« 今日の、福井晶一くん、、、PEACE! & PEACE!! | トップページ | 2009年版『レ・ミゼラブル』 @ 名古屋・中日劇場 »

2009年3月 5日 (木)

『ワルキューレ』

3月20日からロードショー公開される『ワルキューレ』を観てきた。

「ワルキューレ」は、ギリシャ神話の「ニケ」にも通じるらしいけれど、
北欧神話に登場する「戦死者を選ぶ女神」のこと。
英語で言うと「ヴァルキリー」。
むかし『ワルキューレの冒険』というゲームがあって、けっこう遊んだが、
その時に「女神」と知って驚いた記憶がある。

さて、この映画での「ワルキューレ」とは、とある作戦名。
その作戦を発動して、ドイツを独裁者から救い出そうとするお話。
 (相変わらず、細かい事は公式ページをどうぞ・・・)
で、それがまた「史実」だというから、びっくりしてしまおう。

なにしろ、先月観た『ディファイアンス』も史実で、
そしてまた「対ナチスドイツ」の物語なのだ。
圧倒的な仮想敵国が無くなって久しいが、
やはり「ナチス」は永遠の悪役なんだなぁ。。。当然だろうけど。

内容に踏み込みます。

ただし、この映画に描かれたのが「史実」だとすると、
この映画の主人公「シュタウフェンベルク」氏は、ちょっと軽率だったと思う。
もう少し慎重で、そして冷酷であったなら、歴史は大きく変っていたのだろうなぁ。

ま、それはこの映画とはあまり関係ない。
もちろん、そのシュタウフェンベルクを「トムさま」が演じた事で、
「あー、、、そうだったのかぁ、、、がんばったね」と思えるのかもしれない。
ニコラスケイジだったら「ばか?」と思ったりしちゃうかもね。

ま、そういう意味で、まさに「トムさま映画」なのかな?と思う。
 (お陰で字幕が戸田女史だから、物語がすんなりとは理解できない)
ドイツを誇りとした、本物の愛国者なのに、ドイツ人に見えないのも、ご愛嬌。
奥さんはゲルマンな感じで、なかなか良かった。
演じた「カリス ファン ハウテン」という女優さんは、
名前から分かるとおりオランダ人なのだが、母親がドイツ人だそうだ。

史実の映画化で、しかも戦争ものだから、あまり遊べないのは仕方ない。
けれど、途中で一度も笑いが起きないってのも、辛いものだ。
先にあげた『ディファイアンス』も厳しい映画だったけれど、
何度か微笑ましい場面があって、娯楽として成立していたのに。
しかも、失敗すると分かっていてみせられるのだから、
もう少し違うアプローチがあったのではないか?と、思う。

監督は『ユージュアルサスペクツ』の「ブライアン シンガー」。
だから、もしかしたら史実を曲げちゃう大技でもだすかと思ったけれど、なし。
ただ、余裕の無い戦争映画ではあったものの、
実はみかん星人、シュタウフェンベルク夫妻の交流場面に魅了された。
そう感じている自分に気がついて「歳だなぁ・・・おれ」と思ったり。

ともかく、
「へぇ!そんな事があったのかぁ・・・」
と、歴史的な興味に関しては、そこそこの満足を得られる。
それでも、ちょっとややこしい物語(言葉遣いも含めて)で、
できれば、公式ページで予習してから観た方が良いとおもう。

そうそう、『レッドクリフ』よろしく、冒頭に歴史背景の説明があった。
これからは、こういうアプローチが多くなるのかもしれない。

|

« 今日の、福井晶一くん、、、PEACE! & PEACE!! | トップページ | 2009年版『レ・ミゼラブル』 @ 名古屋・中日劇場 »

コメント

はじめまして、みかん星人さま
いつも陰ながらみかん星人さんと福井狂さまのブログを楽しく拝見しています。
ワルキューレって気になってた映画なんです!思わずコメントしちゃいました。カリス・ファン・ハウテンって「ブラックブック」というナチスをテーマにした映画でユダヤ人歌手として主演をなさっていました。ドイツ人になりすます為にブルネットの髪をブロンドに染めるんですけど、それがあまりにも美しすぎて…神々しかったです。
とっても良い女優さんですよねー!
これからもブログ楽しみにしてマス∪^ω^∪
福井狂さまは最近ソンダン行かれたのでしょうか??
長々と失礼致しました

投稿: ちゆ季 | 2009年3月 6日 (金) 午後 06時58分

ちゆ季さん、コメントありがとうございます。
ブログを拝見しました!
「蒙古ひだ」ってはじめて知りましたよhappy02

55ステップスに行って無い事は無いのですが、
「それなりに満足」しているようです。
客席の岩崎くんに驚いたりはしているようですが。。。

『ブラックブック』のヒロインさんだったのですね!
バーホーベンの映画ですから、さぞかし女優が綺麗に撮れているのでしょう。
みてみたいものです。。。

これからもよろしくです。

投稿: みかん星人 | 2009年3月 7日 (土) 午前 10時30分

見てきました。
素直に・・感動して帰ってきましたよ!
さすが、トムさまでした。(^^ゞ
事実に忠実なだけに辛い場面も多かったですね。

次は何を見ようかな??
見逃しているのも多いぞ~頑張れ、私!((爆))

投稿: taka | 2009年3月22日 (日) 午前 12時55分

takaさん、コメントありがとう。

知らない歴史を丁寧に描いてくれて、
そういう意味では興味深い映画でしたよね。

ただ、もう、失敗したと分かっているのですから、
サスペンスではなくて、もっと心理的な描写がほしかったですね。
「あの家族を残してでもやらなければならない」
という決意を、もっと執拗に描いてくれても良かったのに。。。

次ですか?赤壁2じゃないですかねー

投稿: みかん星人 | 2009年3月22日 (日) 午後 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/44255820

この記事へのトラックバック一覧です: 『ワルキューレ』:

» 「ワルキューレ」試写会 [アヴァロンの水辺Blog]
JUGEMテーマ:映画 お友達の試写会チケットのご相伴にあずかり、有楽町でみてきました。 最初にどっかでタイトル聞いたときは北欧神話の方のワルキューレを思い浮かべたのですが、映画はナチもの戦争物です。 1944年7月20日のヒトラー暗殺計画の話。 実はこの時代のヨーロッパ大好きで(他の時代も好きだが)、ナチ物も大好きなんです^^; この事件は有名なので誰でも知ってるかと思ってたんでけど、やっぱり一般にはそうでもないようですね〜。 映画に関しては、かなり淡々としてます... [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 午前 02時00分

» ワルキューレ 歴史が変わっていたかもだったのか [労組書記長社労士のブログ]
 昨日は海から早くに帰ってきて、梅田のロフトで先輩夫妻の愛娘の出産祝いを買い物、大きな荷物を抱えて梅田を歩いていたら、やたらとすれ違う人にじろじろ見られて、そして目を逸らされて、そしてぶつからないようにあからさまに避けられて・・・。 そういえば海帰りで顔黒いし、海でひげを剃っていないから微妙な無精ひげで、汚いディーパック背負って汚いジーンズ(微妙にダメージ付き)で、その上こんな大きなビニール袋を両手に持っているから、どうも浮浪者に間違えられていたのかも・・・ とはこの撮影した友人の弁・・・{/fac... [続きを読む]

受信: 2009年3月22日 (日) 午後 05時43分

» ★「ワルキューレ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは・・・ 久しぶりにラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 午前 03時24分

» 「ワルキューレ」緊張の連続、サスペンスの1級品 [soramove]
「ワルキューレ」★★★☆ トム・クルーズ 主演 ブライアン・シンガー 監督、2008年、120分、アメリカ、ドイツ 「ドイツ帝国の全部が ヒトラーを支持して居たわけではない、 歴史に埋もれた真実の片鱗を知る」 第二次世界大戦時に実際にあった ヒトラー暗殺計画を、 トム・クルーズがその計画の中心的人物を演じた、 さすがスター映画、キッチリ作ってます、 だからおかしなストーリーの破綻もなく 安心して映像を楽しむことができる。 ただ、どんなに「うまくいき... [続きを読む]

受信: 2009年4月 2日 (木) 午後 11時12分

« 今日の、福井晶一くん、、、PEACE! & PEACE!! | トップページ | 2009年版『レ・ミゼラブル』 @ 名古屋・中日劇場 »