« 今日の、福井晶一くん、、、10日間のご無沙汰でした。 | トップページ | 『劇団四季ソング&ダンス 55ステップス』 リハーサル見学会 »

2009年3月15日 (日)

『マダガスカル2』

こういう映画が、基本的に大好きなみかん星人である。

Mada1

「こういう映画」とは。。。。まず、コメディー映画であること。
あまり説教臭くなく、
3日もすれば大半の場面と物語を忘れてしまえるし、それが惜しくない。
けれど、
観ている間は、仕事を忘れて、観終わった瞬間にリフレッシュを感じる。

更に言えば、ちょっとばかり知的な刺激があるとうれしい。
「どこかで見た構図だ」とか、
「あーその曲をそんな感じで使うのか!」といった刺激だ。

そういう意味で、この『マダガスカル2』は好適だった。

映画『野生のエルザ』のテーマ曲は出てくるし、
『トワイライトゾーン』も『アラビアのロレンス』もいい感じ。
『ジョーズ』に至っては、もう、、、、

そだ、『コパカバーナ』とか「ボストン」が飛んでいたりするのも楽しい。

この映画、ミュージカル仕立てというか、音楽映画なんだけど、
『ウェストサイド物語』が使われていたばかりではなく、
『コーラスライン』や『ニユーヨーク・ニューヨーク』まで出てくる。

そして。。。とうとうやってくれました。。。
『ライオンキング』が、まんま、使われている。
なにしろ、物語の設定自体が、ほとんどLKで、
感動的な場面では、あのマスクを置く場面を思わせる曲までcrying

もちろん、お子さまむけに、ちょっとだけメッセージもある。
特に、シマウマのマーティに関するお話は、面白い。
「同胞」を求めていた彼の前に現れる数百の「そっくりな同胞」たち。
とうとうであった山ほどの「同胞」を前に、
それでもマーティは「ぼくの得意技」を披露するが。。。
なんと、「同胞」たちにもそれができてしまう。
「自分は特別」と思っていていた価値を失い、
大親友のアレックスにまで特定されない不安を感じるマーティ。
さて、彼は、どこに「自分」を見出すのでしょう?delicious

Mada2

そして、さて、いつもの彼らは、どこにいるのでしょうか(笑)

|

« 今日の、福井晶一くん、、、10日間のご無沙汰でした。 | トップページ | 『劇団四季ソング&ダンス 55ステップス』 リハーサル見学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/44423863

この記事へのトラックバック一覧です: 『マダガスカル2』:

« 今日の、福井晶一くん、、、10日間のご無沙汰でした。 | トップページ | 『劇団四季ソング&ダンス 55ステップス』 リハーサル見学会 »