« 『春のめざめ』 @ 自由劇場 初日 | トップページ | 幻の、キャッツ・クイズ! »

2009年5月 3日 (日)

『キャッツ』 @ キャッツ・シアター 千穐楽

Close

総てが終わってしまった。。。

最高に魅力的だったJG左へ通じる「A扉」も、
Adoor_4

握手席に通じていた「B扉」も、
Bdoor_2

あまり通らなかったこの扉だって、
Door

もう、二度と開く事は無いんだよな。。。

ありがとう、とても楽しかった場所、、、ぼく達が出会った場所よ。。。

End

と。。。彼らは、感慨深げ。
もらった「大入袋」を開けて思い出に浸っております。

Card

さて、その千穐楽・・・

僥倖のお陰で鑑賞できた千秋楽は、
ベテランが三役を固めていて、まさに「王道」という感のあるもの。
みかん星人としては、青山マキャの美しさと丁寧な仕事に感嘆。
意外に良かったのが劉スキンブルで、最後の「お徳感」だった。

思えば、この劇場でいろんな経験をした。
レベッカさまに出会ったのもこの劇場だったし、
永野ランパスにドキドキしたのもここだった。
一幕と二幕で違う役者が登場するなんて交替劇もあったし、
途中でタンブルくんが消えてしまうというハプニングも観た。

基本的に、『キャッツ』は、物語を楽しむというよりは、
役者の見本市というか、品評会というか、ともかく「役者」を観に行く場所だった。
同じ役を違う役者が演じる事で、まさに千変万化する楽しさ。
みかん星人にとって『キャッツ』はそういう作品だったのだ。
特にグリザベラと、マンカストラップの違いによる変化の大きさは、
劇団側が、どれほど「感動は脚本次第」と言っても聞こえないほどに、
「芝居の感動は、役者次第だ」と大声で言いたくなるものだ。

横浜に行ってしまうと、たぶん、私はほとんど観に行かなくなるだろう。

もちろん、あの人は、別だ(笑)
そうそう、今日のカーテンコールは、なかなかユニークで、
レーザービームで役名が表示されて、そしてキャストが出てきてポーズをする。
それを観ていた福井狂さんは、
「ああ、彼がコリコパットなのね」とのたもうた。
この劇場では1563回のパフォーマンスがあったとの事だけれど、
その一割以上のパフォーミングを観てきたにもかかわらず、
コリコとカーバの違いが分かってなかったようだ。。。驚愕である。

その福井狂さんからのレポートで、この記事を締めくくろう。

夕べみた夢・・・福井くんが電話口で、
“もう会うことはない”
とワラワに告げるの。
そんな夢をみたあとだったので、
ワラワのスカートの柄と似たような模様の入ったシャツを着た福井くんを見つけたときには、
飛び上がりたいくらいうれしかったよん。
同じ空間に、福井くんが居たというだけで、ワラワは満足です。

誠に幸福な人である。

|

« 『春のめざめ』 @ 自由劇場 初日 | トップページ | 幻の、キャッツ・クイズ! »

コメント

福井さんも観に来られてたんですね(って、そっちに食いつく)
こちらからみれば、関東圏一くくりですが、とはいえ、各々の距離がありますから、やはり、「東京公演」ひと区切りですね。
さあ、福井さん、そろそろトニーのご準備を!

投稿: hiro | 2009年5月 4日 (月) 午前 06時25分

みかん星人さま&福井狂さま

レポありがとうございます(笑)

ええ・・・かれがコリコです。すみません爆笑してしまいました。でも・・・そりゃあ観るところは一点ですから、他のことはどうでも・・・いや・・・

>役者の見本市

はいその通りです。
「オケピ」で三谷さんがいっていた通りメモリー以外・・・(笑)ですから。でもその役者の見本市が・・・になってきたのはさみしいな~とかおもいつつ

そうそう・・・塚下コリコに塚下ランパスに塚下タンブルに・・・魅了されたのもここ・・ああ、キレイだったな~本当に

李マンゴに優しく微笑みかけられたのもここ

福井さんに逃げられ続けたのもここ

芝マンカス&タガーに思いがけず会えたのもここ


レベッカ様に魅了されたのもここ・・
仙台猫をはるかにこえて五反田に通ったな~とか思い出しました。

横浜・・・中華街とあわせて遊びに行こう!!

投稿: ハイタカ | 2009年5月 4日 (月) 午後 03時40分

hiroさん、コメントありがとう。

福井くん、髪の色は準備万端整っておられましたよwink
やはり凱旋でしょうねー。

投稿: みかん星人 | 2009年5月 5日 (火) 午前 08時57分

ハイタカさん、コメントありがとう。
そして楽しい時間をありがとう。

なにしろ『メモリー』で寝ている人ですからね>福井狂
徹底してしますよ。

ああ、、、懐かしい猫をたどる記事も面白いかもしれません。
塚下コリコは動きが綺麗でした。
私は千葉ギルをもう一度観たかったなぁ。

投稿: みかん星人 | 2009年5月 5日 (火) 午前 09時02分

こんにちは。
終わってしまいましたねdownwardright

キャッツでは幸福な事に、沢山の俳優さんに出会える事が出来ました。(みかん星人さん程ではありませんけれどもね)

出演される俳優さんで、こんなにも違う?!と思わせる舞台も初めてでした。

皆さん個性があり素敵でしたが…。

note福井さんのダガーとマンカスは勿論の事、金グリザ、智恵ジェリロ、滝沢タント、坂田ヴィク、芝タガー、武藤マンゴ、涼太スキンブル、蔡ミスト、千葉ギル…他もう一度観たかったです。

言葉では語れない程の元気とPowerを貰いました。

次は横浜…。
東京より近くなるので通いつめそうで怖い(笑)
どんな猫に出会えるのか?今から楽しみです。

投稿: ひろ | 2009年5月 6日 (水) 午後 01時26分

ひろさん、コメントありがとう。

私の場合は、出会っても、かなり激しく忘れてしまうので、
たぶん、ひろさんの心に残る出会いよりも少ないと思います(笑)

そう、もう一度という意味では、服部さん、、、自然でしたね。

それから、蔡ミストと金グリザは、ここに何度も書きましたが、
間違いなく『キッャツ』のベストキャストでしたねー

そっか。。。
クイズじゃなくて、五反田ベストキャスト、という記事も、面白かったかなぁ。

横浜のレポート、今から楽しみにしています。
ぜひ、ブログを!

投稿: みかん星人 | 2009年5月 6日 (水) 午後 11時53分

出遅れてごめんなさい。
行かれたのですね~~当たり前ですよね。。
私は十三回。。御子ちゃまですね~~
千秋楽の香りだけでも嬉しいです。。
秋には横浜だそうですね。
この四月に主人が横浜に住み始めまして、もしかして歩いてキャッツを観に行ける!!!???
金グリザ一回しかお会いしてないですが、魅了されました。
好きなキャストで観てみたいですよね~~
でも、そんなことになったらどこ見ていいか分からなくなりそうです。
覗き見ばかりで、突然にごめんなさい!
また覗き見?楽しませて下さいね。

投稿: dona | 2009年5月 7日 (木) 午前 09時38分

donaさん、コメントありがとう。

いやいや!「当たり前」だなんて、とんでもない!!
千穐楽のチケットは、楽日がズレたお陰で、当選されたのに行けなくなった方から、
「レポート書いてね」条件で(笑)譲っていただいたのです。
本当にありがたいことです。

横浜のレポートは、では、donaさんに期待しますので、よろしくです!
この際ですから、ブログ興してくださいねgood

私は、あの劇場で、一度だけ立って拍手をしたのですが、
(福井狂さんは、しばしばスタンディングでしたが)
それは金グリザに向けてでした。

まあ、美しいものを観られた事が、宝物です(笑)

投稿: みかん星人 | 2009年5月 7日 (木) 午後 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/44886017

この記事へのトラックバック一覧です: 『キャッツ』 @ キャッツ・シアター 千穐楽:

» 観劇レポ;2009年5月3日(日)『キャッツ』 東京公演千秋楽 4年半もの間、たくさんの感動をありがとう! [今週もやっぱり禁断症状]
(携帯用タイトル)観劇レポ;2009年5月3日(日)『キャッツ』 東京公演千秋楽 4年半もの間、たくさんの感動をありがとう!     『キャッツ』  5/3千秋楽の出演者  キャッツシアターグリザベラ  早水小夜子ジェリーロラム=グリドルボーン  秋夢子ジェニエニドッツ  小松陽子ランペルティーザ  チェウンヘディミータ  有永美奈子ボンバルリーナ  西村麗子シラバブ  南めぐみタントミール  八鳥仁美ジェミマ  王クンヴィクトリア  千堂百慧カッサンドラ  井藤湊香オールドデュトロノミー  チェソ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 午前 12時23分

« 『春のめざめ』 @ 自由劇場 初日 | トップページ | 幻の、キャッツ・クイズ! »