« 吹割の滝 | トップページ | 『レッドクリフ』 Part1 »

2008年10月19日 (日)

矢木沢ダム

「吹割の滝」を見て、「老神温泉」で旨いものを食べ、温泉で寛いだ翌日。
何処へ行こうかと地図を眺めていたら、少し行ったところに「矢木沢ダム」を発見。
これぞ紅葉狩りの穴場なりと決めて、水上周りでいざ出発。

Yagi1

「矢木沢ダム」で生まれた湖は「奥利根湖」。
利根川の源流辺りにあるので、そういう名前。
一方、みかん星人が子どもの頃に何度も行ったのは「奥多摩湖」で、
これは多摩川の源流近くにある「小河内ダム」が生んだ湖で、東京都の西端。
「奥多摩湖」は、まさに「東京の水瓶」という名に相応しいのだけれど、
本当の水瓶は、この群馬の北にある「奥利根湖」なのだ。

子どもの頃に見た「小河内ダム」は、「重力式ダム」。
今回いった「矢木沢ダム」は、「アーチ式」で、見た目にもとても美しい。

Yagi2_2

まさに、目が眩む光景なんだけれど、
ちょっと、この階段や通路を歩いてみたい気にもなったり。。。。

で、紅葉狩りが目的だから、「奥利根湖」をパノラミック・ビュー!

Okutoneko

「見ごろ」にはちょっと早かったけれど、なんとも清々しい眺めだった。

ダムの見学設備があって、そこで見たビデオも面白かった。
そして、こんな奴も。。。

Kuma

思わず逃げ出す彼らだったけれど、
この周辺にはカモシカなんかもいるらしい。

下山途中では「須田貝ダム(すだがいダム)」にも立ち寄った。
むかしは「楢俣ダム(ならまたダム)」といったそうだけれど、
これが典型的な「重力式ダム」だ。
ここのビジターセンターで勉強して、満点の卒業証書を貰ってきたぞ。

Sudagai

紅葉には、いまひとつ早かったけれど、
お陰で、渋滞は「水上IC出口」だけだったので、大満足の旅行だった。

|

« 吹割の滝 | トップページ | 『レッドクリフ』 Part1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/42863340

この記事へのトラックバック一覧です: 矢木沢ダム:

« 吹割の滝 | トップページ | 『レッドクリフ』 Part1 »