« 『リトル・ウイング』 by 劇団ひまわり | トップページ | 『アイーダ』 by ミラノ・スカラ座 »

2009年9月 1日 (火)

『だいだいいろの童話集』アンドルー・ラング世界童話集第10巻


だいだいいろの童話集

  • 西村醇子_::_西村醇子_::_アンドルー・ラング
  • 東京創元社
  • 1995円

Amazonで購入
書評

だいだいいろ」というのが、この本を選んだ理由。

アンドルー ラング」の編纂による「世界童話集」は12巻あるそうだ。
「色別の童話集」とも呼ばれるその12巻の色名は、
青、赤、緑、黄、桃、灰、菫、深紅、茶、橙、薄緑、薄紫の12色。
「だいだい色の童話集」を読んだ限りでは、
色と収録されている物語は無関係のようだ。

それでも、さすがに10巻目ともなると、近場の童話では足りなくなってて、
最初の物語はアフリカの童話。
これがまた、なにやらマルケスの原点のような不思議なお話。
日本にも似たようなのがあった気がするが、
「立派な男の子が、各地の猛者を従えて旅をする。
 けれど、やがて、対等の存在と出会い、雌雄を決して天に召される」
という話。
寓意を感じない、純粋な「お話」という感じだ。

もちろん、寓意の多い物語もたくさんある。
そして、その寓意に込められた価値観が、地域や民族を越えて、
意外にも共通しているのも面白い。

たぶん原書にあったのであろう「挿絵」も多く収録されている。

「既に『物語』は語りつくされた。後はバリエーションの時代だ」
という意見を見聞きしますし、私もそんな気がしています。
ただ、だからこそ、『物語』の原点を多く知る事が面白いのだと思うし、
それには、こういった「世界の童話」を読む事が必要になると感じている。

多くのバリエーションを楽しみたいのなら、いつか読んでおきたい全集だと思った。

【書評リンク】

茉莉さん
四季さん

|

« 『リトル・ウイング』 by 劇団ひまわり | トップページ | 『アイーダ』 by ミラノ・スカラ座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/45645122

この記事へのトラックバック一覧です: 『だいだいいろの童話集』アンドルー・ラング世界童話集第10巻:

« 『リトル・ウイング』 by 劇団ひまわり | トップページ | 『アイーダ』 by ミラノ・スカラ座 »