« 『ウィキッド』 @ 海 | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、そっと、、、 »

2007年9月30日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、すべて順調だな、有賀メレブよ!

「天下の晴れ女」こと福井狂(ばか)さん、
今日は珍しく雨の中の観劇となりました。

しかし、その甲斐はあった、という感じです。。。行きたかったなぁ。

今日は、みんなパワフルな感じでした。
ヌビアの民なんて、アイーダ振り回していたし、福井くんはマイクいらない。

アムネリスが「アイーダ、さがって」と言ってもろ肌を見せた時、
おもむろに顔をそむけた将軍様、カワイイ!
またひとつ、ラダメスに性格付けがされました。

本日は、「有賀くん、メレブお帰りなさい!」です。
芸が細かくて、
「本心で言ってるシーンだよ」
ここは本心じゃないよ」というのがハッキリわかり、おもしろかったです。
特に良かったのは、アイーダパパを逃がす桟橋のシーン。
駆けつけたラダメスに剣を突きつけるも、その剣が迷っているの。
メレブのラダメスに対する葛藤が伝わって、有賀くん深い!
お歌はまだ慣れていないところがあったけど、
有賀メレブの参加でカンパニーの雰囲気が変わりましたね。

アイーダもホント、楽しそう。
カテコで有賀くん、ガッツポーズしてハケていったけど、その気持ちわかる。
なんか、そんな気にさせる舞台でした。
今日は音響もとっても良くて、一音一音がちゃんと伝わってきました。
役者の息づかいも全部聴こえました。

本日もみのりアイーダ、はまりました。
審判が下ったあと、覚悟を決めた!といわんばかりに大きくため息をついて、
“ひとは~”と歌いだす。みのりちゃん、深い!

だから、みのりアイーダに注文。
アムネリスより先にラダメスと結ばれたということで、
以後のアムネリスとの場面では、負い目だけではなく、
女としての優越感が伝わってくるとイイナ。
(ウイキッドは、こういうところは良く描かれていると思います)
難しいけど、みのりちゃんなら出来る。

アイーダという物語は、どっちかというと、
「アムネリスが子どもから大人になるシーン」がはっきり描かれていて、
真の主人公はアムネリスだと思っているけど、
みのりアイーダになって、アイーダの成長も意識するようになりました。

。。。but、作品主義ではないですヨ。

本日も福井くんの歌声を堪能できて幸せでした!

以上、ハルツーム席よりお伝えしました。

|

« 『ウィキッド』 @ 海 | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、そっと、、、 »

コメント

初アイーダから一週間たち・・・
また観たくなってます(笑)

夢さめ終わったので有賀メレブみれるかな~とか期待したのですが、Nメレブさまでした。

福井さんステキでした。でも・・・塚下さんにどうしても眼がいってしまった私です。

アイーダ本当にはまりますね。

みのりちゃんが本当にかわいかったです。

投稿: ハイタカ | 2007年10月 3日 (水) 午後 04時58分

ハイタカさん、コメントありがとう。

『アイーダ』は本当に素晴らしいです!(笑)
何度も書いて言ってますが、
現在日本で見られるミュージカルプレイの中で最高傑作です。
どの人物にも感情移入でき、
それが圧倒的な歴史的時間を伴って力強く伝わってきます。
これこそまさに「人の心」を充分に描き出した物語であり、
それを見事に歌い上げる「人間賛歌」であると感じます。

私もいよいよ今井アイーダを観に行ってきます。
今度こそ、記事をモノにしたい物です(笑)

投稿: みかん星人 | 2007年10月 7日 (日) 午前 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/16624132

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の、福井晶一くん、、、すべて順調だな、有賀メレブよ!:

« 『ウィキッド』 @ 海 | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、そっと、、、 »