« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月27日 (土)

『元禄演舞「忠臣蔵」』 by Yellow Label

上野聖太くんもその一員である演劇ユニット『Yellow Label』が、
傑作『E.C.』に続く第二回公演として『忠臣蔵』を上演しました。

「忠臣蔵」といえば去年の今頃、歌舞伎の『元禄忠臣蔵』を通し観劇し、
改めて、面白さというか、深さというか、怖さを考えたりしました。
浅野家家臣による「吉良邸討ち入り」の完遂以来、
この事件は多くの人の喝采を受けて、今日まで語り継がれています。
が、「よく考えてみる」までもなく、これは、かなり乱暴で、怖い事件ですね。
ま、今風に言えば「テロ」というところ。。。

この『元禄演舞「忠臣蔵」』 は、まさにその「怖さ」に注目した脚本で、
卓越した冷静な視線といい、取りまとめた脚本の力といい、
創り上げられた面白さを的確に表現した演出・演技といい、
実に刮目すべき大満足の舞台でした!

続きを読む "『元禄演舞「忠臣蔵」』 by Yellow Label"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

『キャッツ』

「荒川 務さんが、マンカストラップになる」
という素晴らしい情報を得まして、
『アイーダ』千秋楽のチケットを取れた興奮をまといつつ、五反田へ。
台風の影響を受けた雨の中、12時50分に劇場に着くと、
まだ8枚の当日券がありました。。。2階のセンターですけれど(笑)
 (驚いた事に、このマチネでは、JGに学生の団体がいました!!!)

さて、五反田に初めて登場した「荒川マンカス」は、
なんと「阿久津タガー」を従えていましたが(笑)実に爽やかな人、、、いや、ネコ。
冒頭のヘッドライトに、ちゃんと微妙に遅れて反応する辺りから、もう、面白い。
最高に面白いのは、上手に立っての長い台詞。
「ナイフで切ってしまえそうな静寂」が、なんとなくカラフルに見える気がする、
ちょっと色っぽい、説得力がある、流暢な台詞まわしなのです。

ソロのダンスは流石の上手さ綺麗さでしたが、
メス猫のリフトは、ちよっと不安で、最初のカッサンドラは中途半端。
それでも「失敗」に見せない辺りが本当に綺麗。
そう、、、やっぱり体の動きが物凄く綺麗なんですねぇ。
ちょっとした手の動きも、指先まで、とっても綺麗に動くのです。
 (で、それが2階席2列目から解るのだから、すごい)

ただ、マキャヴィティを追いかける時には迫力が無いし、
「ヤクザなマンカス」もなんか妙に可愛い。。。
 (ここでの「尻込みする阿久津タガー」は必見です!)

ともかく、荒川さんがマンカスをできるというのを知らなかったので、
もの凄ーく楽しめた、得した気分の『キャッツ』でありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

『ヘアスプレー』

今年2月に『ドリーム・ガールズ』という素晴らしい映画を観ました。
早々にサントラ盤も手に入れて、DVDだって珍しく何度も観ました(笑)
で、悔しい思いをしたのです、、、「これは、舞台で観たかった!」と。。。

残念ながら、その轍を再び踏んでしまいました(爆)

この映画『ヘアスプレー』も、舞台で観たかった!
しかも、この夏に上演されていたのに、見逃してしまったのです。。。悔しい!

続きを読む "『ヘアスプレー』"

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007年10月21日 (日)

さよなら『レ・ミゼラブル』また会う日まで。。。

今年の暑かった夏を思い出す度に「レミゼ」に通った日々を思い出すのか?
「レミゼ」と聞くたびに、暑かった2007年の夏を思い出すのか。。。。

ともかく、今年の『レ・ミゼラブル』のチケットが、総て終わりました。

最後まで「物語には否定的」であった私でさえ、やがて10回の鑑賞。
キャストの違いが生み出す不思議なリアリティーを楽しめるまでになりました。
 (実は、このブログには、多くの記事が眠っていたりするのです・・・)

ともかく、あの人からの「今年最後のレミゼ・レポート」であります。。。

続きを読む "さよなら『レ・ミゼラブル』また会う日まで。。。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

『ウェストサイド物語』 @ 秋劇場

驚いた事に(笑)ブロードウェイ・オリジナル演出なのだそうだ。
なるほど、それを写した映画版とほとんど同じダンスが見られる。
人の頭の上を飛び越える印象的なあの場面も出てきてドキドキ。。。
音楽も生演奏で、衣装だってかなり近い雰囲気。

やっぱり好きだなぁ、、、この音楽、そしてダンス。。。涙が出るほど好き。

でも、やっぱり本当に大嫌いだ!、、、この物語!!

子どもの頃に、貴重な機会を得て、この映画版を観ました。
「ミュージカル」にハマり始めた頃で、物凄く期待して観たけれど、
素晴らしい音楽とダンスと歌の中で、人が殺されるのに唖然としたものです。
それ以来、音楽は何度も聴いてきたけれど、映画は観なかった(笑)
で、おやぢになった今なら理解できるかな?と、今年、
映画館にかかったこの映画を観に行った、、、けれど、やっぱり許せなかった。

たぶん、ミュージカル映画でなければ、普通に観られただろうと思うけど(笑)

で、、、ついでなので(爆)舞台も観てみる事にしたのですが、、、やはりダメ。
『体育館でのダンス』(マンボ!ってあれね)や『アメリカ』は、
TDSの(今はもう無い)『アンコール!』で聴いた時にもそうだったけれど、
意味も無く涙が出てくる程に素晴らしいし、
クインテッドの『トゥナイト』はまさにミュージカルの醍醐味。。。
 (デュオの『トゥナイト』も良いんだけれど、、、物語との絡みで×
あー、、、そっか、
この一幕最後の『トゥナイト』を聴いたら劇場出ちゃえば良いんだ(爆)

さて、、、
このみかん星人の「大嫌い」な理由の75%を背負っているトニー君ですが、
その憎たらしい役に、これまた阿久津君がドンピシャな感じで素敵(笑)
 (だから、余計に許しがたい。。。)
シャークとジェットの「男の子達」は、
特に松島君の雰囲気が「男の子度」をあげていてすっごく解りやすい。

そして、我が愛しの花代さんによる「マリア」は、
歌はともかく(さておき)、愛を知ってからの演技が素敵でした。。。
樋口さん演じるアニタとの微妙なバランス感覚も魅了されるものでした。

なんとなく劇団四季の「総力戦」を感じさせる『ウェストサイド物語』ですが、
「時々はハッピーエンド・バージョン」になってくれるなら、
それに出会うことを期待して観に行きたいですね(笑)

続きを読む "『ウェストサイド物語』 @ 秋劇場"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『鹿鳴館』 @ 自由劇場(参演初日)

最初から疑問で、、、前にも少し書いた気がしますけど、、、
「なぜ、いま、『鹿鳴館』なのだろう?」か?

書かれて50年?という事が、
これほど何度も、貴重な自由劇場の空間を支配する理由になるとは、思えない。
なにか、特別な「思い」が込められているのだろうか?
・・・と、今回もよこしまに眺めてきたけれど、解らずじまいでした。

尤も、時をおいて、そして忘れない頃に再演するという、
東宝のようなロングランというのも、私は有意義だと思うので、
もしも劇団四季が『鹿鳴館』に(リハビリも兼ねた)そんな意図を持っているなら、
大賛成なのだけれど。。。だったら『ハムレット』でも良いじゃないか(笑)

や、、、悪くないです、此度の『鹿鳴館』。
今まで首相だった山口嘉三氏が演じる「革命政治家・清原永之輔」は、
四季の発声法とは違うからか、劇場全体に鳴り響く美声で、
懐かしい恋、息子への愛を語る様子は、他の役者を押し退けるほどの存在感。
その様子も「久雄の父」に相応しく、面白いほどのはまり具合。
ただ、その朗々たる声質が、自由劇場の空間に合うのかどうか。。。

白眉は、久雄を探し、階段を駆け下り、銃声を耳にする朝子の様子。
PVでも観た気がするこの印象的な場面の「スリル」が、
前回よりも鋭くなっている気がしたところ。。。
野村さんの動線の美しさなんでしょうかね。
私は2階の最下手から見ていたので、そのせいかも知れませんが(笑)
この場面に続く、それまでの朝子とは違う様子が、実にまた美しかった。
 (既に私が「自業自得だ」と思いこんでいるからかもしれない・・・)

プログラムの表紙が変わっています。
中身も、当然、変わっていて、あの人やあの人の匂いが全く消されています、
が、この新しいプログラムの表紙は、面白くありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

『いのちの食べかた』 Our Daily Bread

ドイツ・オーストリア映画『Unser taglich Brot』を観てきました。

英語のタイトルが『Our Daily Bread』で、まあ「日々の糧」という感じ。
その邦題が『いのちの食べかた』で、これはニュアンスがかなり違いますし、
この映画が伝えようとしていることとも、微妙に、ズレている気がします。

スパーマーケットに行くと、実にたくさんの「食料品」が並んでますね。
例えば「タマネギ」は、火曜の野菜の日になると(笑)3個一袋で100円。
それが山と積まれていて、ドンドン売れてゆきます。
「この店で1日に売られるタマネギは、どれぐらいの面積で収穫されるのだろう?」
なんて、考えた事はありませんか?
スーパーは近所に4店舗もあって、、、ピーコック2店、サミット、ヨークマート(^^)
同じような価格で、競いながら、タマネギを売っています。
そして、日本全国では1日に何個売れるのでしょう、、、
工場で食品に加工されるものも含めると、、、
一日に、日本人は、どれほどの面積で作られたタマネギを消費しているのでしょう?

食べ物に関する、こういった疑問に、この映画は少しだけ、ヒントをくれます。
鶏肉、豚肉、牛肉、そして生鮮食料品がどうやって「生産」されるのかを、
ぜひこの映画で観て、そして考えるヒントとしてください。
ただし、PG-12指定を受ける程度に刺激的です。

実に素晴らしい、考えさせてもらえる映画です。

続きを読む "『いのちの食べかた』 Our Daily Bread"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

『アイーダ』 in 名古屋まつり

Img_1441

続きを読む "『アイーダ』 in 名古屋まつり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

沢木順 ソロ・ミュージカル『YAKUMO』 @ 早稲田大学大隈講堂

小泉八雲、こと、ラフカディオハーンの生涯をミュージカルプレイで表現した、
沢木順さんの意欲作『YAKUMO』をようやく観てきました。

しかも、小泉八雲と、そして沢木順さんとも所縁のある早稲田大学の、
新装なった大隈講堂での公演を観る機会に恵まれたのです。
舞台のクライマックスは、まさにこの早稲田大学での八雲の講義であり、
なんとも言えない充実感のある舞台でありました。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、そっと、、、

と、いうわけで、今井さんのアイーダを観に行ってしまいました。
帰りに新型の新幹線に乗れるというのも理由ですけれど。。。

Img_1398

とりあえず、福井狂(ばか)さんからのご報告・・・

今日のアイーダは、なんてったって福井くんのhelpがおいしかったです。
みのりちゃんの何かがくるって、
“いやしい身の上です。”が言えなくなって、真っ白になったとき、
福井くんが小声で“いやしい・・・”と、アイーダの台詞を教えてました。
その時だけラダメスではなく、福井晶一になってました。

・・・あ、好き!

その前のシーンで、アイーダを通せんぼした時、
二人の距離がいつもより近く(なんせ、私、定点観劇ですから)
それだけでもドキドキなのに、
それに加えて、いつもは、ぶらっと下におろしている右手を、
今日は腰にあてて、ちょっとワルぶった姿に、
“ひゃ~、かっこつけてる!たまりませ~ん!”とニヤけていたけど、
そのすぐあとのハプニング。

ますます福井晶一に惚れてしまった舞台でした。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、そっと、、、"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »