« 『クイーン』 | トップページ | 『パッチギ! LOVE&PEACE』 »

2007年5月25日 (金)

『正義のミカタ―I’m a loser』 by 本多孝好

400字詰めの原稿用紙で約775枚。(あの『百年の孤独』は約940枚)
その全編において、主人公は脱線することなく「物語」し続ける小説、、、
それが『正義のミカタ―I’m a loser』でした。

私は海外ミステリが好きで、「ハードボイルドだど」って感じの(笑)一人称小説をよく読みます。
それでも、この小説の主人公ほど物語に専念する「僕」に出会った事はない、
という気がしました。
一人称のこの小説は、「僕」が見聞きしたことだけに「まっしぐら」で、
目に映った、だけど物語とは無縁のもの、に関する余談めいた描写などほとんどないのです。
強いて上げれば、渋谷で待ち合わせた女の子に関する描写が出てきましたが、
この描写も、後になって物語、というか「僕」の意識に絡んでいて、余談ではないのです。
更にしかも、この本はミステリ仕立てだけれど、ミステリではなく、
丁寧に読み進めると、結末まで「あら!」と驚く事も無く、すんなりと終わってしまう。

もし、この小説が、
「正義とは何か」を読者に考えさせようと書かれたのなら、あまりにも安直です。
対象にしている読者層と私がずれている、という部分もありましょうが、
初老の私には、ここに書かれている「正義」は遥か昔の問題です。
私と10歳しか違わない著者にも、それは充分に解っているハズだしなぁ・・・と、
そう考えたままでこの物語を読んでしまうと、本当に「安直な小説」としか思えない。

しかし、この物語の強烈な面白さに、次第に解らされてくるのです。
「これは、物語を読む快感を得るために書かれている本なのだ」という事に。
そう、やはりこの小説は「純文学」なのですね。
つまりこの小説は「正義とは何か」を読者に問うという目的を持ったものではなく、
ただひたすら物語を堪能する「純文学」として存在していて、
そういう本としては「たいへんに面白い一冊である」と感じました。

この本は、たとえるなら、
「バッティングセンター」とか「ゴルフ練習場」で得られる快感に近いかもしれません(笑)
ゲームの一部として、勝利と云う目的のために、バットやクラブを握って打席に立つのではなく、
それが三遊間を抜こうと、ワンオンしていようと、バンカーに捕まっていようと関係なく、
ただひたすら、手に残るボールを打った感触と、その行方を見守る。。。。あの代え難い快感。

「読後感」や「メッセージ」なんて残らなくて良い。
ただ純粋に「物語」の面白さに導かれて、自分以外の意識が奏でた幻覚を楽しむ。
この『正義のミカタ―I’m a loser』は、そういう本でした。

そのうち、五月晴れの頃にでも、久しぶりにゴルフ練習場に行ってみようかな。。。
夢中でクラブを振って、ボールを飛ばすことを楽しむ、、、まっすぐ飛ばないんだけどね。


正義のミカタ―I’m a loser

  • 本多孝好
  • 双葉社
  • 1575円

Amazonで購入
書評

【書評リンク】
Gori -ふどうさんやのおやじ- by Goriさん
ひるね by ひるねさん
旦那@八丁堀 by 旦那@八丁堀さん
WESTさんに本を by west32さん
A's-note. by areleaseさん
ミラージュパレス by アンドーナツさん
甘い読書生活-ショコラカフェ by ショコラカフェさん
SAMURAI - BLOG ON BUSINESS by SAMURAIさん
お菓子を片手に、日向で読書♪ by マメリさん
ほんだらけ by uririnさん
愉快議 ~実践塾~ by pptさん

|

« 『クイーン』 | トップページ | 『パッチギ! LOVE&PEACE』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/15200354

この記事へのトラックバック一覧です: 『正義のミカタ―I’m a loser』 by 本多孝好:

» 『正義のミカタ〜I'm a loser〜』本多孝好 [ほんだらけ]
正義のミカタ―I’m a loser本多 孝好双葉社1575円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/国内純文学_uacct = UA-918914-3;urchinTracker(); ★★★★★ 正義に打ち勝てるのは、恐怖しかないのだろうか。正義をふりかざしてくる相手が怖くて怖くて、どうしようもなくなって反撃する、その自暴自棄ながむしゃらさしかないのだろうか。 見てろよ、と僕は思った。きっといつか、僕はそれを見つけてやる。きっといつか……。 希望に胸を... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 午前 01時04分

» B109 『正義のミカタ 〜I’maloser〜』 [A's - note.]
本多孝好双葉社価格未定円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/国内純文学_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 午前 07時21分

» 明日晴れるかな 歌詞 桑田佳祐 [歌詞 試聴の口コミ情報]
明日晴れるかな (歌詞)は発売週のオリコンシングルチャートでは、 前作『東京』から引き続き、4作連続通算5作目の1位を獲得。 5年ぶりのソロ活動となる桑田佳祐の最新シングルは、 壮大なスケール感あふれるバラードナンバーが素敵ですよね... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 午前 04時17分

» 「プロポーズ大作戦」オリジナル・サウンドトラック [山下智久+長澤まさみ=プロポーズ大作戦のあらすじ、視聴率、エキストラ]
ついに桑田佳祐「明日晴れるかな」がオリコン・チャート1位になりましたね。最近、FMラジオでもあのせつないイントロをよく聞くようになりました。このサントラには、「明日晴れるかな」のインストバージョンが収録されています。どの曲も、ドラマのシーンを...... [続きを読む]

受信: 2007年6月15日 (金) 午後 08時26分

« 『クイーン』 | トップページ | 『パッチギ! LOVE&PEACE』 »