« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)

『トゥーランドット』@赤坂ACTシアター

こちらはプッチーニが手がけたオペラ『トゥーランドット』を、
日本を代表するスタッフの手で再構築した舞台
演出が宮本亜門氏、音楽を久石譲氏、作詞が森雪之丞氏、衣装がワダエミ氏。

あの冷血なお姫様と謎解きの(特異な)愛情(愛憎)物語が、
見事な政治物語(どことなく『モーツアルト!』風)として組み上げられていた。

スタッフも見事だけれど、キャストもなかなか。
何度も舞台で観てきた岸谷五朗くんは、いつもと似た感じの役で、
(政治物語にしてるのに善悪二極論に留まっているあたりが「いつも」なところ)
「もう少し苦労して欲しい」と感じる役不足感があったけれど、
やはりあの台詞回しはお見事。

台詞回しの見事さでは、さすが歌舞伎役者・中村獅童くんの怒鳴り声が素敵。
あれだけ怒鳴っておきながら、台詞が通るのが凄いんだけど、
でも、ミュージカルだからって、歌わなくても良いと思う。
歌うと、急に品?が下がるのはどーしてだろうなぁ(笑)

逆に、台詞を総て歌にしてしまえば良かったと思ったのが、
トゥーランドット姫を演じた、台湾の歌姫・アーメイ嬢。
歌は大変に上手くて伝わってくるのだけれど、台詞が残念。
これは総て歌にしてあげるという演出があっても良いと思う。

最も感動したのは、実は、安倍なつみちゃん!
「なんでこんな配役をするかなぁ。。。。」と思っていましたが、失礼しました。
台詞もちゃんと丁寧に発していたし、なによりも歌が上手い。
特に『月の人』は新作ミュージカルの曲なのに既に名曲の響きがあるし、
それを彼女は実に豊かに情感を乗せて歌っていた。
あれは、まさにミュージカルな場面だったなぁ。。。

舞台装置は、簡潔だけれど創意に富んだもの。
ただ、2階から観ていると、意外に平面的に見えてしまう。
呆れるほどたくさん出てくる役者達も、量としては圧倒的だけれど、
どうも「混乱」しているようにも見えてしまうことがあった。
というか、どうしてあんなに長くチャンバラする必要があるのかねぇ(笑)
なんとなく地球ゴージャスかと思ってしまった(笑)

それにしても、、、、この劇場は。。。

続きを読む "『トゥーランドット』@赤坂ACTシアター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アイーダ』@新国立劇場

ヴェルディ作のグランドオペラ『アイーダ』を劇場で観るのはこれで3度目。

Aida2

エルトン&ライス版を何度か観ているお陰で、
最初に鑑賞した時から物語は充分に理解していたし、
更に物語の深い部分、特にアモナズロに関して、興味深く観る事ができた。
ただ、オペラ独特の「濃密な旋律」の中で迷子になった気がしていた。

今回、DVDでの予習もあり、3度目にして余裕の鑑賞wink
と思っていたけれど。。。
この舞台の演出に圧倒されて、
改めて「オペラにハマる人々」の心境を理解してしまった気配・・・
ほんとうに、オペラという芸術は、奥が深い。

此度の『アイーダ』は、
この新国立劇場のオペラ劇場(オペラパレス)が開場した時に上演された、
「フランコ ゼッフィレッリFranco Zeffirelli」氏の演出による絢爛豪華な舞台の再々演。
今回は、記事も豪華に、彼らの対談を収録いたしました(笑)

続きを読む "『アイーダ』@新国立劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

今日の、福井晶一くん、、、アフター6のデート

仕事帰りにフラッと寄って、福井晶一が出ていることを確かめてから当日券で入る。
あ・・・すっごい贅沢。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、アフター6のデート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

基本的な情報は、こちらを。。。

なにしろ、ノラジョーンズが映画に出るという、それだけでも観たかった。
しかし、みかん星人、いつからこんなに恋愛映画を観るようになったのかねぇ?
でも、思っていたよりも「恋愛映画」ではなく、
構造も、ちょっと不思議で、「オムニバス」的な映画になっている。

ノラジョーンズの他にも、
『ナイロビの蜂』のレイチェルワイズに、
『ビューティフル・ガールズ』(それかい!)のナタリーポートマンという、
みかん星人好みの、ちょっと圧力高めの女性が出てきて、これが好い。
何が好いって、これだけの美人が、実は。。。。ま、それは映画を観て頂いて。
ともかく思うのは、
「女性が幸せになるのって、むつかしいんだなぁ」
というところ。

そ、、、この映画はかなり曲者で、
ついつい「恋愛ってのはさー」なんて感じで語りたくなってしまう。
でも、こんなところでそれを語ってもキリが無いし、
「オムニバス」のように語られる大きな二つのエピソードは、
監督がこの映画で直接表現したい事と強烈に結びついているわけでもない。
だから、ヒロインが出逢ったエピソードそれ自体を語ることはしない(笑)

この映画で監督が伝えたい事は、プログラム(600円)に書いてありますが、
要するに「どーして、ブルーベリー・パイは売れ残るのか?」という事。。。かな

続きを読む "『マイ・ブルーベリー・ナイツ』"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月23日 (日)

ガンダム モニュメント

となり町?に、「機動戦士ガンダム」のモニュメントができるというので、
日曜の朝早くから、マスクして、行ってきました。

Kamiigusa_3

到着したのは、除幕式10分前でしたが、
意外に多くの人(『キャッツ』のリハ見に来た人ぐらい?)が集まっていました。

実は、一週間前に『魔法にかけられて』を観た帰り、下見に来たのですが(笑)
その時には、もう、白い幕を掛けられていました。
想像力に乏しいみかん星人は、「ガンダムの胸像」ができるのだと思っていたので、
妙に細いシルエットに「なんか変なもの作ったんじゃないか?」と思ったりもしました。

が、、、これがどうして、なかなかいい出来栄えなのであります。

続きを読む "ガンダム モニュメント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、discount,please!

昨夜のキャッツがなんとなく物足りなくて、今夜も猫屋敷へ。

今夜の方が良かったです。
どこがどうって言えないけど。
福井タガー、かっこよかったです。
別に、昨夜の福井くんがかっこ悪かったわけじゃないけど。
今夜のタガーの方が、かっこよく見えました。

やっぱり、歌声かな?
昨夜は、高い声が綺麗に出なかったけど、
今夜は、高い声は出さずに、低い音域で歌ってました。
だから、無理なく聴けて、安心して福井くんを観ることができました。
ところどころで見せてくれる笑顔が今日はホント、素敵。

それに、グリドルボーンを迎えにいった時の笑い声は、自身溢れるラダメスのようでした。
(降りてきたのもアイーダでしたしねぇ・・・)

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、discount,please!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

『キャッツ』の「リハーサル見学会」

福井くんも出ているし、なによりも「レベッカ・デミ」なので、
『キャッツ』のイベント「リハーサル見学会」に参加してきました。

今日の「リハーサル」は「ジェニエニ・ナンバー」。
イベントの「質問コーナー」に登場なさった役者さんは、
武藤 寛さん、齊藤 翔さん、大口朋子さん、石栗絵理さんの4名で、
分かる人には分かる、二組のカップルのご登場でした。

イベントが行われるという、それ自体は面白いと思いますし、
前回参加した「バックステージツアー」は大変に面白かった。
ただ、今回の「リハーサル見学」というイベント、
本当に『キャッツ』という演目にとって「いい」のか「わるい」のか、、、
少なくとも、みかん星人に取っては「あまり面白くないイベント」に思えました。

続きを読む "『キャッツ』の「リハーサル見学会」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

今日の、福井晶一くん、、、やっぱりマンカス!

カテゴリーは、日記です(笑)

一部で話題のここ、、、
なんとか、福井くんから、欲しい
と粘った福井狂(ばか)さま、とうとう発見しましたhappy02

これが、福井くんからの手紙です!

宛名が可笑しすぎます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

『クンドゥン』

いま、ぜひとももう一度観たい映画が『クンドゥン』です。
恵比寿の映画館の(望んで)最前列で見ましたが、
独特の重低音と、不思議な文化と、凶暴な政治に圧倒されました。
すっかり魅了されて、
ダライラマ14世の講演を聴きに行ったり、チベット舞踊を鑑賞にいったものです。

映画の感想を書いてあった気がしましたが、
どうやら、前世紀の文化、ニフの映画フォーラムに書いてあったようです。
もう、10年も前に制作された映画ですが、
内容がますます今日的になっているのが悔しいこと。

これは劇場で観てはいませんが、
セブン・イヤーズ・イン・チベット』も、いま、観ておきたいですね。

続きを読む "『クンドゥン』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、私を連れ去って!

今日のタガーは福井くんらしいタガーでした。
今日の福井くんの歌声を聴いて、その心地好さに、
“福井晶一が、大好きだぁ-!”
と本気で泣くかと思いました。
(はいはい)

本日、連れ去られたお嬢さん、結構、余裕あるお嬢さんでしたね。
タガーに振り回されたあと、肩を抱かれて紹介された時、
しっかりタガーの腰に両手を回してハグしてたし、
タガーがそのお嬢さんを席に戻さず、自分が座って隣の子に襲いかかってた時、
そのお嬢さんは、
“ちょっとちょっと”みたいにタガーをつついたりと、いろいろ遊んでましたね。

いいな。。。今日は私の隣の席、空いてたんだから。。。そこに座ってよ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

『魔法にかけられて』

前売券を買って楽しみにしていた『魔法にかけられて』を観た。
予告編からして「面白い」というか「可笑しい」映画で、
「ディズニーならではの名作」なのか、
「ディズニーの窮余の一」のどちらなのかに興味を感じていた。

さてではどーだったのか?というと、やや、後者のような気がする。
「もの凄く変った、大袈裟なスタイルで描いた、とても普通の恋愛映画」
というところですかね。。。前に観たのが(ピクサー作品だげと)
いわばミッキーマウスのパロディ作品『レミーのおいしいレストラン』で、
続くこの映画も「ディズニー・プリンセス」のパロディーもの。
確かに面白いアイディアではあるし、ディズニーを良く知る人には楽しいと思う。
けれど、ともかく物語は余りにもオーソドックスで、画もそんなに面白くない。
「画期的な映画」としては、ピクサーの次回作の方がワクワクする。
(とは言え、この次回作も『E.T.』や『サイレント・ランニング』の換骨奪胎か(笑))

が、はい、そうです、みかん星人はこの映画大好きで、とても楽しめましたsmile

続きを読む "『魔法にかけられて』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、その声

聴いていて心地いいと感じる声は、人によって違うと思います。

その昔、スターダスト☆レビューのコンサートに良く行っていたけど、
それは、ボーカルの声が好きだったから。
 (顔は決して好みではなかったけど。。。)
ボーカルの年齢が増すにつれ、声も好みの声じゃなくなって、
顔が好みじゃなかったから、足が遠のいちゃいました。
 
(みかん星人は、彼らの歌詞にガッカリしたので途中で出た事もありました(爆))

そんな時、
たまたま時間があったので、当時大阪で上演していた「アイーダ」を観に行ったら、
ハマる歌声に出会っちゃたんです。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、その声"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

『ジャンパー』

実は、数週間前に試写を見せて頂いたのですが、書けずにおりました。
なんか、すごく宣伝されているので、ちょっとだけ。

相変わらず、映画の内容に関してはこちらを(笑)

中学生の私だったら、間違いなく「絶対観たい!」と大騒ぎ系の映画ですが、
初老となったみかん星人でも「面白そう」と期待して観に行きました。
で、まあ、物語はともかくも、100分の間で、
「今日の映画がどんな事まで可能なのか」が、よーく分かった1本でした。
なにしろ、どこまでが現実なんだか、まったく分かりません。
本当に「そういう能力」が備わったかのような気分。

尤も、「映画」という文化は、
「行けない所へ瞬時に連れていってくれる」のが魅力だったわけです。
その「映画の魅力」を実際にやって見せてくれるのが面白い。
なにしろ、スフィンクスの頭上がどんな様子なのか?とか、
コロッセオの「底」に立ったらどんな気分なのか?を見せてくれる。
これだけでも、ある意味必見です。

続きを読む "『ジャンパー』"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、近すぎて・・・

五反田/大崎に『キャッツ』が来て以来、何度「前日予約」をしたのやら。。。
それでも、この演目の前日予約で席を取れなかったのは一度だけ。

そして、「最前列」を確保したのも、この日が初めてでした。
 (オペレーターのお姉さんと驚き合ってしまいました・・・)

さて、そうして手に入れた最前列。
実は、我が愛しのレベッカ・デミータ様との握手席なのですが、
もちろん、席に着いたのは、あの人ですcrying。。。では、レポートを。。。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、近すぎて・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »