« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

2008年 トニー賞授賞式

年に一度のお楽しみ。
今年のトニー賞授賞式が放送されました。

結果は、英語ですが、こちらに。
あと『ラ・アルプ』が届いている方は、解説をどうぞ。。。

さて、昨年のオープニングは『コーラスライン』でしたか、
今年のオープニングも、本当に圧巻でした!!

続きを読む "2008年 トニー賞授賞式"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

『ウェストサイド物語』 @ 京都劇場

急遽、いろんな時間に仕事を押し込んで(笑)時間を作って、
京都劇場の『ウェストサイド物語』を観にいってしまった。。。

もちろん、福井晶一くんがトニーを演じているから。
だけど、ここでも書いたように、
映画も含めて、私はこの物語が好きになれない。
最大の要因は主人公の片方・トニーの人格設定の曖昧さにあるし、
その設定の曖昧さを起因にして描かれる、
「若い者にありがちな悲劇」という都合の良い展開が好きになれないから。
そんなトニーに、福井くんがどう挑んでいるのか。。。

劇場に到着して、改めてガッカリしたのだけれど、
「京都劇場」の『ウェストサイド物語』は生演奏ではない。
だから、
オーバーチュアで『体育館でのダンス』が流れても楽団員の「マンボ!」が無い。
どーせ客席には空席が目立つのだから、
でっかくオケピを開けて、生演奏という価値で客を呼べは良いのになぁ。
あの躍動感溢れる音楽が録音で流れて、それに役者が合わせるのでは、
『ウェストサイド物語』の魅力の大半を捨てているようなもの。

でも、舞台の上の役者達は、とても素晴らしかった。
特に、松島リフが率いるジェット団のなんとも言えない仲間意識は、
東京の頃よりも更に心地よくなっていて、ほほえましかったなぁ。
彼らの『Cool』は、もう本当に最高。。。絶頂時の「ピラミッド」レベルだ。
それと、彼らとは相対するシャーク団のアニタ!
団こと葉さんのアニタは初めてだったけど、これがもう、実に素晴らしい。

・・・いや、その前に、、、だ。目的の福井トニーのお話。
今回も「幻覚」炸裂モードだなぁ(爆)

続きを読む "『ウェストサイド物語』 @ 京都劇場"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、今週も来ちゃった

今週もやってきました、1日2回公演の日。

Cast

やっぱ、マチネよりもソワレの方が調子いいみたい、福井くん。
お歌“マリア”は、先週よりも福井節が強まりましたね。
自分のものにしていってるんですね。
1幕後半のトゥナイトは、相変わらず迫力ある歌声で、
泣いちゃうかと思うくらい福井くんの歌声に魅せられました。

さて、観劇回数が増えるにつれ、他の方々も見分けがつくようになってきました。
なんせ、最初、
ジェット団の人たちは皆、なだぎ武さん扮するディランだっけ?に見えてたワラワです。
今日は、岩崎くんがちゃんとわかった。
お芝居している最中に、靴紐を結び直してた。
よゆう~!!
そうそう、靴紐と言えば、
トニーってマリアの部屋から出て行くとき靴紐を結ぶんだけど、
片方しか結ばないで出て行っちゃうんだよね。
結べてない靴紐踏んだりしてコケないでネ、福井くん。

それから、京都でのラジオ番組で寿司が好きって言ったそうで、
京都駅ビルのB1階にある漬物屋街の中で、
お食事ができる漬物屋さんがあるんだけど、そこに漬物寿司があります。
劇場からスグなので、
福井くん、京都に居るうちに1度、食してみて~。。。おいしかったヨ。。。

Sushi

今回のカンパニーで福井トニーに次いでお勧めは、
団さんのアニタです。
団さんアニタは、肩から二の腕の線が綺麗で、
また、それがダンスシーンで何とも言えない動きをして、メチャ好きです。

あと、リフの松島くん。
“クール”であんなにダンスしていながら、
ちゃんと息切れしないでお歌も歌えてしまうのは、すごい!
(だけど、1日2回公演の日は、さすがにソワレでは、へばってましたけど。。。)

とにかく、お話の展開は好きじゃないけど、
福井くんがトニーをやっているうちは、京都通いが続くワラワです。
(だから、キャッツ7000回はパスでした。あはは。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

『思い出を売る男』 by 劇団四季

「自由劇場」という空間を生かす、いやむしろ、あの劇場ならではの演目
もう何度も観ているけれど、こうして記事にするのは初めてか・・・
「面白い」とか「楽しい」というものではないけれど、
しばしば笑いも起きるし、背景から考えればその重苦しさも軽微なもので、
満足度の高い舞台だと思う。

戦争が終って6年目の昭和26年。
講和条約の締結があり、独立直前のこの時代の事など、もちろん知らない。
けれど、特段の解説が無くとも「その頃」が見えてくる。
あの「三部作」のような解説などが無くとも背景を感じられるし、
いやむしろ、解説が無いお陰で、この舞台は永遠の普遍性を手にしている。
 (もちろん三部作を舞台にかける意味は理解しているつもり。
  それは「演劇としての完成度」や「ミュージカルにする意味」とは別だが(笑))

何度みても、そして不思議と感動してしまうのは、G.I.の場面。
この場面こそ「ミュージカル・プレイ」の原点だと、みかん星人は思う。
音楽に導かれて、壁の向こうに幻をみるG.I.のその様子は、
舞台の上に自らの心の投影を期待して集まる我々観客そのもの、だと。

続きを読む "『思い出を売る男』 by 劇団四季"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月25日 (水)

祝30周年

いちお、開設目的のひとつだったので、書いておこう。

30年前、みかん星人は高校2年生。
この時のクラスは変っていて、たしか一度も席替えをしなかった。
というか、それぐらいしか記憶の無いクラス(笑)
で、当時のみかん星人は「オーディオ」とか「VTR」というのに執心で、
「音楽」や「映像」にうるさい連中と話しているのが楽しかった。

その「放送室」と書かれた場所にはいろんなレコードが散乱していて、
中でも、つり上がった目のユーミンが可愛い『紅雀』とか、
 (アルバムとしては、前の『14番目の月』が好きだったけど)
前の年から大流行していたABBAの『アライバル』なんかがいつも流れてた。
 (もちろん『ダンシング・クィーン』がヘビロテだった)
解散したキャンディーズや、百恵ちゃんに熱を上げている奴もいたし、
『ホテル・カリフォルニア』の後半をコピーしていた先輩や、
公開直前の『スター・ウォーズ』に興奮している後輩もいた。

そんな頃のこと。。。
当時売れていた「世良公則」とか「原田真二」や「CHAR」とは違って、
ロッカーとは思えない「和」な顔をして、
全く洗練されていない音楽を怒鳴って出てきたのが、
『サザンオールスターズ』だった。
最初の、30年前の今日出た『勝手にシンドバッド』なんて、
『勝手にしやがれ』と『渚のシンドバッド』からパクった程にいいかげんで、
「茨城人、そうね大胆ね」
としか聞こえない程に歌唱もいいかげん。。。

で、みかん星人は、そんな彼らに、直ぐにハマった!
・・・という訳ではなかったのよね(笑)
ハマっていたのは、クラスで前の席にいた宮本君(だったかな?)で、
なにかというと「いま何時」と聞いてきて煩かった。

みかん星人がハマったのは、このアルバムだった。

First_2

このジャケット、ほんとは黄色い帯がついていて、そっちの方が綺麗なんだけど、
ともかくこの中身、、、これは「洗練されて無い」のではなくて、
「泥臭い音楽を求めている」ような気がして、ちょっと嬉しかった。
そうだ、、、
当時はAORなんかが流行で、ボズスギャックスとかも聞いてたけれど、
そういった音楽のルーツ的な匂いがしていたんだ。。。

ともあれ、あれから30年かぁ。。。
「バンド」が長続きするなんて思ってもみなかったから、
 (自分自身も50歳に近づくなんて思ってなかったしぃ)
ここまできてみると、改めて「すごいね」と思う次第。

ちなみに。。。新曲は、こんな感じで聞けちゃうのだ。 (音量注意!)
「踊ろ」とか「夏の」という辺りの運びが、そう、サザンだなぁ。

と、いうわけで、、、一番下に、なんか変なもの、付けてみました。
クリックすると、、、イントロクイズがでてきます(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

今夜の、福井晶一くん、、、死なないでっ!

さあ。。。ソワレっ。

Soiree

続きを読む "今夜の、福井晶一くん、、、死なないでっ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の、福井晶一くん、、、すっげー

マチネから来てしまった。。。。

Matinee

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、すっげー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

『幻詩狩り』 by 川又千秋


幻詩狩り

  • 川又千秋
  • 東京創元社
  • 861円

Amazonで購入
書評

『日本SF大賞』を受けたこの小説を読んで感じたのは
「今日の【SF小説】という括りは、まったく理解できない」という事。

子どもの頃に読んだ【SF小説】というのは、
例えば『時をかける少女』だったり『夏への扉』だったり『ボッコちゃん』で、
どれも狭義の【SF小説】(つまり「空想科学小説」)というよりも、
「センス・オブ・ワンダー」を感じさせてくれたり、
「少し不思議(Sukoshi Fushigi)」な気分をくれる、柔らかいSFだったが、
ともかくも、
【科学の進歩が人間に与える影響(若しくは影響されない人間の性)】
や、
【不思議(突発的)な出来事に人間がどう対処するか】
 (まあ「人間」というよりは「知的生命体」と言った方が普遍的かな?)
を描くジャンルという認識でその後も多くの【SF小説】を読んできたつもりだった。

ところが、この『幻詩狩り』は、
私の【SF小説】に対する認識と微妙に、いやかなり、ズレている。
そもそも【SF小説】であるにしては少々設定・説明が杜撰に思える。
しかしながら、これが『日本SF大賞』を受賞したという現実。。。これぞSFか(笑)

以下、久しぶりにもの凄い「幻覚」を書いております。
この本に関心の無い方は、こちらの書評をごらんくださいませ。。。

続きを読む "『幻詩狩り』 by 川又千秋"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

今夜の、福井晶一くん、、、マリア!

と、いうわけで、、、1時間前にようやく決定しました。
福井くん、久しぶりの新しい役どころかな。

さて、、、楽しみです、、、いろいろ。

そして、はい、あの人からのレポートが。。。。

Kyoto

続きを読む "今夜の、福井晶一くん、、、マリア!"

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2008年6月 8日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、お変わりなく

福井くん、お元気でいらっしゃいました。

雄叫びは上げるし、客を煽るし、足はよく挙がり、お歌も福井節が聴けて、
堪能とまでは言えないけど、ニヤけました。

初ジェリロ、声がデカ!
初ガス、キビキビしたガスだこと。声も若っ!
1か月ぶりの猫だけど、何も変わっていない猫でした。

福井タガー、前の席の方々と、とっても笑顔で握手してた。
あんな笑顔の福井タガー、なかなかお目にかかれませんワ。
その笑顔、ワラワにちょうだい!!
・・・イエイエ、そんな贅沢。
順番通りに握手していただいただけで、ワラワはとっても満足ですヨ。

本日の猫の皆さん、
な~んか“明日は休みだ~!!”って感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

『鹿鳴館』 @ 新橋演舞場 by 新派

まだまだ「初体験」があるのは嬉しいもの。
初めて「新派」を拝見いたしましたわ・・・

「新派」は、歌舞伎を「旧派」とみての「新派」だそうで、今年で120周年。
『恐れを知らぬ川上音二郎一座』が、まあ、その初期らしい。
 (そーいゃあ、この↑観劇記事も眠ったままだなぁ。。。)
その後「新劇」ってのがでてきたりして、でも、今日まで続いてる伝統芸。

新派の中にあまた居る「名優」のなかでも大看板なのは「水谷八重子」
その初代が、文学座の『鹿鳴館』(つまり初演)を観て、
「うちでやれる」と新派に持ってきて上演し、
やがて【八重子十種】と呼ばれる得意演目にまでしてしまった。
13年前に、いまの二代目水谷八重子の手によって演じられているそうで、
久しぶりの上演、ということなのかな?

ま、新派での歴史はともかく、この『鹿鳴館』、
なぜかほとんどの台詞が体に染み付いているので、
チケットは高いけれど、興味半分、実は冷やかし半分で観にいった。

ら・・・・

いやもう、大変ですよ、、、舞台芸術ってのは(笑)

続きを読む "『鹿鳴館』 @ 新橋演舞場 by 新派"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

歌詞検索

自分のために、つけてみました。。。一番したにございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »