« 『ヘアスプレー』 | トップページ | 『元禄演舞「忠臣蔵」』 by Yellow Label »

2007年10月27日 (土)

『キャッツ』

「荒川 務さんが、マンカストラップになる」
という素晴らしい情報を得まして、
『アイーダ』千秋楽のチケットを取れた興奮をまといつつ、五反田へ。
台風の影響を受けた雨の中、12時50分に劇場に着くと、
まだ8枚の当日券がありました。。。2階のセンターですけれど(笑)
 (驚いた事に、このマチネでは、JGに学生の団体がいました!!!)

さて、五反田に初めて登場した「荒川マンカス」は、
なんと「阿久津タガー」を従えていましたが(笑)実に爽やかな人、、、いや、ネコ。
冒頭のヘッドライトに、ちゃんと微妙に遅れて反応する辺りから、もう、面白い。
最高に面白いのは、上手に立っての長い台詞。
「ナイフで切ってしまえそうな静寂」が、なんとなくカラフルに見える気がする、
ちょっと色っぽい、説得力がある、流暢な台詞まわしなのです。

ソロのダンスは流石の上手さ綺麗さでしたが、
メス猫のリフトは、ちよっと不安で、最初のカッサンドラは中途半端。
それでも「失敗」に見せない辺りが本当に綺麗。
そう、、、やっぱり体の動きが物凄く綺麗なんですねぇ。
ちょっとした手の動きも、指先まで、とっても綺麗に動くのです。
 (で、それが2階席2列目から解るのだから、すごい)

ただ、マキャヴィティを追いかける時には迫力が無いし、
「ヤクザなマンカス」もなんか妙に可愛い。。。
 (ここでの「尻込みする阿久津タガー」は必見です!)

ともかく、荒川さんがマンカスをできるというのを知らなかったので、
もの凄ーく楽しめた、得した気分の『キャッツ』でありました。

|

« 『ヘアスプレー』 | トップページ | 『元禄演舞「忠臣蔵」』 by Yellow Label »

コメント

ごぶさたしております。
うわー、荒川さんがマンカスなんですね!
色っぽいマンカスですか。。。すっごく見たくなってしまいました!

荒川さんは役によってガラっと雰囲気の変わる御方なので、見るまでは想像ができないような気がしてたのですが、なんとなく脳内にもやもやっと荒川マンカスが浮かんできました。

わたしもご縁をつかまえて会いにいけたらよいなって思います。

投稿: とーふ | 2007年10月28日 (日) 午前 10時54分

とーふさん、コメントありがとう。

マンカストラップというのは、その様子から受ける印象もあって、
「無彩色」なキャラクターに感じますし、
たとえ悪党(笑)と戦っているときでも、
そのファイティング・スピリッツは燃え上がるというより、
義侠心のような冷静さがあるように見えていたわけです、私には。

ですが、荒川さんのマンカスは、
まるで「夜会」をプロデュースするような華やかさを感じるんです。
金色のマイクを持って、大きなメガネとデカイ蝶ネクタイとかして、
七色のスポットライトを浴びながら、タガーのように、
「紳士淑女のみなさま、年に一度の今宵の舞踏会へようこそ」
と、にこやかに迎えているような気配があるのです。

来週以降も登場してくれるかどうか分かりませんが、
間違いなく「必見」の荒川マンカスであります。

投稿: みかん星人 | 2007年10月28日 (日) 午後 11時38分

うわ・・・猫行きたくなりました

ううん・・・日帰りで五反田ソワレは難しいのでWSS一本だったのですが・・・くう・・・・

みかん星人様の誘惑のお言葉は・・・もう・・・媚薬ですね(笑)

投稿: ハイタカ | 2007年10月29日 (月) 午後 03時33分

ハイタカさん、コメントありがとう。

ほー。。。媚薬ですかぁ。。。

いやいや、、、
荒川マンカスこそ、麝香の香りがする生きた媚薬でした。
・・・そういう意味では、かなりタガー寄りのマンカストラップですね。

うーん。。。。マンカス・タガーとでも言いましょうか、
あるいは、、、ラム・タム・トラップ?

投稿: みかん星人 | 2007年10月30日 (火) 午前 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/16893984

この記事へのトラックバック一覧です: 『キャッツ』:

« 『ヘアスプレー』 | トップページ | 『元禄演舞「忠臣蔵」』 by Yellow Label »