てください。

投稿: みかん星人 | 2009年10月17日 (土) 午前 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/46459877

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドリーミンク』 @ 四季劇場 秋:

» 観劇レポ;2009年10月18日(日)『ドリーミング』 本物の青い鳥は一体どこにいるのか [今週もやっぱり禁断症状]
(携帯用タイトル)観劇レポ;2009年10月18日(日)『ドリーミング』 本物の青い鳥は一体どこにいるのか『ドリーミング』 10月18日の出演者  四季劇場[秋]チルチル  大徳朋子ミチル  岸本美香犬のチロー  田中彰孝猫のチレット  林香純パン  白瀬英典火  本城裕二水  柏谷巴絵牛乳  市村涼子砂糖  塩地仁光/隣の娘  沼尾みゆきベリリューヌ/ベランゴー  光川愛母親チル/夜の女王/母の愛  白木美貴子父親チル  田代隆秀祖母  斉藤昭子祖父/カシの大王/時の老人  田島亨祐【男性アンサン... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 午後 10時32分

« このミルキーも、ママの味? | トップページ | 『レ・ミゼラブル』 @ 帝国劇場 »