« 『エビータ』 @ 新名古屋ミュージカル劇場 | トップページ | 『幸せのちから』 »

2007年2月 4日 (日)

『クレイジー・フォー・ユー』 @ 京都劇場

最初は『エビータ』観たさでした。
で、「大人のソワレ企画」なんてのをきっかけに、
それと4日までの「『アイーダ』ワールド」と「いば昇」を絡めた小旅行企画。。。
と、そこへ、CFYに武藤さんがご登場と聞きつけたので、
「じゃあ、日曜日に京都へ足を伸ばすか、、、短い足だけれど」
と、まあ、そんな按配ですすめていたお話。

が、開けてビックリ玉手箱!(古い)
少し前に「登場しますよ」と耳打ちされてはいましたが、
なんと、、、、田邊ボビーのデビュー週末に当たってしまったのです。
さ・ら・に、、、いとしの花代さんがポリーとしてのご登場。
これは完璧なるサプライズ・・・まるで偉大なマジックのような週末観劇となりました。

みかん星人は、加藤ボビーと樋口ポリーしか知りませんし、
そもそも『クレイジー・フォー・ユー(CFY)』は2度しか観ていませんので<たぶん
そんなにハッキリとした差異を感じたわけでは無いのですが。。。

とりあえず、言えるのは、
田邊ボビーは、ダンスが「(ジーン)ケリー的」だという事。
加藤ボビーは「アステア的」で、軸がぶれず、
止まったようでも止まらずに流れ続ける」スタイルに見え、
それは例えば、
『コンタクト』で黄色いドレスの女をターンさせるときの姿勢にも現れて、
要するに「成熟したダンス」の匂いがします。
一方、田邊くんのステップは、とにかく勢いがあって、
止まらなそうな勢いなのにキチッと止まる」心地好さ。
それはつまり「若さ」を感じると同時に、
この恋、このリズム、他には要らない!
という夢中になっていると歌う、舞台の空気に似合います。

ですから、ボビーを見ていると、
加藤ボビーは「いろいろ経験し、この恋にたどり着いた」ボビー。
田邊ボビーは「ようやく初めて、本当の恋に出会った」ボビー。
そういうニュアンスを感じさせてくれます。

もちろん、田邊くんに「遜色」はなく、
むしろその夢中さ加減や、情熱は、痛々しいほど。
唯一、ザングラーに化けるという事に無理を感じることかな。。。
 (特に今日のザングラーは、なんと吉谷さんなので、一層。。。)

さてさて、、、もう一人の主役。。。ポリーですが、、、
最初に書いておきますが、みかん星人は、花代さんが好きです(爆)
で、そんなみかん星人が見た花代ポリーは、、、ただひたすら可愛い(*^^)
あの髪の色も似合うし、ザングラーにキスする場面も悔しいほど綺麗。
 (いや、彼女の綺麗さを悔しがってるのでは無いですよ(^o^)
  ザングラーになりたいという、ただそれだけの、些細な事です)

花代さんの歌声は「艶っぽい」というニュアンス。
『サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー』ではそれが最高潮で、
滑らかな手触りの空気が劇場に満ちてゆきます。
でも、樋口さんの声には「華」というか「煌めき」があって、
それは『アイ・ガット・リズム』などでは宝石をばら撒くよう。
で、、、西部の女の子という雰囲気は、
どちらかというと樋口さんの方が「おきゃん」で似合っているかもしれません。

ただ、これは、組み合わせの妙もある気がします。
百戦錬磨の加藤ボビーには、気の強い樋口ポリー。
無我夢中の田邊ボビーには、しなやかな花代ポリー。
「どうして主役を二人(ほぼ)同時に替えたのか?」
という疑問にも、これなら明確に応えられるきがするわけです。

さてさて、、、最初のお目当てだった武藤さん。
ワイアットって、いつも腰にみかん色?の布をぶら下げてるのですね。
そんな事も初めて知ることとなったわけですが。。。
さすがに要所要所ででてくる台詞が上手いなぁ。
それと『アイ・ガット・リズム』でのバク転、、、すてき(笑)
ちょっとインテリの匂いがする愉快なワイアットでした。

それにしても、楽しい舞台!
「ミュージカル・プレイ」の面白さ満載ですね。
これを見て「ダメ」って人は、ミュージカルを観なくて良いです(笑)

|

« 『エビータ』 @ 新名古屋ミュージカル劇場 | トップページ | 『幸せのちから』 »

コメント

素敵な週末でしたね!!
花代ポリーに息子がキャーキャーうるさい(笑)
異国キャストよりは大人しく聞いてはおりますが。。(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
今日はブラコメ見て・・笑った、笑った!少し刺激的なとこもあったけど。。(^^;;

投稿: taka | 2007年2月 4日 (日) 午後 11時58分

takaさん、コメントありがとう。

実は、心の中で、
「へへへ、takaさんのご子息に勝った」と(笑)
本気でライバル心満足させてました。

カーテンコールでは、
加藤さんと違ってキスをしない田邊ボビーなので、
私はとても満足して劇場から出てきましたよ(^o^)

ブラコメかぁ。。。あれ、大きな劇場だと、どんななんだろ。。。

投稿: みかん星人 | 2007年2月 5日 (月) 午前 12時16分

羨ましいです、新ボビー×新ポリーの観劇。
自他共に「救急車」的にキャスティングされる
花代さんですけど、今回は新役ということで、
しばらく逗留されるんでしょうかねぇ。
私はどちらかというと、武藤ワイアットの方が
気にはなってるんですが(笑)。
春までいて欲しいと願うばかりです・・・。

投稿: えみーご | 2007年2月 5日 (月) 午前 12時29分

みかん星人 さま

ほんとに羨ましい毎日をお過ごしですね。
1月に初めてCFYを見て依頼、すっかりこのミュージカルに
魅了されているぴんくぶたで御座います。
こんなに楽しい舞台は有りませんでした。
荒川さんもアステアみたい!とか思ったんですが
加藤さんのボビーもみたいですね。
それ以上にジーンっぽい田邊くんを見たい!!
はちきれそうで楽しそう。彼は何でもできるんですね。

投稿: ぴんくぶた | 2007年2月 5日 (月) 午前 08時42分

・・・・・ああ・・・・(TT)

京都が私を呼んでいる?(笑)

CFYは大好きなんですが・・・大好きなんですが・・・
本当に・・・中山ピート武藤ワイアット道口サム田邉ボビー・・・うううううう

うわ~~~~~~んなんでこのメンバーで仙台CFYじゃなかったの~~~~~(TT)東京でもいい・・・東京でも・・・

投稿: ハイタカ | 2007年2月 5日 (月) 午前 08時53分

みかん星人さんのレポを読んでいて、少し安心しました。
私、田邊さんが苦手なので・・・
タップは?ケリー風なんですね。

花代さんは、私も大好きな一人です。

投稿: たけさん | 2007年2月 5日 (月) 午後 07時45分

>みかん星人さま
きゃー,田邊さんがボビー。こらーみのがせしまへん。
アセアセ。

投稿: とみ | 2007年2月 5日 (月) 午後 07時52分

早速のこのコンビを観られたなんて羨ましい。いや、正直言いますと、花代ポリーを観たんて羨ましいです。そう、私も花代ちゃん大好きであります。確かに麻美ちゃんの方がポリーらしさは強そうですが。でもでもきっと花代ちゃんのポリーは素晴らしいはず。今週末関西遠征ですの行ってきます。私にとってはマンマ以上にCFYの方がメインです♪

投稿: たらこ | 2007年2月 5日 (月) 午後 08時41分

えみーごさん、コメントありがとう。

良く考えると、、というか、キャスト表を貰ってみると、
『CFY』ってみんなに役名があるんですよねぇ。。。
公式ページのキャスト表、全員公表してくれれば良いのになぁ。

いや、つまり「アンサンブル」ではあるけれど、
ちゃんと「性格づけ」がされているのが、『CFY』の凄いところで、
その中でワイアットって役が、
どこか『ACL』のグレッグに似ている気がしました。
まあストレートな嗜好だとは思いますが(笑)
「人の目に映る自分」を意識している雰囲気がね。。。

ともかく、手足の長い彼は、本当に流麗でした。

投稿: みかん星人 | 2007年2月 6日 (火) 午後 09時39分

ぴんくぶたさん、コメントありがとう。

間違いなく「楽しい」という意味で、最高の演目ですね。
本文にも書きましたけれど、
CFYを観て楽しめないなら、
舞台芸術、とりわけミュージカルを観るのは、時間の無駄でしょうね(笑)

》ジーンっぽい田邊くん
ぜひ、ぴんくぶたさんの目で、確かめてきてください(*^^)

投稿: みかん星人 | 2007年2月 6日 (火) 午後 09時45分

ハイタカさん、、、、

》京都が私を呼んでいる?(笑)


ええ。そうです。

投稿: みかん星人 | 2007年2月 6日 (火) 午後 09時46分

たけさん、コメントありがとう。

》私、田邊さんが苦手なので・・・
そういうの、分かります。
http://takesanm.exblog.jp/4518029/
私も、今のマンマに興味を感じないのは、似たような理由です(笑)
 (荒川さんだったらなぁ。。。(爆))


》タップは?ケリー風なんですね。
タップというよりも、ペア・ダンスで顕著ですね。
加藤さんのダンスは、
「相手をエスコートし、輝かせる」姿勢で、
例えば『バンド・ワゴン』のアステア的ですね。

でも、田邊君は「二人で楽しむ、魅せる」スタイルで、
まさにガーシュウィンの『パリのアメリカ人』の幻想場面でのケリー的に感じました。

もっと具体的に言うと。。。
加藤さんのダンスの回転軸はどちらか一方の体にあって、
田邊くんのダンスの回転軸は二人の間にある、という違いですね。

タップでは、流麗な加藤ボビー。豪奢な田邊ボビーですかね。

こういう書き込みこそ、まさに「幻覚」だとは思いますけど(笑)

投稿: みかん星人 | 2007年2月 6日 (火) 午後 09時57分

とみさん、、、、レポ、お待ちしています(*^^)

投稿: みかん星人 | 2007年2月 6日 (火) 午後 09時58分

たらこさん、コメントありがとうございます。

私の場合は、
花代さんですと掛け値3倍になりますので、、、(笑)
 (レベッカ様ですと5倍です)

それにしても、今年は幸運が続きます。
「ブログ記者」といい、CFYといい、、、

そんなこんなで、これからもよろしくであります。。。ペコポン

投稿: みかん星人 | 2007年2月 6日 (火) 午後 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/13790149

この記事へのトラックバック一覧です: 『クレイジー・フォー・ユー』 @ 京都劇場:

» ミュージカル:クレイジー・フォー・ユー [よしなしごと]
 今年3回目のミュージカルは劇団四季のミュージカルクレイジー・フォー・ユーを見てきました。  記事にするのがだいぶ遅くなってしまったので、東京公演は千秋楽を迎えてしまいました。。。(汗)... [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 午後 03時34分

« 『エビータ』 @ 新名古屋ミュージカル劇場 | トップページ | 『幸せのちから』 »