« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

2008年に観た演劇

引き続き、お芝居のお話。

こちらも、観劇回数が激減。
余裕が無いと、芸術に触れる気力が無くなるものですねぇ。

ハムレット』劇団四季@自由劇場

アイーダ 千穐楽』劇団四季@新名古屋ミュージカル劇場

『Endless SHOCK!』@帝国劇場

ウエディング・シンガー』@日生劇場

『美女と野獣』劇団四季@ALSOKホール

君がいた時間 ぼくが行く時間』演劇集団キャラメルボックス@サンシャイン劇場

アイーダ』@新国立劇場

祝祭音楽劇 トゥーランドット』@赤坂ACTシアター

SEMPO』@新国立劇場

どん底』@シアターコクーン

赤毛のアン』劇団四季@自由劇場

鹿鳴館』劇団新派@新橋演舞場

思い出を売る男』劇団四季@自由劇場

ウェストサイド物語』劇団四季@京都劇場

ミス・サイゴン』@帝国劇場

デュエット』@シアタークリエ

LOVE LETTERS』@ル テアトル銀座

愛陀姫』@歌舞伎座

トロイ戦争は起こらないだろう』劇団四季@自由劇場

ウィキッド』劇団四季@海劇場

『ブラックコメディー』劇団四季@自由劇場

劇団四季ソング&ダンス 55ステップス』@秋劇場

銀河鉄道の夜 アルタイル公演』劇団ひまわり@あうるすぽっと

RENT』@シアタークリエ

キャッツ』劇団四季@キャッツシアター

リンク先は、このブログの記事ですので、無理に辿らなくてもOK(笑)

今年は、複数回の『キャッツ』などを一度として、25本の舞台を鑑賞。
2007年の32本、2006年の47本に比べると、やはり減少。
まあ、普通の人に比べれば、かなり多くて、
それこそ、少ない人の「生涯観劇回数」に匹敵したりしそうだ(笑)

続きを読む "2008年に観た演劇"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

2008年に観た映画

今年は、あまり映画を観に行きませんでした。
時間もありませんでしたし、観たい映画も少なかった気がする。
で、試写も含めて「スクリーン」で観た映画は、以下の通り。

マリア

雪の女王/鉛の兵隊

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

魔法にかけられて

ジャンパー』(試写会)

マイ・ブルーベリー・ナイツ

ペネロピ

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者』

『東京物語』

崖の上のポニョ

クライマーズ・ハイ

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

スカイ・クロラ

ダークナイト

アイアンマン』(試写会)

闇の子供たち

おくりびと

落下の王国

ヤング@ハート』(試写会)

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』(試写会+ロードショー)

レッドクリフ part1』(試写会)

彼が二度愛したS』(試写会)

ブーリン家の姉妹

WALL・E/ウォーリー

ミーアキャット』(試写会)

各公式ページへのリンクを貼りましたが、音が出ますのでご注意あれ。

以上、今年は24本。
2007年の34本、2006年の43本からみれば激減でしたが、
どれも「時間の無駄」と感じさせない作品ばかり。
まあ『ハムナプトラ』は、ちょっとガッカリだったかなぁ。

続きを読む "2008年に観た映画"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

好物

King_2

毎年、年末になると、なぜかお邪魔している、
新宿にある「トンカツ」の老舗『王ろじ』に行って来た。

看板にもあるように、大正10年創業で、場所も変らず営業しているお店。
そもそも「トンカツ」という名前を考えたのが、この店らしい。
ここの豚肉は「フィレ」で、豚肉の旨みを楽しむお店。

名物は『とん丼』と命名された「かつカレー」だ。

King2

このメニューの「不思議感」は、食べてみないと分からない。
また、この『とん丼』の完成度のブレ(むら)も、侮りがたい(笑)
初めて食べたときには、とても感動したのだけれど、
2年前に食べた時には、驚くほどガッカリもした。
 (要素の総てが良くなく、バランスも最悪だった・・・)
そして、今日の『とん丼』は、これまた驚くほどのできばえで、
肉の旨み、揚がり具合、ご飯の美味しさ、ソースの加減。。。
パーツのどれもが完成していて、そのバランスも完璧。

ただ、この店の全く理解できない欠点は、タバコに関してだ。
分煙はおろか、タバコに関する対処が全く出来てない。
「王ろじ」には、秘密(うそ)の地下室があるのだけれど、
せめて、喫煙者にはこのアングラに行ってもらう等の分煙をお願いしたい。
 (もちろん、飲食店で喫煙可であること自体が、私には理解できないのだけど)

そうそう、「王ろじ」には、持ち帰れる絶品の『カツサンド』がある。
蒸しあげたパンに、キャベツとカレーソースを塗ったカツサンドは、
『とん丼』と同じ価格とは言うものの、持ち帰ってビールで食べるのが最高。
お店に入って、食事のオーダーと一緒に頼んでおくことを忘れてはいけない。

さて、今年もいろんなお店で食事をしてきたけれど、
最も多く食べたのが、時間が読める「パスタ」だ。
幾つか、ご紹介しよう!

続きを読む "好物"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、まだ、タガーで、いてくれた!

今年最後の観劇と称して、行ってまいりました。

Bear

猫の尻尾は普通バージョンに、
ケーキには“Merry Christmas”のプレートもすでになく、
入り口には門松があった(らしい)
(ありました)Cornercorn_4
なんか、祭りのあとって感じの落ち着いた猫屋敷。

で、2幕目。
グリザが『メモリー』を歌い終わったあと、
拍手がおこらなかったので、
きょうは、いいキャッツだ。。。
と思ってしまうのは、ワラワだけでしょうか?

ところで、福井くんタガー、最近、
“♪信じるものは、なにもな~い”
の時、十字を切ってますが、
本日は、膝まづきもプラスされてました。。。余裕だねぇ~
あと、“♪ごむ~”が、やけにドスのきいた声でした。

ということで、今夜で福井くん出演キャッツ観劇、
130回とキリが良いので、今年は、今夜で最後にします。

楽しませてくれて、感謝、感謝です。

【予告】年始観劇は1月1日より、スタートします。。。はい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

『ハロー・ドーリー!』

「ミュージカル映画」というジャンルは、
基本的に映画に音がついた(トーキー映画)時から始まったわけで、
そのトーキー映画の第一作『ジャズ・シンガー』からして音楽がテーマの映画だった。

『ジャズ・シンガー』は1927年の映画なのだけれど、
直後の大恐慌のお陰で、多くのエンターテイナー達がハリウッドに集まり、
「ミュージカル映画」が多く作られるようになったらしい。
中でも、「フレッド アステア」と「ジンジャー ロジャース」のコンビで、
【RKO】という映画会社が作った「ジンジャー&フレッド」の映画は大評判。
当時の映画技術を集約したような「ミュージカル映画」は、ジャンルとして確立し、
1940年代からは、ライオンが吼えるオープニングで知られる【MGM】社のものとなり、
やがて「ミュージカル映画といえばMGM」という時代になる。

1951年にオスカーを手にした映画『巴里のアメリカ人』が、
MGMミュージカル映画の頂点となるが、
しかし、次第にそれは【20世紀FOX】社の得意分野となる。
『オクラホマ('55)』、『回転木馬('56)』、『王様と私('56)』、『南太平洋('58)』、
そして『サウンド・オブ・ミュージック('65)』という名作が作り続けられた。
これらのミュージカルは、そう「ロジャース&ハマースタイン」の作品達で、
20世紀FOX社は、こうして「ミュージカル映画も得意な映画会社」となった。

さて(笑)その20世紀FOXが1969年に制作したのが『ハロー・ドーリー!
なんと、ブロードウェイでは『マイ・フェア・レディ』の記録を抜いて、
2844回も上演され続けたヒット・ミュージカル。
詞曲を生み出したのは「ジェリー ハーマン」という人物で、
『メイム』や『ラ・カージュ・オー・フォールズ』を書いた人。
そーいえば、なんとなくどのミュージカルも似ている気がする(笑)

舞台では先に出たジンジャーロジャースも演じたという主役の「ドーリー」は、
映画では当時26歳の「バーブラ ストライサンド」が演じたことも話題となり、
『ハロー・ドーリー!』は、1969年第42回アカデミー賞で【音楽賞】を獲得。
また【美術監督賞】と【音響賞】も手にした記録に残る映画となった。

監督は、アステアと双璧のミュージカルスター「ジーン ケリー」。
俳優としてはMGMの大看板で、
特に『巴里のアメリカ人』と『雨に唄えば(主演と監督)』が代表作。
そんな彼が監督したこの作品にも、随所に「ジーンケリーらしさ」を感じる。
それは「流麗」というよりも「躍動」を感じさせる力強いもの。

続きを読む "『ハロー・ドーリー!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

Bear Christmas

さて、彼らはどこにいるのでしょうか!

Bear1

続きを読む "Bear Christmas"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

今日の、福井晶一くん、、、メリークリスマス!

Tree

25周年のケーキに、「メリークリスマス」のプレート・・・・
12月に誕生日の人が、しばしば経験する「大人の都合」でしょうか(笑)

もちろん、ちゃんと、特別なプレゼントがあります。。。クリスマスの、です。

Cookie

当然、、、カード(公開終了)も一緒に贈ります。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、メリークリスマス!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

『川喜多かしこ展』 @ 東京国立近代美術館フィルムセンター展示室

今度の金曜日で終ってしまう展覧会なのですが、
東京国立近代美術館フィルムセンター」で開かれている、
生誕100年 川喜多かしこ展』のお話。

みかん星人が「ネット」に居場所を作ったのは、
財団法人川喜多記念映画文化財団』と出会ったのがきっかけでした。

この団体の名前は、テレビなどで以前から知っていたものの、
「川喜多長政・かしこ」夫妻に関してはほとんど知らなかったのですが、
とあるきっかけで財団の方と話す機会があり、
そこで知った「川喜多夫妻」の業績に感動し、
それをインターネットの中に書いておきたいと思ったのです。
残念ながら(笑)それはすっかり途中で止まったままなのですけれど。。。

ともかく、川喜多夫妻の活動のお陰で、
日本には「ヨーロッパ映画を観る歴史」が生まれました。
昭和初期の日本にとって、映画は英語の作品ばかりではなく、
フランス語、イタリア語、そしてドイツ語で語られる物語であり、
今よりバラエティーに富んだ作品が、当たり前に、公開されていたのです。

そしてそれは特に、
川喜多かしこさんのセンスによってなされた業績だとも言えるのです。

続きを読む "『川喜多かしこ展』 @ 東京国立近代美術館フィルムセンター展示室"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

ラガービール

当たりました!

Beer

少し前まで、このブログにパーツを貼ってありましたが、
こういうキャンペーンで当選したのです。。。『明治のラガー』と『大正のラガー』

私の記憶が確かならば、
およそ15年ほど前にも似たような復刻企画があり、その時は「瓶ビール」での発売。
もちろん、明治や大正時代に「缶ビール」は無いので(笑)
そういう意味では、今回の復刻は中身とラベルデザインのみですな。

そのラベル、『明治のラガー』に描かれている「麒麟」は、ほとんど鹿ですが、
『大正のラガー』は、今の「麒麟」にかなり近いもの。
ただし「キ・リ・ン」の文字は隠されていないようですgawk

「ラガー」というのはドイツ語の「貯蔵」という意味らしく、
これは長期に渡って熟成されて作られるビールを表す言葉。
中でも「ボック」と呼ばれるものは甘味も有り、みかん星人は大好き。
「ラガー」ではないものは「エール」という製造方法のビールで、
常温で短期間の間に醸造されるビール。
この製造方法では、苦味が多い「アルト」というスタイルがみかん星人の好み(笑)

要するに、なんでも良いんだけどね。

キリンビールは、最初にドイツから醸造技術を学んだので「ラガー」なのかな。

さて、飲んでみよう。。。

続きを読む "ラガービール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

『ミーアキャット』試写会 @ 上野動物園「動物園ホール」

ちょっと珍しい場所で『ミーアキャット』を観てきた。

この映画は、過日亡くなったポールニューマンの遺作なのだけれど、
彼はナレーションだけで、登場するのは。。。彼ら。

Meerkat

(上を見ているのは、見張り役だから・・・らしいけど、天井はガラス張り)
そう、南アフリカの「カラハリ砂漠」に生きている体長30センチの動物、
「ミーアキャット」とその取り巻き達だ。

試写を観た【ちょっと珍しい場所】というのは、こちら。

Hall2

東京は台東区上野にある「上野動物園」の「動物園ホール」で、
中は、こんな感じ。。。

Hall1

昼間の13時から始まったこのイベントは、
まず、上野動物園の園長・小宮輝之さんの挨拶で始まった。
園長が若かった頃、多摩動物園に来た「ミーアキャット」の逸話が面白い。
檻から逃げ出した1頭が、意外に簡単に捕まった経緯が、この映画の伏線の様。

続いて、上野動物園で「ミーアキャット」を担当している多田和美さんの講演。
「ミーアキャット」という名前とは違って、彼らは「マングース」の仲間であり、
好物が「サソリ」で、その毒に耐性がある事などが分かった。
これ、映画をみる前に知っていると、意外に面白い。
「ハブ対マングース」なんてのを連想しておけるからね(笑)

そう、映画の原題も『The Meerkats』なんだけど、
その綴りで分かる通り、CatsじゃなくてKatsなのよ。。。蘭語だから。

それから、「ミーアキャット」は群社会を形成する動物で、
その中で子どもを生むのは、たった一組の優れた雌雄だけなのだそうだ。
つまり、余程で無いと「はぐれて一人で生きるミーアキャット」なんて居ないのだ。。。。
まして、イボイノシシや子ライオンと仲良くなれて、
チャールストンが踊れてしまう、ハクナマタタな奴なんて。。。

そうそう、最初の写真も上野動物園で撮ったものだけど、
彼ら「ミーアキャット」を園内で探すのにちょっと手間取った。
「ミーアキャット」は【西園】にある「小獣館」にいる。
上野駅から行くと、なかなか距離があるので、覚悟して行こう。

さて、映画の内容に関して、ちょっとだけ書いておこう。

続きを読む "『ミーアキャット』試写会 @ 上野動物園「動物園ホール」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

今日の、福井晶一くん、、、待ってたぜい!

Boad

満を持して、ご登場です!

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、待ってたぜい!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

ベルばら入浴剤

知る人ぞ知る入浴剤。。。

Rose1

以下、、、個別解説(爆)

続きを読む "ベルばら入浴剤"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

今年の年賀状で予言?の福井トニー君

彼を覚えていますか?

Tony_2

公式ページに、本物が、いました。

【行き方】・・・・「Photo Gallery」の7番目!

 (あと、31枚目にも彼が・・・)
 (でも、10枚目のは違うらしい・・・)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

各々方、、、お祭りで御座った。

元禄15年12月14日の未明に起きた「赤穂浪士による吉良邸討ち入り」は、
すでに300年以上も前の事。
この12月14日は、太陽暦にすると1月末にあたるそうで、
雪が降っても不思議じゃない季節。

まあ、それでも「12月14日」というのが大切なわけで、

Seimon

300年前の凶行現場に、思い立って、行ってみた。

Park2

もちろん、その前に蕎麦で腹ごしらえは、お約束。

Soba

けど、なんか変だぞ、、、「各々方」が法被なんか着ている。。。むむっ!

続きを読む "各々方、、、お祭りで御座った。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

おっきな、クマ、、、

さて。。。何でしょう?

Sand1

これは。。。

続きを読む "おっきな、クマ、、、"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

『WALL・E / ウォーリー』

ディズニー&ピクサーの最新作、『ウォーリー』を観てきた。

ピクサーの映画は、本当に「何も知らないで観た方が好い」映画が多い。
 (まあ、ほとんどの映画がそうなのだけれど、
  例えば『レッド・クリフ』などは、ある程度知って観た方が楽しかろう)

その一番は『Mr.インクレディブル』で、
ほとんど内容を知らずに観たあの映画は、この展開が最高に楽しかった。
おおよその結末が予感できていた『カーズ』も『レミーのおいしいレストラン』も、
「なるほど、そういう・・・」と感心し感動できる映画だった。

さて、『ウォーリー』。
余りにも事前の宣伝が過剰、というか、露出が多くて心配した。
なるべく触れないようにしてきたものの、
「あの映画」と「この映画」と、基本的な設定を知ってしまったし、
実は、そこから想像していた物語と、本編はほとんど違わなかった(笑)

でも、だからこそ感じた奥行きの深さが、とても楽しかった。
それこそ、「オーソドックスなミュージカル映画」を(或いは『CFY』を)観る楽しさ。
まさに【ボーイ・ミーツ・ガール】の面白さに溢れた1本だ。

Walle

映像の「塵加減」がなかなか。
みかん星人は、映画館のかなり前方(この時は3列目!)で観るのだけれど、
埃の感じ、星屑の手触り、俯瞰する宇宙、、、総てが(観たこと無いけど)リアル。
面白いのは、最も細密に描かれているのが主人公の【ウォーリー】君なのね(笑)

さて、、、ここから先は『ウォーリー』を観た人限定です。

続きを読む "『WALL・E / ウォーリー』"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年12月 6日 (土)

「ダイヤモンドヴェール」@東京タワー

Tt

続きを読む "「ダイヤモンドヴェール」@東京タワー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

大切なのは、話題にする事。

さて、このポスター、ご存知ですか?

Ps49

Ps50

あまり鮮明ではなく、文字もしっかりとは読めないかもしれませんが、

「何を訴えているポスターなのか」

は、お分かりいただけると思います。
 (さらに詳しい事は、こちら、など・・・)

いちおう、確認しておきますが。。。。

続きを読む "大切なのは、話題にする事。"

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »