« 『楽して成功できる非常識な勉強法』 by 川島和正 | トップページ | 『アイアンマン』 »

2008年9月 3日 (水)

『男のための自分探し』 by 伊藤健太郎

最近順調に読みこなしている『本が好き!』プロジェクト。
ですが、
今回手にした本は、今までの本の中で最も持ち歩くのが恥ずかしかった。
 (このプロジェクトで手にした本はカバー無しで持ち歩くようにしているので)


男のための自分探し

  • 伊藤健太郎
  • 1万年堂出版
  • 1260円

Amazonで購入
書評

そもそも「自分探し」という言葉が、みかん星人は好きになれない。
確かに、そういう意識は必要だと思うけれど、
それは、意識であって、疑問であって、原動力では在るだろうけれど、
「言動」となって発露されるものではない、と思う。
まして、今日のように「目的」となっているのは、理解不能。

と、いうわけで、だからこそ、この本を選んでみたのだけれど、
この本に書いてある事は、まさに私が感じていた事への回答でもあった。
つまり、
自分探し」は目的や言い訳・・・たとえば、
「自分に素直に」とか「自分がやりたいことをする」というのではなく

自分探し」は、
「行動のテーマ」であり、明日の「方向付け」なのだということ

ともかく、その「自分探し」とはどういうことなのか、
という点に関しては、この『男のための自分探し』を読んでいただくとして、
ここで、改めて注目したいのが「男のための」という部分。

「男と女」という分け方は、最近とても難しい。
「社会的・文化的な性のありよう」と「生物学的な性」との区分。
そしてまた「生物学的な性」においても、
自分の性をどう捕えるか、
つまり「性自認」とか「性同一性」と言われる区分もある。

が、この本がテーマにしている「男」というのは、
配偶子に「精子」を持つオスのこと。
つまり、生まれながらにして体内に「卵子」をもつメスをもとめて、
他のオスたちと生涯を掛けて熾烈な争いを続けさせられる生き物のこと。

より多くの、より美しい「卵子」を捕まえるために努力する「精子」。
それが、
その「精子(遺伝子)の乗り物」である「男」を駆り立てる原動力となり、
際限の無い「もっと」を求め続けさせる。
女性に限らず、お金、車、地位、名誉への「もっと」を求めさせる。

が、それは「精子」が求めることであり、
その運び役である「男」にとっては、無限の徒労に過ぎない。
なにしろ、遺伝子が企んでいる「より多くの子孫を残す」という目的の、
それを達成するための「手段」を続けさせれているだけ、なのだから。
 (もちろん、
  「女」も「卵子」の運び役として遺伝子の目的のために動かされる)

では、
その運び役の「男」である「わたし」は、何を目的にすれば好いのか?
この本は、ここでようやく「それが自分探しの入り口だ」と説く。

とにかく、とても上手くまとめられている本だと思う。
この本に書かれている事は、
20世紀までの「人類の思考史」の粋であって、
今を生きる私達にとっての「最低限の参考書」であるとすら言える。
この本に書かれている事を意識せずに、
明日を、恋愛を、夢を、そしてなにより「幸福」を語る事は無茶だ。

「男のための」と書かれているけれど、
これは是非とも女性にも読んでもらいたい。
貴女の「卵子」に幸福をもたらしてくれる「精子」の選び方が書かれてる。

ところで、
著者の「伊藤健太郎」さんは、「科学哲学」を専攻した人だそうですね。
で、「科学哲学」ってなんだろう?と思って調べてみたら、
このページがとっても面白かった。
こういう学問もあったんだなぁ、と、なんか羨ましく思った次第。

【書評リンク】
ひるねさん
キアさん
WEBMANさん
solisさん

イソップさん
kbbさん
風竜胆さん
甲斐小泉さん

mozu180さん
サムさん
へびーさん

|

« 『楽して成功できる非常識な勉強法』 by 川島和正 | トップページ | 『アイアンマン』 »

コメント

はじめまして。あなきんと申します。書評を頂き、どうも有難うございました。

いろいろな方のレビューを拝見して、いつも思うのですが、読書家の方は、著者の言いたいことを、ズバリ当てておられて、しかも著者より上手に分かりやすく表現することに長けておられるように感じます。
私の下手な文章から、ここまで私の主張をくみ取って短くまとめて頂きますと、感動すら覚えます。

他の方の書評と一緒に、当方のブログ『愛と哲学の自分探し』に紹介させて頂きました。どうも有難うございました。

投稿: あなきん | 2008年9月10日 (水) 午後 03時49分

あなきんさん、コメントありがとうございます。

まあ、読み手なんてのは、
「なんとか自分なりの解釈」をしてみたくて、
そして活字の中を彷徨うのが病でありまして(笑)
なれど、心のどこかで、
「私には書けないんだけどね。。。」
と言い訳しているのだと思います。

ブログは、本を手にしてすぐに拝見しましたが、
私のところからではちょっと重いのと、
ユニークなリンクが多くて、えっと、微笑ましいですね。
http://tetugakuboya.cocolog-nifty.com/test/

投稿: みかん星人 | 2008年9月11日 (木) 午後 01時51分

はじめまして!

みかん星人様

jibun354と申します。

私も『男のための自分探し』読みました!
途中から哲学的な内容になって、自分には少し難しいように感じましたが、大事な事が書かれていると思います。
他の人はどんな読み方をしているのか、興味があるので、『男の~』書評をまとめたブログを作ってみました。

http://d.hatena.ne.jp/jibun354/20081031/1225439477

にて紹介させていただいたので、どうぞ来ていただければと思います。

投稿: jibun354 | 2008年10月31日 (金) 午後 04時55分

jibun354さん、コメントありがとうございます。

また、面白いブログへのご招待、ありがとうございます。
TBも公開いたしました。

これからもよろしくお願いします。

投稿: みかん星人 | 2008年11月 2日 (日) 午後 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/42238756

この記事へのトラックバック一覧です: 『男のための自分探し』 by 伊藤健太郎:

» 男のための自分探し 伊藤健太郎 一万年堂出版を読む その2 自分探しを哲学する [WEBMAN---ネットマーケティングコンサルタントへたれSのブログ]
先日のエントリーでも紹介した、男のための自分探し  伊藤健太郎 一万年堂出版について再度エントリーします。 男のための自分探し 1万年堂出版 1260円 Amazonで購入 書評 /ライフスタイル 【主な内容】(一万年堂出版ホームページ より) 男は単... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 午前 01時51分

» 男のための自分探し [TSUTAYA×BOOK とびっきり BOOK Navigator’s Blog]
男のための自分探し 著/伊藤健太郎 一万年堂出版 作品紹介 男は単純なので、お金、車、恋人と、欲しいものを手にいれようと奮闘する--これぞ遺伝子の思うつぼ!東京大学で「科学哲学」を究めた著者が、構想10年、ついに明らかにした、世界一身近で面白い「自分探... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 午前 10時00分

» 男のための自分探し [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
 今日紹介する本も、「本が好き!プロジェクト」から献本いただいたものだ。この場を借りて御礼申し上げたい。  献本いただいたのは「男のための自分探し」(伊藤健太郎:一万年堂出版)という本である。写真でも分かるとおり、あずき色の表紙がかなり目を引く。近所の....... [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 午前 09時09分

» [書評の紹介]「みかん星人の幻覚」さん [『男のための自分探し』が面白い]
男のための自分探し 伊藤 健太郎(著)が みかん星人の幻覚: 『男のための自分探し』 にて紹介されています。 『男のための自分探し』 最近順調に読みこなしている『本が好き!』プロジェクト。ですが、今回手にした本は、今までの本の中で最も持ち歩くのが恥ずかしかった... [続きを読む]

受信: 2008年10月31日 (金) 午後 04時56分

« 『楽して成功できる非常識な勉強法』 by 川島和正 | トップページ | 『アイアンマン』 »