« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月27日 (金)

今日の、福井晶一くん、、、平日に、二度もシンバル。

なんで最近、平日に2回公演をやるようになったんですかねぇ~?
だからって、集客がいいようには見えないんだけど、、、

前回、あまりに舞台に近い席だったので、本日は2階席からの観劇。
そのほうが、福井くんのお歌が心地よく聴けると思ったので。
 
(福井くんにも発見されないでしょうし?)

で、福井くん、お疲れ?

1日2回公演が影響してる?

動きはいいんですヨ。
シンバルを打つ姿はカワイイし、ステッキ技も見事で、
そして、トプシーでの流れるようなダンスは惚れ惚れしますネ。

そうそう、そのトプシー、
なぜか今日は、酔ったオヤジに見えちゃいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

『ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン』 バックステージツアー

『JCS』のイベントは逃してならない。

これは、みかん星にある格言のひとつです。
と、言うわけで、【バックステージツアー】に参加して来ました。

イベントは、舞台監督・笠原氏の司会で進行。
7度もの傾斜がついた10m四方の舞台と、
5台の大八車が特徴の「ジャポネスク・バージョン」の解説、そして質疑応答。
そのあとにもお楽しみがあり、なかなか充実したイベントでした。

ジャポネスク・バージョンは、1973年にこの演目を上演した時からのもので、
エルサレム・バージョンの方が、1976年と、後にできたもの。
当時のエルサレム版は「ドラマチック・バージョン」と呼ばれていたし、
その対比として、ジャポは「江戸版」と呼ばれていた時期があった。

ジャポの特徴は、5台の大八車やご神木といったものもあるけれど、
約300台ある照明が、ロックコンサートさながらに観客の目に晒されているのも特徴。
これはJCSが「ロック・オペラ」であり、ライブ感を出したいという演出意図。

さて、「大人8人分の仕事をする」ことから呼ばれた「大八車」は、
傾斜を30度、15度、10度、そして舞台と同じ7度に、そして水平に変えられる。
舞台に上がって、いよいよその本物と対面した。
思っていたよりも大きいし、かなり使いこんである。
実は、バックステージに行けるとわかってからの観劇だったので、
劇中に大八車がどう動くのかを注目して観ていた。
そこで初めて「車輪」が動いていない事に気がついた。
もちろん、あの大きな車輪も飾りではなく、ちゃんと回転はする、、、回してみた(爆)
でも、台車自体は、底部にあるキャスターで動くようになっている。
お陰で縦横に動ける自由を手にしている。
ただし、大八車が動くのは「音楽」がある時だけ。
観客と演者の集中を切らない様に、
そして装置でありながらも演出の一部として動くように、
実に細かく計算されて動かされているそうだ。

ステージに上がって、最初に、白い舞台に触れてしまった。。。
つるつるではあるものの、滑り易そうではなく、映画のスクリーンみたい。
続いて「石礫」が置いてあったが、それは「玉入れ」の白球のようだった。
人力車も置いてあったが、やはり最も注目したのが「十字架」だ。
木製で30キロあるというこの十字架は、それでもエルサレム版よりは小さいとの事。
手に釘を打つための仕組みは見られなかったけれど、
「どうやっているのか」は、あとで質問の中で開かされた。

質問といえば、この十字架の「抜き方」が面白かった。
幕が下りて、ああして、こうして、、、なるほどねー(笑)
ほかの質問では「ゴンドラ」への乗り方なんてのも傑作だった。

狭い自由劇場での公演で苦労しているのは、
舞台袖が見えないようにする事と、袖が狭いので装置の置き場を工夫することらしい。
どうやら、セットは「秋」で使っていたもの、そのままのようだ。

さて、質疑応答も終って、最後のコーナー。
役者さんが登場して、JCSへの熱い思いを語ってくれました。。。

続きを読む "『ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン』 バックステージツアー"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

『ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン』 @ 自由劇場

とうとう、あの自由劇場に『ジーザス・クライスト=スーパースター』が掛かった。
しかも、短いながらも両バージョンの連続公演!
・・・と、夢が叶った気分ではあったものの、なぜか興味がわかず、
時期が時期なのもあって、ほとんど見送るつもりでいた。

ところが、ここに来ての「イベント発生」で、俄然興味が湧いてきた。
なにしろ、あの「大八車」を間近で、もしかしたら触れる?チャンスの到来。
行こうか行くまいかを適度に迷って、結局2階席をポチッとしてしまった。
かねて「自由で芝居を観るなら2階から」と思っていたけれど、
この『JCS』の、とりわけJVであれば、間違いなく2階から鑑賞すべきだ。
観劇後にイベントで1階9列に座ったけれど、
想像どおり大八車の動きが分かり難い、、、というか、見えない。

まるで舞台正面のジェクル・ギャラリー(キャッツ・シアター)の如き2階。
そこに座って観ると分かるのだけれど、
このステージの「奥行き」がもたらす臨場感はたまらない。
そしてその「奥行き」がもたらす、強調された遠近感。
ユダが自分の行為に愕然とし狂い出すその心を目前で受け止めてしまう。
その狂気は極度にデフォルメされているとはいうものの、
手を延ばせば届きそうなところで演じられるその姿を通じて、
この演目が伝えたいメッセージの核が、
自由劇場の舞台には確かに存在していた。

ただ、自由劇場でなら可能かな?と思っていた、
「マイク無しでのパフォーマンス」は、叶わなかった。
これは、とても残念。

イベントに関しては、別の記事に、、、「続き」では内容に立ち入りますぞ。

続きを読む "『ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン』 @ 自由劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の、福井晶一くん、、、細かいお芝居もステキ。

“さぁみんな~、今週も福井くんのトプシーが、始まるよ~♪”

トプシーの福井くん、
歌が終わったあと、小芝居をしながら舞台をあとにするのですが、
先週は、さめた表情でズボンの埃をはらうというものでした。
本日は、埃はらいは無く、さめた笑い声を残して舞台を去っていきました。
ワラワは、同じさめた表情なら、
怖い顔して埃はらうより、笑ってくれたほうが好きだな。

オープニング曲は、芝さんがメインのまま。
これは、やっぱり、先輩である芝さんにレッスンバーを運ばせないための配慮だ!?

ところで、メモリーの場面、
赤いドレスの彼女は、舞台から階段を降り、通路を通って去っていきました。
今までは、単に下手にはけるだけでしたが。
細かいところで、演出って変わるのね。
 (最初は曲も入れ替えるなんて話だった気がするんだけど・・・)

本日のお席は、近い!
福井くんの清々しい歌声が、ワラワの頭の上を通り過ぎて行きます。
その代わり、真剣な眼差し、おどけた表情、照れた笑顔などなど、
福井くんの細かい表情をオペラグラス無しで見ることができ、
すっごく楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

第81回アカデミー賞

さてさて、今年もまたこの日が来ました。お祭りです(笑)

詳しいこと、データは、こちらへ。。。

| | コメント (32) | トラックバック (1)

2009年2月22日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、勲章をさし上げますわ!

ワラワのさしあげる勲章は、金や宝石の冷たい死んだ勲章ではございませんの。

生きた勲章、朝毎の霜をくぐってますます光りかがやく勲章。

Bouquet

今日は大丈夫、、、保ちますことよ?

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、勲章をさし上げますわ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

今日の、福井晶一くん、、、麗しいお声、、、でしたの、に。。。

もどって来られました。。。

55

けど、クマ達もこけてます。。。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、麗しいお声、、、でしたの、に。。。"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

ひっそりと。。。そして、ビデオも公開された!

彼らのアドベンチャーを公開しました。
それから『ドリームカンパニー』のビデオが登場した!

Aida

冒険の舞台となった「東京ディズニーシー」は、25周年記念の最終パートになった。
そして、なかなか面白い「ミュージカルショー」が上演されている。

「面白い」のは、そのステージが伝えようとしているメッセージ。

[続き]では大いに内容に関して書いてるので、覚悟してどうぞ。

続きを読む "ひっそりと。。。そして、ビデオも公開された!"

| | コメント (5)

2009年2月12日 (木)

今年の候補

誕生日に続いて、またしてもの姿がキャストから消えてしまいました。

が、、、候補を考えて、試食してあります。

先ずは、、、
「男の子な」への慈愛を込めて、こんなコンセプトのチョコレート。

Aandm

もうひとつは、「日本男児な」への慕情を込めて、こんなチョコレート。

Waraku

なにはともあれ、、、舞台に出てきてね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』

「デイズニー・チャンネル」から飛び出して、
とうとう映画になってしまった『ハイスクール・ミュージカル』を、
どういうわけか、初日に、イクスピアリで観てしまった。

CATVが来ているので、「ディズニー・チャンネル」は観られるのだけれど、
そのチャンネルを観る事は、当たり前だけれど、殆どない。
 (たまに、むかしの映画でも放送してくれれば観るんだけどねー)

が、いつだったか、『ハイスクール・ミュージカル』という番組が面白いと聞いて、観た。
うん。。。なるほど、これは面白い。
バスケット・ゲームを背景にして音楽を流し、そして踊らせるというアイディアも良いし、
高校の授業に「ミュージカル」というのがあるのも、面白い。
早大オムニバス』でも取り上げるぐらいで、さすがはディズニー、こういう作品は手堅い。

ともかく、なにしろ、音楽がとても良い。
まあ、何をもって「良い」と言うのか、は、言葉にし難いけれど、
流れてくる音楽を、素直に受け止めることができる。
音楽に吸い寄せられ過ぎる事も無いけど、確実にメロディーに乗せられてしまう。
それに、物語も難しくないし、時に馬鹿馬鹿しいし、それでも方向性は明確だから、
恥ずかしいほど見事に的に刺さる矢を見ているようだ(笑)

この『ザ・ムービー』は、原題が『High School Musical 3』で、
つまりは3つ目のお話なのだけど、実は私、『2』を観てない。
それどころか、『1』もまともに観ていない。
けれどこの映画をとても楽しめてしまった。
その理由が、先に書いた音楽の良さと、物語の単純さにあるのだろう。

登場するキャラクターも、ちょっと観ていれば、知らなくても理解可能。
もちろん、『1』で見知ったキャラクターは見事に機能していて、
みかん星人はケルシーにドキドキ(笑)

単純明快にして、エネルギッシュ。
【ミュージカル】というよりも、やはり【青春ドラマ】として、楽しめる1本!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009年2月 8日 (日)

『Valentine Nights 2009』 @ 東京ディズニーシー

どういうわけだか、近頃のTDSは「ダッフィー」で溢れかえっていて、こんな感じ。

Bear

そんなシーで今年も行われているイベント、『Valentine Nights 2009』 に行った。

詳しい事はこのページをご覧いただこう。
ともかく、招待状を受取って、スタートだ。

Valentine

封筒の中には、いろんなアイテムがあって、
たとえば、こういう「チョコレート型チャーム」というグッズがもらえたり、

Charm

こんなスイーツが食べられたりするのだけれど。

Sweet

メインなのは、『ブロードウェイ・ミュージックシアター』でのコンサート。
なんと、この劇場の座席指定券が発券されるのだ。

以下、その内容に関して書いてますので、覚悟してお入りください。

続きを読む "『Valentine Nights 2009』 @ 東京ディズニーシー"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

ペットぢゃないけど、、、、

ライオンも呆れてますけれど。。。

Lion

我が家の可愛い彼らも、特別な装いをしています。

続きを読む "ペットぢゃないけど、、、、"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

今日の、福井晶一くん、、、これ、使ってみてもいいですか?

Cast

なんだ。。。けっきょく、またマンカスくんかよぉ。。。gawk

まあまあ、、、delicious

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、これ、使ってみてもいいですか?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

『ディファイアンス』

2月14日から公開される映画『ディファイアンス』をひと足早く観て来た。
 (”Defiance”とは「挑戦的態度」とか「反抗的態度」のことだそうだ)
この映画は、1941年にナチスドイツが「ベラルーシ」に侵攻したのを背景に、
ベラルーシに居たユダヤ人達をナチスの手から守った「ビエルスキ兄弟」を描いた映画。
まあ「ベラルーシのシンドラー」という宣伝文句が使われる感じですな。

上映前にトーク・イベントがあった。
登壇したのは、まさに「日本のシンドラー」(笑)杉原千畝氏のご子息、千暁さん。
お相手は、いろいろ話題の山本モナさん。
千暁さんは、千畝さんが「命のビザ」を書いていた頃には2歳だったそうで、
その当時の記憶は無いそうだけど、
その後、ルーマニア・ブカレストの大使館に着任していた頃の事は憶えているとのこと。
ある日、ソ連兵が、千畝さんの車を指して、
「これは盗まれた私の車だ」と言い掛かりをつけてきたそうだけど、
千畝さんはそれに対し毅然として「これは私の車だ」と言い通したそうだ。
横暴な軍人を相手に怯まなかった「頑固者」だったそうです(笑)
ちなみに、昨年の舞台『SEMPO』は、ご覧になってないとのこと。

さて、映画の事(笑)

続きを読む "『ディファイアンス』"

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2009年2月 1日 (日)

『マンマ・ミーア!』 by 劇団四季 @ 新名古屋ミュージカル劇場

と、言うわけで、
セーラー服を着たナナちゃんが待つ名古屋に行ってしまった。
もちろん『マンマ・ミーア!』観たさの愚行。

Mamma

それでも「サムカーマイケル」が荒川くんだったからの決断だ。
そもそも、関西に行く度に無理して通った大好きなこの演目を、
名古屋で観るのはこれが最初で最後という事になってしまったのは、
ひとえに、サムを演じる役者の問題だった(爆)

くわえて、「ビルオースティン」を脇坂くん、
そして五東ドナが観られるのなら文句はまったく無い。
これで映画とのタイアップでもあって、
「映画の半券を見せたらギリシャビールサービス」
なんてのがあったら天国だ。。。
(結局『ミソス』は飲んでしまって、マンカスはへべれけだけれど)

Mythos

はじめてソフィ役でみた可絵ちゃんは、とっても普通のお嬢さん。
透明感のある声と長い脚がステキなのね。
彼女は「電通海劇場杮落とし公演」の時からプログラムに名前のある人で、
ある意味で、最もソフィー役の近くにいた人なのかもしれない。
随所でそれを感じたけれど、見せ場は2幕冒頭の悪夢の場面だろう。
それまでのどのソフィーよりも、可絵ソフィーの苦悩と戸惑いは明確だった。

増本さんのターニャもはじめてで、前田さん並の迫力が強烈。
また、増本・青山・五東のトリオは声の相性が良いのか、
滑らかな五東ドナの声にさらに艶を加えていて心地よい。
相性という意味では、荒川サムと五東ドナの『S.O.S.』も高域が綺麗に絡んで、
歌の内容とは相反する清潔感があって、ちょっと四季的(笑)

前々から観たかった脇坂ビルは、いわゆる「ピエロの巧さ」で、
無骨で不器用なビルが、少々若々しく、存在していた。
さらに、最も観たかった五東ドナ。
母親的な「こわさ」とか「きびしさ」は上手い。
もちろん歌も上手い、、、んだけど、上品過ぎるきらいがある。
Money, Money, Money』では、資金繰りに苦しんでいるようには見えない。
見た目も、早水ドナほどではないにしても、ちょっと「和風」で、
この演目を日本風にアレンジして、
例えば伊豆の初島にある和風旅館を切り盛りする女将なら素敵(笑)
和装で髪を結い上げての『Dancing Queen』を観たい。

さて、
そもそもは映画の『マンマ・ミーア!』を観たことからの観劇
比較する、というよりも、映画を踏まえての幻覚を以下に。
だから、まだ映画を観てない人は、ここまで!

続きを読む "『マンマ・ミーア!』 by 劇団四季 @ 新名古屋ミュージカル劇場"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »