« 『TURTLE TALK』 @ 東京ディズニーシー | トップページ | このミルキーも、ママの味? »

2009年10月 4日 (日)

『ディズニー・ハロウィーン』 @ 東京ディズニーシー

Gate

『東京ディズニーシー』が初めて迎えた「ハロウィーン」に行ってみた。

そもそも「ハロウィーン」ってなんだろ?
日本人にはあまりピンと来ないハズなんだけど、
最近は、街中でも、カボチャのお化けや、オレンジのディスプレイを見かける。

Pumpkin
マンカスが、何気に攻撃しているけど、これは硬い。

大雑把に言うと、どうやら日本の「お盆(盂蘭盆会)」に近いらしい。
そもそもは、ケルト民族の大晦日であり、その年の収穫に感謝したようだ。
また、祖先を偲んでお墓参りをすることもあり、
霊達が家族を訪問するなんて話もあったりしたようだ。

ハロウィーンの夜に、怪物に仮装するというのも、
「街に溢れる亡霊達に見つからないよう、彼らと同じ恰好をする」
というところから来ているらしい。

さて、
夜のパークに入ると、まず、冒頭の写真のディスプレイに迎えられる。
そして、ミラコスタの下を潜り抜けると、

Decoration

こんな、デコレーションケーキのようなオブジェがある。
『ブラビッシーモ』の時や、花火のあとにはしばらく消灯していた。

我らがベア君達のアルバムも公開してあるので見てもらいたい。
そこにも書いたのだけれど、
今回の『東京ディズニーシー』の「ディズニー・ハロウィーン」は、
パーク全体がハロウィーンになっているのではなく、
こうしてパークに入って直ぐの「メディテレニアンハーバー」と、
そこから左へ進んだ「アメリカンウォーターフロント」だけが染まっている。
 (パーク内のショップやレストランでは、どこでも、それなりにやってはいるが)

恒例の、パーク全体のイベントを象徴するディプレイが置かれるのが、
『SSコロンビア号』前の、スクリューがある広場。
クリスマス期間なら、ここに大きなツリーが飾られるところだけど、今は、こんな感じ。

Lump

ちょっと、アジアなテイストがあるのが、不思議。
その横には、ビアカクテルの屋台なんかも出ていて、看板がこれ。

Festival

もう閉店していて飲めなかったのが残念だった。

このシーで初めてのハロウィーンで、
ミステリアス・マスカレード』というショーが行われている。
鑑賞券が必要で、なんと、その抽選の行列が1時間待ちだったりするらしい。

で、この日の最終回、20時のショーの鑑賞券に当選した!

Ticket

久しぶりに帽子を被って、観劇スタイルで会場へ!
 (以下、ショーの内容に踏み込みますぞ)

ところが、1時間前ぐらいから雨が降り始めて、ショーは中止crying

翌日、開園と同時に入って再度挑戦したが、今度は落選weep
仕方なく、エリア外から眺める事にした。

さて、その内容だけれど。。。

今年の2月に観た『ミッキーのドリームカンパニー』の時に、
「今のディズニーが発信するメッセージは、昔と少し違う」と感じたのだけど、
今回の『ミステリアス・マスカレード』も、ちょっと面白い、というか、大人だ。

先にも書いたように、ハロウィーンというのは、
年に一度「亡霊達が自由に過ごせる夜」という事になるのだけど、
今回のショーは、それを「せっかくの一夜だから」というスタンスで展開している。

亡霊達にも、踊る権利がある、、、という感じか(笑)

最高に可笑しかったのは、
ショーの中に、オペラ版『アイーダ』が入っていた事。
あの『凱旋行進曲』が高らかに響き渡る場面があるのだ。
今年は『アイーダ』の当たり年なのかしら?
劇団四季の『アイーダ』は、そもそもディズニーの作品だから、
その支援という意味も、、、ないか(笑)

いや。。。実は、パークの中には、ハロウィーンに混じって、
意外と劇団四季の演目に通じるディスプレイがあったりした。

Mask

劇場の楽屋にあるような化粧台に置かれたマスク、そして魔女のイメージ。

魔女のイメージには、こんなキャプションもある。

Witch

「で。。。あなたは、良い魔女?悪い魔女?」

Elfy

なんだか、ライバル演目を思い起こさせる。

更に驚いた事に!
いま、シーで昼間行われるショーに『マウスカレード・ダンス』というのがあって、
これがまた、なんとも楽しいグリーティング・ショーなのだけれど、
この中で、マスクで有名なあのミュージカルの、あの旋律が登場している。
 (まったく、ALWはどれだけ儲ければ気が済むのやら・・・羨ましい)

『ミステリアス・マスカレード』は鑑賞券に当たらないと観られないけれど、
『マウスカレード・ダンス』は、がんばって位置を確保すれば楽しめるぞ。
 (実は、『ビックバンドビート』も抽選になってしまう、、、別に記事を書くけど)

ともかく、いまの東京ディズニーシは、
ミュージカルな感じが好きな人には、なかなか楽しい場所になっていますぞ。

|

« 『TURTLE TALK』 @ 東京ディズニーシー | トップページ | このミルキーも、ママの味? »

コメント

こんど連れてってください。コースはお任せします。

投稿: ハイタカ | 2009年10月12日 (月) 午後 10時57分

ハイタカさん、ツアーを組んできてください。
旗を持って、引率いたします(笑)

投稿: みかん星人 | 2009年10月13日 (火) 午後 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/46404369

この記事へのトラックバック一覧です: 『ディズニー・ハロウィーン』 @ 東京ディズニーシー:

« 『TURTLE TALK』 @ 東京ディズニーシー | トップページ | このミルキーも、ママの味? »