« 『プラダを着た悪魔』 | トップページ | 2006年に観た舞台 »

2006年12月31日 (日)

2006年に観た映画

今年も、振り返ってみましょう。

観た映画は、観た順番に以下の43本でした。。。舞台より少ない(笑)

the有頂天ホテル
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
フライトプラン
レジェンド・オブ・ゾロ
ミュンヘン
ウォーク・ザ・ライン
ナルニア国物語
寝ずの番
ウォレスとグルミット
リバティーン
プロデューサーズ
ナイロビの蜂
迷い婚
ドレミファ娘の血は騒ぐ
勝手にしやがれ!!強奪計画
ジャンヌダルク裁判
ステイ
RENT
不撓不屈
カーズ
ジャスミンの花開く
パイレーツ・オブ・カリビアン
王と鳥
拳銃は俺のパスポート
スーパーマン リターンズ
ユナイテッド93
ゲド戦記
イルマーレ
ザ・センチネル 陰謀の星条旗
X-MEN ファイナル ディシジョン
愛さずにいられない
ワールド・トレード・センター
カポティー
16ブロック
地下鉄(メトロ)に乗って
父親たちの星条旗
手紙
007 カジノ・ロワイヤル
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
めぐみ
硫黄島からの手紙
残菊物語
武士の一分
デート・ウイズ・ドリュー
プラダを着た悪魔

さて恒例のベスト10・・・

第10位 『007 カジノ・ロワイヤル』
      007シリーズに、違う側面を加えた1本。
      大変にロマンチックで、独立した映画としても楽しめるのがすばらしい。

第9位 『デート・ウイズ・ドリュー』
      低予算ということも面白いけれど、
      この映画には「憧れ」が持つワクワクが目一杯詰まっています。

第8位 『スーパーマン リターンズ』
      アメコミが持っている素敵な「荒唐無稽」をまじめに作る美しさ。
      クリストファーリーヴ氏へのリスペクトも麗しい佳作。次が楽しみ。

第7位 『プロデューサーズ』
      やはりブロードウェイのオリジナル・キャストってすごい!
      そして、舞台を熟知しているストローマン監督の手腕も見事。

第6位 『寝ずの番』
      何をもって「大人の映画」と言うのかは難しいけれど、
      この映画が問う「どう死ぬか」というメッセージは、大人の命題。

次点  『王と鳥』
      思わぬことで「原点」を見せていただきました。

第5位 『ウォーク・ザ・ライン』
      『Ray』もそうだけど、音楽が生まれる由来が見える映画は楽しい。
      なりきり具合もすばらしく、とても愛しい作品。

第4位 『カーズ』
      とても良くできた脚本で、それだけでも面白いのだけれど、
      作り手の愛情を随所に感じ、
      それが映画のメッセージと重なる部分が実に上手い。

第3位 『カポティー』
      いつまでも心に残る映画だが、あまり残っていてほしくない物語(笑)
      「映画」という芸術がもっている「感覚の疑似体験」を思い知らされる。

第2位 『RENT』
      最初に観た時は「舞台の期待」があり正確に評価できなかったが、
      舞台も観て、音楽の構造に親しむほどに凄さに圧倒される。
      これもブロードウェイのオリジナル・キャストの素晴らしさを思い知る。

第1位 『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』
     これは別々には考えられないし、二つでひとつのメッセージだと思う。
     「どっからみても戦争はばかばかしい」
     という当たり前の事を描いた記念碑的な作品でしょう。

|

« 『プラダを着た悪魔』 | トップページ | 2006年に観た舞台 »

コメント

「做頭」が、抜けてます?

投稿: らいち | 2007年1月 5日 (金) 午前 03時09分

をををっ、、、、忘れていました。
いつもは、家計簿を見て鑑賞記録を書き出すのですが、
昨年はそのシステムが途中でダウンしたりと。。。大変でしたので、
ついつい確認しそびれました。。。

あと『不撓不屈』も洩らしてましたねぇ。。。
親父と観に行った映画ですが、胃の痛くなる映画でしたっけ。

・・・忘れている映画って、要するに記憶に無いって事なのね(笑)

投稿: みかん星人 | 2007年1月 5日 (金) 午後 02時45分

遅れましてコメントしまっす!
やはり1位はイーストウッド…10位が意外でした。これ評価高いですよねぇ

投稿: カトキチ | 2007年1月 6日 (土) 午前 12時01分

>カトキチさん

10位のスパイ映画は、賭博シーンに興味を持てたら最高の映画です。
(あの辺りは編集がいまひとつで、整理されて無い)

1位は、正直言ったら『カーズ』かも新米。
『カーズ』が90分映画だったら、文句なしなんだけどね。
イーストウッドは、上手い事やりましたね。
2本撮る事で、1本目の負担を軽くしたわけです。
こんな贅沢を許してもらえるなら、「私もやりたい」って監督多いだろうなぁ。

投稿: みかん星人 | 2007年1月 6日 (土) 午前 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/13277005

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年に観た映画:

» ジャンヌダルク攻略 [ジャンヌダルク攻略]
ジャンヌダルクを攻略した感想やちょっとした情報を提供するサイトです。 [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 午前 11時54分

« 『プラダを着た悪魔』 | トップページ | 2006年に観た舞台 »