« 大きなガラモン、小さなピグモン | トップページ | 『ほしいあいたいすきいれて』 by 南 綾子 »

2007年4月14日 (土)

『陽月人形展』 @ ArchitectS Office gallery そして・・・

「ねえ、おぢさま、なにか面白いお話を聞かせて!」

と、いってくれそうな女の子を探して、
碧さん」にご紹介いただいた人形達に逢いに行ってきました。

これは、かなり倒錯した世界を感じるお人形達でした。
ちょっと階段が急で、床が煩い場所でしたが、
何度もいったり来たりしながら、いちばん気に入ったのは「朔」さんかな。。。
もしくは「紅赭」も印象に残る女の子でしたね。

ただ、この娘たちは、本気でヤバくて。。。
「面白いお話」どころか、余計な事までいろいろと喋ってしまいそう。
そして彼女の視線だけで、いろいろと貢いでしまいそうです(爆)

さて、、、さすがは「人形町」。
ここには、辻村ジュサブローさんの美術館、『ジュサブロー館』があるのです。
入館料は千円と、ちょっと高い気もしますが、
中に入ると、なんとご本人がいらっしゃるのです(笑)
(いつもそうなのかは知りませんが)奥にしつらえられているステージで、
ジュサブローさん本人が、音楽に合わせて人形を動かし、
そして、いろいろと面白いお話をなさってくれました。

驚いたのは、それまで飾られていただけの人形が、
ジュサブローさんに取り上げられると、本当に生きているように動き出すのです。
「人間のフリをしているのに、中身は無い人形」なのですが、
氏の手に掛かって動き出した瞬間、
その人形に「わたし」という意識が吸い取られたようになり、
人形の総ての動きや仕草に、人形の「意識、意図、思い」を感じるのです。

これは、かなりドキドキする体験。。。千円は安すぎました(笑)

2階には、なつかしい『新八犬伝』の人形なども並んでいます。
懐かしく、美しく、心地よい、素敵な美術館でした。

帰り際、そんな素敵な美術館の前で、写真を撮ろうとしていたら。。。。

なんと、奥からジュサブローさんが出ていらして、
タガーくんを抱いて写真に納まってくださいました(*^^) Jusaburo_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人形に命を吹き込むジュサブローさんに抱かれたタガーくん。。。
今後、どーなっちゃうんでしょう(笑)

|

« 大きなガラモン、小さなピグモン | トップページ | 『ほしいあいたいすきいれて』 by 南 綾子 »

コメント

おお! 本当に行っていただけるとは!!
ご紹介した甲斐がありました。有り難う御座います。
人形好きになら尚のこと、そうでない人にも陽月さんの人形はヤヴァイですよね。
正直、彼女連れで見に行くのはお勧めできませんw

ジュサブローさんの展示も拝見したかったですー。
さすが人形町。ビジネス街かと思ってましたが、奥が深いですね。

投稿: | 2007年4月15日 (日) 午前 11時26分

碧さん、コメントありがとう。

もちろん、可能な限り「お薦め」は逃しません(笑)
いま興味を持っている事柄の多く、およそ七割が、
こうして紹介して頂いたものだと思います。
(私も、多くの事をお薦めしますので、
 その「薦める時」の思いの強さを知っているから、なのでしょう)

陽月さんの娘さんたちは、自分の物として入手も可能なようですね。
あの「あやうさ」や「妖しさ」が家にあったら、、、引き篭っちゃうかも。。。

不思議な世界をご紹介いただいて、本当にありがとうございました。

投稿: みかん星人 | 2007年4月16日 (月) 午後 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/14681910

この記事へのトラックバック一覧です: 『陽月人形展』 @ ArchitectS Office gallery そして・・・:

« 大きなガラモン、小さなピグモン | トップページ | 『ほしいあいたいすきいれて』 by 南 綾子 »