« 今なら、桃のパフェだ! | トップページ | 『かっこちゃん 1―「心を育てる」感動コミック VOL.4』 »

2009年9月11日 (金)

『「家系図」を作って先祖を1000年たどる技術』


「家系図」を作って先祖を1000年たどる技術

  • 丸山学
  • 同文館出版
  • 1523円

Amazonで購入
書評

「映画『BALLAD』で500年前の生活がでていたけど、
 この国に、本当にあんな時代があったかと思うと、不思議な気がしたよ」

「武士なんて、生き残るのが大変そうだった。
 そういえば、知ってる?ぼくのご先祖さま、あの時代にさ」

「なになに、偉い人だったの?」
「いやいや。ぼくのご先祖も、あの時代に居たんだぜ」
「へぇ!すっげー」
「あはは、お前のご先祖さまだって、ちゃんと生きてたんだぞ」

そう、いまこの地球にいる総ての人の「ご先祖さま」は、
500年前だろうが、1000年前だろうが、必ずこの地球のどこかで生きていた。
忘れがちだけれど、これは間違いのない事実なのだ。

みかん星人にも、四代遡ると8人の先祖がいる。
この8人の先祖は江戸の末期から明治の初めに生まれた人達だ。
父の母の父は安政四年・1857年の生まれだし、
父の父の父は慶応弐年・1866年の生まれだ。

父の父の父・善兵衛は、厄年に亡くなってしまうのだけど、
父の父・精一郎は、明治36年の生まれで、
とても幼い時、というか物心ついてない頃に、その家督を相続する。
それはさておき、
善兵衛は、富山から東京へ何度も出掛けて行ったそうだ。
東京では板前の修業をしたり、創設されて間もない「講道館」に通ったりと、
なかなか楽しい人生だったようだ。

そして、善兵衛は、乾板写真まで撮っている。。。その写真が、これだ。

Root

髪型からも分かる通り、明治時代に撮られた写真だろう。
みかん星人と違って、小顔なのが面白い。

と、まあこのように、先祖というのは、調べてみるとなかなか面白いし、
四代ぐらい前なら、つまり明治時代に書かれた戸籍までなら、
けっこう簡単に取得できるし、意外な発見もあったりする。
 (父の母の母の戸籍の【母】の欄には【不明】と記されてたりthink

そこで、この長いタイトルの本の出番である。
まずその明治時代の戸籍を取得する方法が書いてある。
これは、実は、私の仕事では時折行う事で、
目新しさは無いものの、丁寧に書いてあることが良くわかった。

この本のポイントは、更に過去の先祖をたどる方法にある。
キリシタン取締が由来となって作成された『宗門人別帳』という資料や、
その宗門、つまり寺による管理によって書き記されてきた『過去帳』。
また各藩の職員名簿であった『分限帳』といった、
過去を遡る資料を見つける方法と、読み解く術が出てくる。

他にも、現地調査に必要な道具の解説もあって、
さすがにサイトで先祖探しを請けているプロが書いた本だと関心した。

ただ、これはこの本とは直接関係ない事なのだけれど、
読んでいて感じたのは、先祖をたどる場合、
父系をたどってゆくのが主眼であり、比較的簡単であるけれど、
母系をたどってゆくのは難しい作業なのではないか?という事。

ともかく、自分の先祖をたどる作業は、いろんな事に出会うけれど、
調べる中に「私はなぜ存在するのか」の答えの一つにたどり着くと思う。
時間を見つけて、この本を頼りに、挑戦する価値はある。

【書評リンク】

風竜胆さん

コネタマ参加中: あなたのおじいちゃん・おばあちゃん自慢、聞かせて!

|

« 今なら、桃のパフェだ! | トップページ | 『かっこちゃん 1―「心を育てる」感動コミック VOL.4』 »

コメント

わー!!!
みかん星人さんのご先祖様ですかっ
こんなに綺麗な写真が残っているのですね。。。
・・・坂本竜馬みたい(笑)
すごいっ

投稿: るい | 2009年9月11日 (金) 午後 08時57分

こんばんは
明治時代の写真とは、これはもう一種のお宝ですね。
ルーツ探し、やってみれば楽しいかもしれませんね。もっとも、今の自分の状況では、めんどくささの方が先に立ってしまいますが(笑)
こちらからもTBお送りしましたのでよろしくお願いします。

投稿: 風竜胆 | 2009年9月11日 (金) 午後 10時13分

わ~!!すごい!みかん星人様とどことなく似ていますね~

投稿: ハイタカ | 2009年9月12日 (土) 午前 10時38分

るいさん、コメントありがとう。

はい、、、ひいじいさん、です。

坂本竜馬の乾板写真、つまりガラスに写っている写真ですね、も観た事がありますが、なんか、被写体の勢いが違います(笑)

それでもね、このガラスの向こう側に立っていたかと思うと、
なんとも愛しいガラス板であるものです。

投稿: みかん星人 | 2009年9月12日 (土) 午後 08時30分

風竜胆さん、コメントありがとうございます。
TBもありがとう。

まさに「家宝」だと思います。
でも、意外と、どの家にも残っているのかもしれませんよ。
(まあ、災害やら戦争などがありましたけれどね。。。)

ルーツ探し、確かにおっくうですね。
役所ってのは、あまり親切というイメージはありませんし。
ただ、機会を逃すと、古い書類は処分されてしまうので、
時間をみつけて挑戦してみましょう(笑)

投稿: みかん星人 | 2009年9月12日 (土) 午後 08時35分

ハイタカさん、コメントありがとう。

似てますか、、、ねぇ。
猪首なのは、そっくりかもしれません(笑)

投稿: みかん星人 | 2009年9月12日 (土) 午後 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/46132133

この記事へのトラックバック一覧です: 『「家系図」を作って先祖を1000年たどる技術』:

» 「家系図」を作って先祖を1000年たどる技術 [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
 昔「ルーツ」というテレビドラマが話題になったことがある。アメリカの黒歴史とも言える奴隷制度を真っ向から捉えたこの作品は、大きな反響を呼び、「ルーツ」という言葉も流行語になった。このドラマの影響で、我が国でも自分のルーツを探すことが流行したことを記憶して....... [続きを読む]

受信: 2009年9月11日 (金) 午後 10時05分

« 今なら、桃のパフェだ! | トップページ | 『かっこちゃん 1―「心を育てる」感動コミック VOL.4』 »