« 『宇都宮美術館』 | トップページ | 矢木沢ダム »

2008年10月18日 (土)

吹割の滝

どの劇場にも緊急の用がなさそうな、小春日和の週末に、
思い立って「老神温泉」へと行って見た。

金曜日に決めた割には、素敵な宿が確保できたし、
実際に行ってみても「紅葉渋滞」といった事もなく、
ある意味で「すっごい不況」なのかなーなんて思ったりしたけれど。。。
まあ、ともかく、国道120号線を走って「老神温泉」へ。

宿に着く前に、その近くにある天然記念物「吹割の滝(ふきわれのたき)」を見学。
どの名勝観光地にも見られることだけれど、周囲には「無料駐車場」がたくさんある。
で、そこに停めようと車を乗り入れると、おぢさんが現れて、
「この奥に置いて頂戴。で、帰りにここの売店でおみやげ買ってくれると好いなぁ」
なんて事を言うわけである。
まあ、そういう場所には、たいてい「吹割饅頭」だとか「吹割サブレ」なんてのがあったり、
野菜やキノコが売られていて、記念やおみやげに買うには悪くないんだけれど、
1回500円で停めさせた方が利益になる気がするのは、私だけなのだろうか?(笑)

でまあ、「滝に一番近い」と書いてあったところに車を置かせて貰って、
トンネルをくぐっていよいよ滝へと向かう。
だらだらと川岸まで下ると、
そこには、渓谷(吹割渓谷)とは思えないほどに広い川幅の「片品川」が流れている。
遊歩道の直ぐ近くまで来ている川は、しかし、思った程深くなく、
むしろ「大きな岩の上を水が滑ってゆく」感じのようだ。

実際、そこは溶岩でできた大きな岩で、
それが次第に川によって侵食されて、滝になっているというものらしい。
今も年に数センチの侵食が進んでいるとのことだった。

そして、いよいよ「吹割の滝」だ。。。

Fuki01_2

良く見るとわかるかな?彼らのすぐ後ろにも川が流れていて、
つまり3方から滝が落ちている。
ので「東洋のナイアガラ」とも呼ばれているそうだ。

ここから下流に数百メートル行くと、もうひとつ大きな滝があって、
「鱒飛の滝(ますとびのたき)」と呼ばれている。

Fuki02_2

さて、再び上流にもどって、「浮島」からも眺めて見たのだけれど、
そこから、川の反対側の岸へ渡り、「観瀑台」へと続く道への案内があった。
普段なら行かなかったかもしれないのだが、
また宿に行くには少し早いしという事で、30分ほどのハイキングに出た。

「観瀑台」とは言うものの、あまり期待もしないで、
所々に色づく木々を眺めながら、少々急な山道を歩いていくと。。。
「第一観瀑台」に到着した。。。

Fuki03

実に素晴らしく、ダイナミックで、爽快な眺めが、そこにあった。
「吹割の滝」に行かれた際には、ぜひともこのコースを歩いて欲しい。

ところで、この写真では解り難いけれど、
滝の下側に人が数人いて、そこに白線が引かれている。
この白線が「限界線」で、これよりも滝に近付こうものなら、
警備員に笛を吹かれて、怒られてしまうので要注意。
ちなみに、一枚目の写真は、
ちょうど赤い服?の人がいる辺りに立って撮ったものだ。

また、この動画は、右側に見える遊歩道が、松葉に隠れる辺りで撮ったもの。

「いかにも」の紅葉には、まだ少し早いものの、
紅葉のグラデーションが実に麗しい利根村の10月でありました。

|

« 『宇都宮美術館』 | トップページ | 矢木沢ダム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/42842389

この記事へのトラックバック一覧です: 吹割の滝:

« 『宇都宮美術館』 | トップページ | 矢木沢ダム »