« 美味しいコマーシャル | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、もう、我慢の限界。。。 »

2009年5月28日 (木)

ポルコロッソも、気まぐれ野郎なのかな?

「宮崎アニメ」で最も好きなのは『紅の豚』、かもしれない。

いや、本当の事を言えば「カリオストロ」も捨てがたいし、
当然「ラピュタ」はテレビで放送される度に真剣に観てしまうんだけど、
『紅の豚』は、自分の年齢・経験に合わせて、内容が違ってみえて来る。
こういった意味で、たぶん、『紅の豚』が一番好きな作品なのだと思う。

折も折なので、飛行機には本当に安全に飛んでほしいと願うのだけど、
『紅の豚』は、そもそも、日本航空の機内で上映される短い作品だったらしく、
 (長編になったので劇場でも公開されたが、先に機内で公開された)
だから、この映画は「空中戦」を描いているのに、墜落シーンがない。

飛行艇だから、飛べなくなったら海に降りれば好い。
そういえば「ルパン三世」の中に出てきたアルバトロスも飛行艇だったから、
監督は「どこにでも降りられる」その自由さも好きなのかもしれない。

そう、そもそも飛行機は自由の象徴でもあって、
それは、森博嗣氏の『スカイクロラ』シリーズでもいやというほど感じさせられる。
地面に縛りつけられている我が身からすれば、そういう自由さも憧れだ。

とは言え、
主人公・ポルコロッソがみせる自由、その事に憧れているのではない、、、
と、最近では思うようになった。。。この辺りが、みかん星人の加齢臭かな。
彼は、自由という執行猶予を過ごしていたのかもしれない。
だから、最後は、飛行機から降りて、素手で闘う事になる。
まあ、素手で闘うその「意気」には、憧れたりしてね。

つまるところ、ちょっと、タガー的なのかもなぁ。。。というわけで、写真。

Porco

それにしても、豚なのにサングラスというのは、イカしている。
タガーくん、マンカスくんにも、あんなヤツがあれば好いのだが。。。

ま、そういうわけで。。。

コネタマ参加中: 宮崎アニメ、好きなのはどれ?

|

« 美味しいコマーシャル | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、もう、我慢の限界。。。 »

コメント

カリオストロっすかねぇ、、、

でも紅の豚ももちろん捨てがたい。。。

投稿: カトキチ | 2009年6月 2日 (火) 午後 12時58分

カトキチさん、コメントありがとう。

そうだねぇ。。。
『カリオストロの城』に出てくるルパンも、実は中年義賊で、
基本的な精神構造はポルコと同じなんだと思います。
「フィオ」や「クラリス」という眩しい存在の前で尻込みする辺りも、ですね。

ただ、ルパンは不死身なんだけど、
ポルコはやがてチャーシューにされてしまうわけで(笑)
そこが「宮崎監督の作品」として『紅の豚』を推す要因です。

あと、ただ、時々、その眩しさゆえに見失うのですが、
『カリオストロの城』って、使ってない伏線が多すぎるんですよね(笑)<対戦車ライフルとか
だから、映画として、観終ると、ちょっと寂しかったり(笑)

投稿: みかん星人 | 2009年6月 3日 (水) 午後 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美味しいコマーシャル | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、もう、我慢の限界。。。 »