« 好物 | トップページ | 2008年に観た演劇 »

2008年12月30日 (火)

2008年に観た映画

今年は、あまり映画を観に行きませんでした。
時間もありませんでしたし、観たい映画も少なかった気がする。
で、試写も含めて「スクリーン」で観た映画は、以下の通り。

マリア

雪の女王/鉛の兵隊

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

魔法にかけられて

ジャンパー』(試写会)

マイ・ブルーベリー・ナイツ

ペネロピ

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者』

『東京物語』

崖の上のポニョ

クライマーズ・ハイ

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

スカイ・クロラ

ダークナイト

アイアンマン』(試写会)

闇の子供たち

おくりびと

落下の王国

ヤング@ハート』(試写会)

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』(試写会+ロードショー)

レッドクリフ part1』(試写会)

彼が二度愛したS』(試写会)

ブーリン家の姉妹

WALL・E/ウォーリー

ミーアキャット』(試写会)

各公式ページへのリンクを貼りましたが、音が出ますのでご注意あれ。

以上、今年は24本。
2007年の34本、2006年の43本からみれば激減でしたが、
どれも「時間の無駄」と感じさせない作品ばかり。
まあ『ハムナプトラ』は、ちょっとガッカリだったかなぁ。

去年は順位をつけませんでしたし、
今年も、どれも楽しい映画でしたので、甲乙はつけませんが、
それでも「観てよかった!」と思った作品を幾つか。。。

まず、2008年最高の収穫は『落下の王国』でしょう。
「映画」という芸術が持つ魅力が一杯で、
どの場面を取り出しても「絵」になる完成度には感服。
物語りも重層的で大満足の1本。

同じ頃に試写会で観た『ヤング@ハート』も大満足。
「老いる」という事が「ちから」であり「可能性」である側面を思い知った。

続けて、これも試写で観た『ブロードウェイ♪ブロードウェイ』は、
舞台の名作『コーラスライン』が絵空事ではなく、作り物でなく、
今なお、ショウビズを目指す「その他大勢」にとって現実なのを教えてくれた。

そして、とどめの傑作は『WALL・E』だ。
ミュージカルが大好きなみかん星人にとって、
これほど簡潔に「ミュージカル・プレイ」の魅力を謳った映画は、
ただもう歓喜するばかりの存在。
また、ウォーリー君がイブに寄せる恋心は、まさに「身に覚えのある感覚」で、
彼の動きの総てが、またその動きに特化された映像が、ステキだった。
ただ、惜しむらくは、人間が出てきた事かな(笑)
これ、あの船の中に人間が居なくても、SF映画として充分に満足できたと思う。
・・・たぶん、ヒットしないんだろうけど(笑)

|

« 好物 | トップページ | 2008年に観た演劇 »

コメント

>みかん星人さま
映画は東西共通ですよね。
実は、アニメ、ミュージカル系すきなのです。
ブロードウエイ♪ブロードウエイは号泣しました。
まだ上演してるかな。ローリング・ストーンズ・シャイン・ア・ライトよかったですよ!

投稿: とみ(風知草) | 2008年12月31日 (水) 午後 09時10分

おとみさん、コメントありがとう。

ストーンズの映画、興味津々です。
なにしろスコセッシの映画ですからね!

今年のアニメ映画では、
期待していた『スカイ・クロラ』が絶品でした。
やはり、すばらしい発想を凄いイマジネーションが具現化すると、
期待を越えた物になる。。。という事ですね。

来年も、こういうのをたくさん観たいものです。

投稿: みかん星人 | 2008年12月31日 (水) 午後 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/43576611

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年に観た映画:

« 好物 | トップページ | 2008年に観た演劇 »